SKYFchain(スキフチェーン)のICOについて調べました。

AMAZONなどでもドローンを使用することを検討しており、今後市場は拡大していくと予想されます。

またSKYFchainは大手企業をクライントに持っており、飛行テストを成功している段階まで進んでいます。

ICOBenchでも評価点が5.0点になっており、期待できる案件です。

SKYFのサイトはこちら

SKYFとは

SKYFのサイトはこちら

・企業名:SKYFChain.io
・国:エストニア
・世界初の重貨物向け産業用ドローン
・オペレーティングプラットフォーム
・物流・農業・救助などで使用
・世界中に展開を目指す

エストニアにあるSKYFchain.ioという企業によって世界初の重貨物向けの産業用ドローンのオペーレーションプラットフォームを開発します。

SKYFのドローンでは通常のものに比べて長時間、思い荷物を運ぶことができるのが特徴です。

SKYFChainのドローンの使い道としては物流の分野だけでは無く、農業やレスキューでも使用されます。

(1) 船から荷物を運び出す (2) 人がいけない地域に荷物を運ぶ (3) 農薬などを撒く (4) レスキューとして使う

SKYFchainはインフラ市場で$450億、物流で$130億、農業で$320億の市場をターゲットにします。

ドローンの市場

SKYFのサイトはこちら

ドローンはご存知ここ数年で急に数を増えており、現在では撮影用などのドローンがメインになっていますが、今後産業用に特化したドローンが多く誕生しドローンの市場は今まで以上に拡大すると予測されます。

こちらは2016年にAMAZONが公開した動画になります。AMAZONはドローンによる配達を開発&検討しています。このようにドローンを使用した配達が今後行われる事になるかと思います。

従来のドローンの問題点

SKYFのサイトはこちら

・従来は軽い荷物しか運べない
・SKYFは重い荷物を長時間運べる

従来のドローンでは5kgの物を25分間の飛行時間で5kmしか運べません。一方でヘリコプターでは900kgの物を7.5時間の飛行時間で600kmまで飛行できますが人件費、運搬費コストが掛かってしまいます。

SKYFchainのドローンは400kgの重量まで対応し、飛行時間が8時間、350kmの範囲まで飛行できる能力を持っており、飛行テストにも成功しています。

 

SKYFchainの目指す所

SKYFのサイトはこちら

SKYFchainはロジスティックや農業の分野などで掛かっているコスト改善として労務費用を削減することを主目的としています。

具体的にはブロックチェーンの技術を持ちいて「SKYFドローンの製造」「貨物用ドローンの操作&管理」が可能なプラットフォームを構築します。

SECの認可を取得

SKYFのサイトはこちら

・SECはアメリカ証券取引委員会
・既にSECの認可を取得

SKYFChainはICO開始前にアメリカ証券取引委員会(SEC)の認可を受けています。SECの審査を通すことが出来る案件であり、信頼性があります。

アメリカ証券取引委員会(アメリカしょうけんとりひきいいんかい、英語: U.S. Securities and Exchange Commission、略称: SEC)は、アメリカ合衆国における株式や公社債などの証券取引を監督・監視する連邦政府の機関である。

ICOBenchの評価

SKYFのサイトはこちら

・評価人数:11人
・評価点:5.0/5.0点

SKYFChainの評価は満点の5.0点になっています。
5.0点のICO案件はSKYFChainだけです。

クライアント企業

SKYFのサイトはこちら

・クライアントは大手企業
・Syngentaは農薬で世界トップ
・PONY EXPRESSはISO取得
・PRODIMEXは砂糖製造トップ企業

SKYFchainのクライアントはヨーロッパの大手企業が並んでいます。

中でもPony Express、Russian Porst、Slavneftとはプロジェクトを開始しています。

Syngenta

・国:スイス
・事業:農薬や種苗
・従業員数:27,000人
・NY証券取引所に上場企業
・サイト:syngenta.com

Syngentaは農薬の分野では最大手の企業になります。またNY証券取引所に上場しています。

SyngentaがSKYFChainのドローンを使用し、自動で農薬を撒くという事が実現します。

シンジェンタ(Syngenta AG)は、スイスに本拠地を置く多国籍企業。農薬や種子を主力商品とするアグリビジネスを展開している。農薬業界で世界最大手。種苗業界では、モンサント、デュポンに次ぐ世界第3位。2012年度の売上は約142.02億ドルであり、世界90ヵ国以上に27000人を越える従業員を抱えている。スイス証券取引所とニューヨーク証券取引所に上場している。

