Stellar(ステラ)とは何か?特徴と仕組みについて調査を行なった最新情報について記載する。

今後の相場予想と将来性についてまとめた。

Stellarとは

ポイント
  • Stellarはステラと読む。
  • マウンドゴックスの創始者が設立。
  • リップルのアルゴリズムを元に開発された。
  • IBMがストロングホールドUSDにステラの技術を採用。

Stellarの概要

Stellarはステラと呼ぶ。2014年7月31日に公開されたクリプトカレンシーである。

通貨名 Stellar
通貨コード XLM
コンセンサスメカニズム Stellar Consensus Protocol
公開日時 2014/7/31
時価総額 CoinMarketCap参照
現在価格 CoinMarketCap参照
発行量の上限 1,000億XLM + 1%/年
公式サイト stellar.org
購入可能な所 Binance

ジェド・マケーレブ氏らが開発

ジェド・マケーレブ氏はマウンドゴックス(Mt.Gox)の創始者である。

2014年当時はマウンドゴックスは世界トップクラスの取引所であった。ただ多くの人は知っている通りジェド・マケーレブ氏はマウントゴックスが問題を起こした際にStellar事業を売却し離れている。

STRからXLMに

ステラは誕生当初は「STR」を通貨コードしていたが、2015年にXLM(ルーメン)へ変更している。

リップルを元に作られた

ステラはリップルを元に開発された為、基本的な仕組みとしては似ている。

リップルと同様に多くのフィアットやクリプトと換金できる為、トランザクション速度が早く、かつ安全に送金する事を可能にしている。

リップルとステラの違いは下記で説明するが、リップルは中央主権型であるのに対してステラは分散型プラットフォームである。

IBMがStellarの技術を採用

アメリカの大手IT企業であるIBMがステラのブロックチェーン技術を使用して新しいペッグ通貨「ストロングホールドUSD」の実用化に向けたテストを現在行なっている。

ペッグ通貨とはUSDTのような価格変動の無い安定性のある通貨の事を意味している。

ステラは送金速度が早く、決済能力に長けていることから、今後フィアットと互換性をもつペッグ通貨としての重要な役割になってくる可能性がある。

Stellarの仕組み

送金&換金を可能にする

通常クリプトカレンシーの送金などをする際にはその通貨で送金を行う。例えばビットコインを送金した場合には、相手にはビットコインが届く。

ステラの仕組みは換金を行い送金するという仕組みにある。

例えば海外に送金する際には日本円を送金し、自動で米ドルに換金されるという仕組みである。通常、銀行で日本円を送金した場合には銀行から中央銀行を介して海外の銀行へ送金される。これには手数料が数千円掛かり、時間も掛かるという。それに対してステラでは数秒、手数料は1円以下である。

ステラではこのようにフィアットを送金する際に、自動で換金されるという特徴を持っている。

Stellarの特徴

ポイント
  • リップルとの大きな違いは4つある。
  • ターゲットが一般人向け。
  • 通貨の発行が毎年1%ずつ増加。企業の保有は5%だけ。
  • 中国人の参入を規制している。
  • リップルとは別の独自プロトコルを採用。

ターゲットが一般人向け

リップルとの違いの一つとして「対象としているユーザーが一般向け」がある。

リップル社は多くの大手企業などと共同開発を行なったり、提携するという話を良く聞く。

一方でステラはあくまでも個人間の使用を想定して開発されたものである。具体的には海外の家族や友人、あるいは海外ショッピングサイトなどでの買い物に活用できる様な仕組みになっている。

