イーサリアムのシャーディングとキャスパーについて解説する。

なおイーサリアムはクリプトカレンシーであるが、あえてビギナーにもわかる様に「仮想通貨」というワードを使用する場合もある。

イーサリアムとは?

イーサリアムは時価総額2位のクリプトカレンシーである。イーサリアムはスケーラビリティなどの多くの問題を抱えている。

現在はPoWのアルゴリズムであるが、今後PoSに移行する予定である。

キャスパーとは

キャスパーについて

まずキャスパーについてだが、これはイーサリアムのプルーオブステーク(PoS)の事を言う。

キャスパーFFGを実装予定してたが…

2018年6月までにイーサリアムはキャスパーFFGを実装予定していた。

キャスパーEFGはPoSとPoWのハイブリッドアルゴリズムである。しかしこれには中央集権になりかねない問題があると指摘されている。それはバリーデターになるのに1,500ETHのステーキングを行わなければいけないという点である。

1,500ETHもの多額のステーキングは一般人には不可能である。キャスパーEFGのプランはVitalik氏の提案であったが、開発コミュニティーがそれに反対した。

新しいキャスパーについて

キャスパーEFGに代わって新しく提案されたキャスパーでは32ETHのステーキングでバリデーターになることが可能である。その程度であれば誰でもステーキングに参加することが可能であり、中央集権にはならないとしている。

シャーディングとは

シャーディングについて

シャーディングはブロックを複数に分けて同時系列で検証する方法である。つまりトランザクションを分割し、複数のノードで検証を同時に分割して進める事が可能である。

シャーディングによる効果

このシャーディングによりブロックチェーンの処理速度を分割することでスケータラビリティーの解決しキャスパーの実装を実現する。

具体的には、検証作業のスピードが向上する。さらにスマートコイントラクトの処理が最適になるという効果がある。

シャーディングのマイナス部分

シャーディングは多くの問題を解決するものとして提案されているが、マイナスになりうる部分も存在する。

それは51%攻撃の脅威に晒される可能性があるという部分である。

シャーディングにより分割されたそれぞれのシャードが孤立した状態になる。それは別々のハッシュパワーになり強弱のバランスが生まれるのである。

これにより強いところから弱いところに対して、現在のプルーオブパワーのアルゴリズムだと51%攻撃をかますことができるのである。

とはいってもプルオブステークへのアルゴリズムへ移行する事を前提としている為、この問題起こらないとされている。