PONY EXPRESS

・国:ロシア
・事業:ロジスティック
・ISO9001取得
・サイト:ponyexpress.ru

証券取引所に上場はしてませんが、ISO9001を取得している信頼ある企業です。

カザフスタン、ウクライナ、アメリカなどなど8カ国に60のセンターと128のオフィスを持っている大手運送会社です。

PRODIMEX

・国:ロシア
・利益:$10億/年
・事業:砂糖製造
・従業員数:1.5万人
・サイト:prodimex.ru

ロシア最大の砂糖を製造する企業になります。1年間での利益は$10億もある大手企業です。またロシアの大手銀行の一つを所有しています。

Russian Post

・国:ロシア
・事業:郵便
・従業員数:39万人
・郵便局:4万
・サイト:pochta.ru

Russian Porst(ロシア郵便)は公共事業体です、つまり日本の様に国から融資を受けたりして運営されている郵便局です。

ロシア郵便とは、ロシアで郵便事業を行う公共事業体である。約39万人の職員が雇用されており、約4万の郵便局がある。

NGK slavneft

・国:ロシア
・事業:油田の採掘
・利益:$22.1億/年
・サイト:slavneft.ru

1年間の利益が$22.1億ドル規模の油田の採掘を行っている企業になります。現在SKYFchainのドローンの飛行テストの準備をしています。

avgust

・国:ロシア
・事業:農業
・利益:$22.1億/年
・サイト:avgust.com

ロシアで最大手の作物を保護するための薬品、つまり農薬を製造している企業です。ロシアやブラジル、中国など世界中で使用されています。様々な薬品の製造に対応できるバリエーションと生産能力を持っています。

50万ヘクタールの広大な土地でSKYFchainのドローンを使用し試験を行う事にすでにサインしています。今後これらは実行される予定です。

SKYFChainのロードマップ

SKYFのサイトはこちら

SKYFchainのロードマップでは今までの実績と今後の予定について記載されています。現在までにドローンの飛行テストに成功し、今後世界中に展開していく事が記載されています。

実績 (2014-2017年)

・SKYFのドローンは制作済み
・試験を行い自動運転を成功

2014-2017年の間にSKYFの貨物用ドローンは設計され製作されました。さらに試験を行い、自動運転にも成功しています。

今後の予定(2018-2019年)

・ブロックチェーンの開発
・ドローン飛行を展開

2018年はSKYFchainをより安定した運用を行うために、ブロックチェーン技術を用いた開発を行います。CIS、アジア、アフリカなどのドローン飛行に対して厳しくない地域を対象にサービスを展開していく予定です。

トークン

SKYFのサイトはこちら

・トークン名:SKYFT
・価格:SKYFT = $0.065
・トークン量:12億トークン
・BURN:売れ残りはBURN

プレICO

・期間:3/1(木)〜
・ターゲット:$100万
・ハードキャップ:$200万
・最小金額:3,000SKYFT
・価格:$0.039
・予約:あり
・ボーナス:40%

5,130万SKYFT分のトークンだけ予約販売されており、現在プレICO前ですが購入できます。

プレICOは$0.039での販売になり、最小購入金額は3,000SKYFTになります。プレICOのハードキャップは$200万(約2億円)なのですぐに終了するかと思います。

ICO

・期間:5月〜
・販売量:5.28億SKYFT
・ハードキャップ:$3,000万
・価格:$0.046〜0.065
・ボーナス:0〜30%

ICOは2018年5月から開始予定になります。ハードキャップは$3,000万(約30億円)になります。ボーナスは後半にいくほど減っていきます。

登録方法

SKYFのサイトはこちら

登録は簡単に行えます。以下の手順を参考にして登録を行ってください。

(1) こちらのリンクより登録ページに移動して下さい。

(2) 「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「CONTINUE」をクリックして下さい。

(3) 「フルネーム」「誕生日」「パスポート番号などのID番号」「電話番号」「住所」を入力し、規約に同視する場合にはチェックを入れて「SAVE(保存)」をクリックして下さい。

「Check you email for verification code(メールで認証コードをチェックしてね)」という表示になります。

(4) メールにて認証URLが来ています。URLをクリックして認証をして下さい。

認証されると「Account verified. Use you login data for sign in (アカウント認証しました。サインインに使用して下さい。)」と表示されます。

登録は以上で完了です。

ログイン方法

SKYFのサイトはこちら

ログイン方法は定番のパターンで非常にわかりやすく簡単です。以下の手順を参考に行ってください。

(1) ログインページに移動して下さい。

(2) 「メールアドレス」「パスワード」を入力してから「SIGN IN(サインイン)」をクリックして下さい。

購入方法

SKYFのサイトはこちら

購入はイーサリアム、またはビットコインを送金して簡単に行うことができます、SKYFchainの買い方は以下の手順を参考に購入して下さい。

こちら自前の動画です。

(1) 「GET PAYMENT ADRESS」をクリックして下さい。

(2) それぞれイーサリアムのアドレスが表示されます。そこに送金して下さい。

送金すると、このように反映されます。

FAQ

SKYFのサイトはこちら

企業の所在地はどこ?