個人向けに少額であることからリップルに比べて送金速度が早いと言われている。ただしどちらもトランザクションスピードが究極に早く、優位性は無いように感じる。

通貨の発行数と流通数

リップルは発行上限である1,000億XRPをすでに全量発行済みである。

同様にステラも1,000億XRPをすでに発行済みである、ただしステラの場合には毎年1%ずつ発行料を増やすようになっている。

これはステラを市場に一定量を流通させることにより価格の急な高騰を抑制する事を狙いとしている。

またリップル社は1,000億XRPのうちの60%以上を保有しているのに対して、ステラはたった5%しか保有していない。

これによりステラの一方的な不正、つまりは価格操作などのリスクや疑いを無くすことを狙いとしている。

中国を規制

ステラは中国のユーザーを規制している。クリプトカレンシーが規制をするというのは珍しい話である。

ステラは価格の安定性にこだわっており、中国人による爆買いを懸念して規制をかけている。

中国人を規制することにより、リップルに対して安定性があるとは断言はできないが、価格の安定性を保つ手段としては有効なのかもしれない。

プロトコル「SCP」を採用

ステラにはオリジナルのSCP(Stellar Consensus Protocol)というプロトコルを採用している。

開発初期の段階ではリップルの技術をベースとしていたこともあり、基本的なシステム構築は同じようなものであった。

しかし現在はリップルの「XRP Ledger consensus」が持っている課題を解決するために独自のプロトコルへと移行している。「XRP Ledger consensus」ではブロックが承認され分散型台帳にレコードされる際に分岐してしまう可能性があるという致命的と言える問題を抱えている。

SCPは「XRP Ledger consensus」の改良版である事は間違いない、ではリップルその問題が解決されないから劣っているかというとそれは違う。リップルにはリップルの思惑があるからである。

Stellarの将来性と今後の予想

ポイント
  • IBMとの提携しているプロジェクト成功すれば、大きく躍進する可能性がある。

IBMとのプロジェクトの成功がキー

ステラは上記でも記載した通り、IBMと業務提携している。これによりステラの信頼性・知名度がアップしていく可能性がある。

さらには「ストロングホールドUSD」のプロジェクトが成功した際には大きく企業としての価値をあげることになると推測される。

取引所の取り扱いが増加

XLMの取引ができる取引所の数は現在44つである。

現在の取引所の数は218あることからまだまだ取引がされていない取引所の方が多いと言える。

今後XLMの実績が出来るにつれて扱う取引所の数は今後どんどん増えていく事が期待できる。

Stellarの購入方法

ポイント
  • 日本国内で日本円でBTCかETHを購入する。
  • BinanceでBTCかETHでXLMを購入する。

ステラの購入方法は大きく2ステップにより購入できる。

  1. bitFlyerなどの国内にある取引所でビットコインやイーサリアムを購入する。
  2. Binanceなどの海外の取引所でビットコインやイーサリアムからステラを購入する。

なぜこのようなステップを踏むかというと理由は2つある。

  1. 残念ながらステラは国内の取引所では購入する事ができない。
  2. また海外の取引所では基本的には日本円を入金する事ができない。

という事から上記のようにしてステラを購入するのが一般的である。

bitFlyerは日本国内では最大手の取引所であり、取引高も日本国内では一番多い。

さらにBINANCEは世界一の取引所である。バイナンスを使用する意味としては「手数料が低い」「安全面が高い」の2つである。世界一の取引所であるには選ばれる理由が当然あるわけである。

相場の状況

ステラの相場状況として取り扱っている取引所を調査した。現在は以下の44の取引所にてステラの通貨ペアを扱っている。

これは主には「XLM/USD」「XLM/BTC」「XLM/ETH」「XLM/USDT」などである。

大手の取引所である「Binance(バイナンス)」「OKEx(オーケイーエックス)」「Kucoin」「Huobi(フォビ)」ではもちろん取り扱いをしている。

  • ABCC
  • Altcoin Trader
  • BCEX
  • Binance
  • Bitbns
  • BITBOX
  • Bitfinex
  • BitMart
  • Bittrex
  • C2CX
  • CEX.IO
  • CoinEgg
  • Coinsuper
  • CoinZest
  • Cryptology
  • CryptoMarket
  • Cryptomate
  • Exmo
  • Exrates
  • Fatbtc
  • Gate.io
  • GOPAX
  • HitBTC
  • Huobi
  • Indodax
  • Koineks
  • Koinex
  • Kraken
  • Kryptono
  • Kucoin
  • Kuna
  • Liquid
  • OKEx
  • OTCBTC
  • Ovis
  • Poloniex
  • RippleFox
  • Sistemkoin
  • Stellar Decentralized Exchange
  • Stellarport
  • Stronghold
  • Upbit
  • Vebitcoin
  • ZB.COM

最後に

CryptoCurrency.newsではオフィシャルな基本的にはオフィシャルな情報のみを扱っている。

ただしこの記事においては所謂「個人ブログ」「個人サイト」などで調査した情報が含まれている。その為、誤まった情報などが含まれている可能性がある事をご理解いただきたく思う。