LYNKED.WORLDが現在エアドロップを実施している。ユーザーは簡単なタスクにより50LYNKを獲得できる。

現在行われているICOの販売価格としてはLYNKは$0.35である。よってエアドロップで獲得できる50LYNKは$17.5相当になる。

このLYNKED.WORLDのプラットフォームはインドの国有企業で採用されることが発表されている。

この記事のポイント
  • LYNKEDはID認証のプラットフォーム。
  • アプリは既に利用可能。
  • インドの人口は世界2位。国有企業がLYNKEDを採用。
  • エアドロップ:50LYNK = $17.5相当。

LYNKED.WORLDとは

ポイント
  • LYNKEDはID認証のプラットフォーム。
  • 「学校」「金融機関」「公共機関」「企業」などが対象。
  • ICOはICOBOXがサポート。
  • アプリは既に利用可能。

LYNKEDって何?

LYNKED.WORLDは「ID認証を容易にする為のプラットフォーム」である。

詳細は下記で説明するが、各個人のプロフィールや経歴をオフィシャルに登録される。これは現在のデジタル社会で蔓延している経歴詐称などの偽りを防止することにより、より良い信頼関係を築き上げる為のプラットフォームである。

主には「学校」「金融機関」「公共機関」「企業」などを対象としている。日本ではあまりイメージが湧かないが、海外では経歴やライセンスを購入する事があるとよく聞く。このような不正を防止する為にも多くのニーズがあると思われる。

ウォレットの機能

LYNKED.WORLDにも当然の事ながらウォレットは存在する。この特徴としては「病院」「学校」「銀行」などで使用する事ができる。

銀行での使い方の一例を紹介する。現在の一般的なローンの組み方としては銀行にて個人認証して審査してローンを組んだりする。それに対してLYNKED.WORLDでは個人認証を一瞬で行いローンを容易に組む事ができる。

ID認証機能

ブロックチェーンを活用してID認証を簡単なものにする。こちらはQRコードをLYNKED.WORLDのアプリにて読み込む簡単な操作でそれが完了する。

シーンとしては「オフィスの出入り」「銀行での認証」「警察官への職質」「空港のチェックイン」などがある。

申請書フォーム

一般的には就職やビザ取得を行う際には「卒業証明書」「修了証明書」など書類が必要になる。大学や大学院を卒業した事を証明する重要な書類であるが、取得するには面倒な作業+時間がかかる。

例えばビザを取得するには英語の卒業証明書・修了証明書が必要になる。申請するには必要な理由などをフォーマットに記入したり、返信用のハガキを同封して依頼する必要があり、物凄い手間がかかる。さらには返信が来るには2週間ほど掛かったりする。

LYNKED.WORLDでは申請をデジタルで行い、さらにはプラットフォームを利用して証明される。これにより今まで時間と手間が掛かった申請を簡単に早くする事を実現する。

求人への活用

ユーザーの今までの学歴などの経歴から見合った求人を探し出す機能を持っている。

LYNKED.WORLDを使う求人募集をする側としては大学の卒業証明とリンクしている為、信頼性を持って採用できる。

セキュリティ認証

現在では様々なサイトに登録するには「名前」「メールアドレス」「パスワード」「生年月日」などを毎回登録する必要がある。たまにFBなどでログイン出来るサイトもあるように、LYNKED.WORLDを使いめんどうな登録作業を除外して一瞬で登録できるというものである。

セキュリティ認証

銀行のオンライン決済において毎年のように何百万ドルものお金をハッキングで盗まれているのはご存知かと思う。カード情報の入力や、デバイスによる顔認証・指紋認証ではハッキングされる危険がある。ブロックチェーンの技術を採用しているLYNKED.WORLDは全ての情報をそれに埋め込むために、既存のいかなる方法よりもセキュリティは強化されたものであるとされている。

ICOをサポートするのはICOBOX

LYNKED.WORLDのICOをICOBOXがサポートする。ICOBOXは日本で行われたカンファレンスでも登壇しプレゼンしたことがある企業である。

現在では世界中にICOをコンサルティングする企業があるが、ICOBOXは古くからICOをサポートしてきた実績を持っている。

Lynked.World, a solution designed for simplifying life through blockchain, has signed up a partnership with ICOBox, the world’s leading provider of SaaS services for conducting ICOs, which will be providing marketing services to Lynked.World to help the company prepare for its ICO launch in October.

アプリは既に利用可能

LYNKED.WORLDのアプリは既に公開されている。通常多くのプロジェクトはICOが終了後に開発し、アプリを利用できるようにする。

LYNKED.WORLDの場合でも開発にある程度進んできてからICOを行なっている。インドの機関がLYNKED.WORLDのプラットフォームを採用しているのはこのようにプロジェクトが進行している事が理由かと思う。

We are happy to announce that the Android and iOS versions of the Lynked.World App is now available for download for free. Lynked.World platform is underpinned by the from the Blockchain 2.0 of the Ethereum environment. 

