MyCryptoBank(マイクリプトバンク)が200MCB($96相当)のエアドロップのキャンペーン中です。

プロジェクトの内容が盛りだくさんになっており、エアドロップは必ず貰っておきましょう。

この記事のポイント
  • ブロックチェーン技術で構築したオンライン銀行。
  • 他のクリプトバンクよりも豊富な機能を持っているのが特徴。
  • ICO評価サイトで高い評価を受けている。
  • EOSベースのクリプトカレンシー。
  • エアドロップで200MCB($96相当)を無料で配布。
  • オフィシャルサイト:mycryptobank.io

MyCryptoBankについて

オフィシャルサイトはこちら

ポイント
  • MyCryptoBankはブロックチェーン技術で構築したオンライン銀行。
  • 銀行が抱えている問題点を解決する。
  • 他のクリプト銀行よりも豊富な内容になっている。
  • クリプトカレンシーのATMを開発。
  • FXのトレードにも対応する。
  • EOSベースのクリプトカレンシー
  • オフィシャルサイト:mycryptobank.io

MyCryptoBankとは

MyCryptoBankはブロックチェーン技術で構築したインターネットを利用したオンライン銀行です。

日本でもオンライン銀行だと「楽天銀行」「ジャパンネット銀行」があります。それらは実店舗を持たず、インターネットで振り込んだり出来たりインターネットに特化しているのが特徴です。

MyCryptobankではオンライン銀行の機能に加えてブロックチェーンの技術を採用しているのが特徴です。

さらに下記に詳細についてはありますが、他のクリプト銀行よりも豊富な機能を持っています。

銀行が抱えている問題点

銀行では多くの問題を抱えています。それらを解決する為に、クリプトカレンシーによるオンライン銀行を構築します。

手数料が高い

銀行間ではクリプトカレンシーの送金とは比にならないくらい高い手数料が掛かります。クリプトカレンシーによる送金をメインとして行う為に気にならないくらいの少額の手数料で送金することが出来ます。

送金時間が長い

銀行への送金には時間差があり、ユーザーは待たなければいけません。まず時間が掛かるかというと、人やシステムによる確認作業が入るので時間が掛かってしまいます。クリプトカレンシーの送金だとトランザクションの混み具合によりますが、銀行よりは圧倒的に早く送金が出来ます。

地域による制限

銀行だと国外などに送金する事が出来なかったりします。手続きなども必要な事もあり簡単にはいきません。もちろんクリプトカレンシーでは地域に関係なく簡単に送金する事が出来ます。

通貨の壁

海外に行った際に日本の銀行で使っているキャッシュカードからその地域の通貨を下ろせる様なサービスは一部銀行でしか対応しておらず、海外で急にお金が必要になった際にはクレジットカードのキャッシングなどで現金にしなければいけません。

MyCryptoBankではホールドしているクリプトカレンシーをフィアットに自動で換金する事に対応している為、すぐに各地の通貨を得る事が出来ます。

MyCryptoBankの特徴

MyCryptobankでは以下の様な特徴を持っています。

  • FXトレード
  • ペイメントリング
  • クレジットカード
  • ATM
  • オンライン銀行
  • クリプトカレンシー取引所
  • P2Pローン

FXのトレードに対応しているというあたりはFXPayに似ているかと思います。

ぺイメントリングというのは初耳ですが、こういうものみたいです。

またMyCryptoBankのクレジットカードはFuzeXの様なデジタルカードになっています。

MyCryptoBankのATMは上記の動画でも紹介されていましたが、ATMはすでに開発が進んでおり実際に機械が出来ているところまで進んでいます。

MyCryptoBankトークンはEOS

最近ICOしているクリプトカレンシーの多くはイーサリアムERC20に対応しているトークンが多いのですが、MyCryptoBankではEOSに対応しているトークンになっています。