表記されている場所はエストニアになります。

ICOはいつ終了?

6/15です。

最小金額はある?

はい、あります。プレICOでは最低3,000SKYFT分の入金が必要です。

購入はイーサリアム以外にも対応してますか?

はい、BITCOIN(ビットコイン)でも購入可能です。

上場はいつ?どこの取引所?

上場先、時期は未発表です。ただし少なくとも4〜5の取引所には上場する計画だと公表されています。

プレス情報はどうなってますか?

海外のメディアにて掲載されています。

トークンはBURNしますか?

はい、ICOにて売れ残ったトークンはBURNされます。

KYCはありますか?

わかりません。KYCに関するアナウンスはされていません。

トークンはどの様にもらえますか?

6/15にICO終了後に、受け取りの案内があります。

トークンはイーサリアムERC-20ですか?

はい、トークンのプラットフォームはイーサリアムERC-20です。

Skyfchainの読み方はスカイエフチェーン?スカイフチェーン?

Skyfchainはスキフチェーンと読みます。スカイエフチェーンではありません。

Twitterでオフィシャルアカウントありますか?

はい、あります。日本語のtwitterアカウントもあるそうです。

オフィシャルアカウントが日本語アカウントがあることを発表しています。

日本でイベント実績ありますか?

はい、あります。

3月に「Bitrewards」「ARRound」「SKYFchain」「FACETER」が参加するイベントが行われました。

イベントは日本で行われますか?

はい、現在skyfchainのメンバーは世界各地のイベントに参加しています。

その中の一つとして4/8(日)に東京にてイベントが行われるそうです。

またQIWIも参加するそうです。

QIWIてどういう会社ですか?

QIWIは2007年創業のフィナンシャル企業で、NASDAQにも上場しています。

暗号通貨企業「FireLotto」のパートナーにもなっています。

日本人向けのLINEグループありますか?

はい、SKYFchainのオフィシャル日本語アカウントが作成したライングループがあります。

現在はLINEグループからテレグラムに移行しています。

LINEグループ参加してますか?

いいえ、参加してません。

テレグラムも参加していません。

SKYFのテスト飛行の動画ありますか?

はい、あります。

ドローンに関する詳しい情報ありますか?

はい、あります。

ドローンニュースにて12/16 (土)にSKYFのドローンが掲載されています。

ドローンニュースは暗号通貨関連のサイトではなく、ドローン専門のニュースサイトで紹介されています。

SKYFchainの買い方は簡単ですか?

はい、簡単です。

こちらの動画を参考に行ってください。

ホームページは日本語対応してますか?

いいえ、まだ日本語には対応していません。

SKYFchainの最新情報はどこで確認できますか?

フェイスブックページやツイッターなどで常時最新情報が確認できます。

この様にイベントに参加した際の画像や動画などがアップされています。

投資して損するリスクはありますか?

はい、全ての投資において損するリスクがある事を十分に理解し選択してください。

SKYFChainは日本企業と提携してますか?

はい、航空宇宙防衛コンサルティングファームのCARCIEL.inco(カーシェル)という日本企業とパートナーになっています。

SKYFChainのロイターの記事はどこですか?

こちらです。ロイタージャパンの記事です。

「産業用重貨物ドローンのSKYFchain、CARCIEL Inc.と共同開発契約を締結 建設及び消防におけるドローンアプリケーションの開発」

SKYFchainのコミュニティーの人数はどうですか?

6/5現在のテレグラムの参加人数は約10万人です。

フェイスブックは3,756人のフォロワーがいます。

Twitterは4,488人のフォロワーになっています。

こちらは無料でトークンがもらえるエアドロップの一覧です。
  • AirDrop
    EFFORCEがエアドロップ。登録&タスクでトークンが無料で貰えます。
    EFFORCE
    ICO
    エアドロップ
    仮想通貨
    2018.03.01
  • AirDrop
    BitMart 取引所がエアドロップ – アメリカ政府のMSB登録済みのビットマートで20BMXが貰える。
    BitMart
    pickup
    ビットマート
    仮想通貨
    2018.03.01
  • Exchange
    取引所の比較。取り扱いコインが多く、手数料が安く、取引量が多く、安全な所はどこ?
    pickup
    エアドロップ
    仮想通貨
    取引所
    2018.03.01
  • Exchange
    海外の取引所の一覧まとめ。最新情報はこちらにアップしていきます。
    pickup
    一覧
    仮想通貨
    取引所
    2018.03.01
  • AirDrop
    エアドロップを貰って、ビットコイン等に交換し日本円に換金する方法。
    エアドロップ
    仮想通貨
    換金
    日本円
    2018.03.01
  • SKYFchain ICO スキフチェーンが世界初の重貨物用ドローンのプラットフォームを開発

Twitterでフォローしよう