インドについて

ポイント
  • インドは世界で2番目に人口が多い。
  • ブロックチェーンに友好的。
  • インドの政府機関がLYNKEDと契約を結んでいる。
  • CILはインド国有企業。世界最大の炭鉱。
  • WBFDCLはリゾートの分野でLYNKEDを採用。
  • MTSCはインド鉄鋼省の国有企業。農業分野でLYNKEDを採用。

インドのブロックチェーン事情

インドは世界で2番目に人口が多い国であり、ブロックチェーンに関しては友好的である。

そのインドにある政府関連の企業や機関がLYNKED.WORLDと契約を結んでいる。

  • Coal India Limited(CIL)
  • West Bengal Forest Corporation Limited(WBFDCL)
  • Metal Scrap Trade Corporation Limited(MTSC)

Lynked.World, the blockchain-based technology that allows users to irrefutably verify their personal, educational, and professional backgrounds, has just announced that four elite organizations in India will join dozens of other government and educational intuitions in that country who have adopted the platform. Metal Scrap Trade Corporation Limited (MTSC) and its e-RAKAM portal, along with Coal India Limited (CIL), and The West Bengal Forest Corporation Limited (WBFDCL), have all joined the legions of other national organizations that have adopted the innovative platform in order to deliver administrative services to their constituents more readily and easily. 

サイト:LYNKED.WORLD

CIL

CIL (Coal India Limited)は1975年に設立したインドの国有企業である。生産量としては79Mトン/年あるが、これは世界最大の炭鉱である事を意味している。

Coal India Limited (CIL) the state owned coal mining corporate came into being in November 1975. With a modest production of 79 Million Tonnes (MTs) at the year of its inception CIL today is the single largest coal producer in the world.

サイト:coalindia.in

WBFDCL

WBFDCL (West Bengal Forest Corporation Limited)は西ベンガル州にて森林の管理と保全を行なっている企業である。インドは暑く乾燥しているイメージであるが、この西ベンガルはインドでも北東に位置し、自然豊かな地域である。

WBFDCLのもう一つの事業としてネイチャーリゾートがある。このリゾートの管理するプラットフォームでLYNKEDを採用する。

The West Bengal Forest Development Corporation Limited (WBFDCL) came into existence in 1974 on the recommendation of National Commission of Agriculture in their Interim Report in 1972 on “Production Forestry – Man-Made Forests”. Having been registered as a Company and incorporated as per Companies Act, 1956; the Corporation started functioning on 19th November, 1974. In course of time, the Corporation has diversified its activities into eco – tourism, wood – based industries, NTFP Management, plantations of economically valuable species, etc and expanded its operations almost all over West Bengal.

サイト:wbfdc.com

MTSC

MTSC(Metal Scrap Trade Corporation Limited)はインド鉄鋼省の国有企業である。事業としてはもちろん金属を扱う事をしている。

農業分野において農作物などのオリジナルのエコシステムを開発しており、これを利用する農家のIDカードをLYNKEDのプラットフォームを活用して発行する。

なぜ金属を扱うMTSCが農業の事業を行うのかについてだが、これは農業関連のロジスティックを行う企業であるCRWC (Central Warehousing Corporation)との共同プロジェクトだからである。

MSTC Limited is a Mini Ratna Category-I PSU under the administrative control of the Ministry of Steel, Government of India. The company was set up in 9th September 1964 to act as a regulating authority for export of ferrous scrap with an investment of Rs 6 lakh. Government of India, Members of Steel Arc Furnace Association and members of ISSAI had made with the investment.

サイト:mstcindia.co.in

エアドロップについて

ポイント
  • 50YLNK = $17.5相当のトークンを獲得できる。
  • テレグラムに参加し、タスクを実行するだけ。

そもそもエアドロップとは

エアドロップに関する基本的な情報はこちら。

エアドロップの価値について

エアドロップでは50LYNKを獲得できる。これは$17.5相当のトークンである。さらにLYNKEDのスポンサーのフォローなどするとさらに10LYNKが獲得できる。

なおICOの価格としてはLYNK =$0.35で販売されている。

エアドロップをもらう条件

テレグラムに参加

エアドロップをもらうには公式テレグラムチャンネルに参加する必要がある。

ロボットではない事を証明

まず最初にロボットでは無く、人である事を証明するために計算を要求される。これは「76 + 34 =」といった簡単な計算である。

この場合には「110」のように返答するだけで完了する。

タスクを実行

エアドロップを獲得するのに用意されているタスクには以下のようなものがある。

  • テレグラムグループに参加 (10LYNK)
  • Twitterをフォロー (10LYNK)
  • スマホアプリをダウントード (20LYNK)
  • スポンサーのテレグラムグループの参加 (5LYNK)
  • スポンサーのツイッターをフォロー (5LYNK)

それぞれのリンクをクリックしタスクを実行することでトークンLYNKを獲得できる。