ワールドワイドなパートナー

MyCryptoBankはこれらの企業と協力してプロジェクトを進行している様です。

CIFはMyCryptoBankとの関係性を確認する事が出来ました。以下の様にツイートしています。

法律を遵守している姿勢

MyCryptoBankはエストニアの政府機関に申請を行い、プロジェクトを進行しています。

ICO評価サイトから高く評価されている

ICOを評価するサイトの中でも高く評価されています。

  • ICOBench「4.3/5.0」
  • TRACKICO:5.0/5.0
  • ICOMarks:9.3/10
  • ICOHolder:4.7/5.0
  • ICO BUFFER:9/10
  • FOUNDICO:9.4/10.0

アドバイザーを見る限りICOBenchの主要メンバーが何人か参加しています。彼らはICOのトップアドバイザーです。参加しているプロジェクトは信頼度が高く、評価が高い傾向があります。

エアドロップについて

オフィシャルサイトはこちら

ポイント
  • SNSをフォローなどのタスクをすると200MCB($96相当)が貰える。
  • 必要なものは「テレグラム」「ツイッター」「フェイスブック」「Linkedin」「インスタグラム」「Medium」「YOUTUBE」
  • タスクを実行してからフォームを入力してください。

そもそもエアドロップとは

この記事をご覧の方の多くは「エアードロップとは何か?」をご存知かと思います。

もしエアードロップに関して基本的な事をご存知ない方はこちらの記事をご覧ください。

その他最新のエアドロップに関してはこちらにリストがありますのでご覧ください。

まずは登録が必要

MyCryptoBankのエアドロップの申請するフォームに登録情報を入力する必要があります。

事前に登録しておく必要がありますので以下を参考にして登録してください。

ポイント
以下の手順で登録してください。

  1. 登録ページに移動
  2. メールアドレスを入力
  3. メール認証
  4. パスワードを設定
  5. 規約に同意

① 登録ページに移動

こちらのリンクから登録ページに移動してください。

② メールアドレスを入力

メールアドレスを入力し、チェックを入れてから「SIGN UP(登録)」をクリックしてください。

③ メール認証

メールで認証用のURLが来ていますので、「Confirm your email(メールを認証する)」

④ パスワードを設定

「パスワード」を入力してから、「SAVE PASSWORD(パスワードを保存)」をクリックしてください。

⑤ 規約に同意

規約を確認し、規約に同意する場合にはチェックを入れて「SAVE」をクリックしてください。

MyCryptoBankのエアドロップについて

MyCryptoBankでは以下のタスクを実行してから、フォームに記入する事で200MCB($96相当)が貰えます。

  1. テレグラムのグループに参加
  2. ツイッターアカウントをフォロー
  3. FBページをLIKE
  4. Linkedinをフォロー
  5. インスタグラムをフォロー
  6. Mediumをフォロー
  7. YOUTUBEチャンネルをお気に入りに登録
  8. 上記を対応してからフォームに入力

We are going to distribute 200 MCB tokens ($96) to each participant . Distribution will be done after ICO. We have limit for participants (first 35,000 only)

Terms and Conditions
To be eligible for airdrop users will be required to follow the below rules:

1. Join MCB Telegram Group

2. Follow MCB twitter 

3. Like MCB Facebook fans page

4. Follow Linkedin MCB

5. Follow Instagram MCB

6. Follow Medium MCB

7. Subscribe MCB Youtube Channel

8. Fill the form

BitcoinTalkのオフィシャルページより引用

エアドロップに必要なもの

上記の通りエアドロップに必要なものとしては「テレグラム」「ツイッター」「フェイスブック」「Linkedin」「インスタグラム」「Medium」「YOUTUBE」のアカウントがそれぞれ必要になります。

エアードロップに必要なものの準備としてはこちらの記事をご覧ください。

FAQ(よくある質問)

エアドロップが終了してからどうすればいいですか?

人それぞれですが、コインを売却して日本円にする場合には、上場している取引所はどこか?を調べてビットコインなどに交換してください。

その後に日本の取引所にビットコインを送金し、日本円に変えるというパターンが一番よくあるかと思います。

詳しくはこちらの「エアドロップを貰って、ビットコイン等に交換し日本円に換金する方法。」をご覧ください。