Litecoin (ライトコイン)とは何か?について調べた結果をまとめた。

またライトコインの今後の将来性についても記事として記載する。

Litecoinとは

この記事のポイント
  • BTCが金なら、LTCは銀。
  • LTCのブロック生成速度がBTCの4倍。
  • LTCはSegwitを導入。
  • ライニングネットワークを導入する。
  • 暗号化方式を「Scrypt」を採用。
  • LitePayを発表。送金が早く。手数料は無料。
  • 最大のライバルはBCH。

ライトコインの概要

ライトコインの概要については以下の通りになっている。

通貨名 Litecoin (ライトコイン)
通貨コード LTC
開発者 Charles Lee
暗号化方式 Scrypt
コンセンサスアルゴリズム PoW
公開日 2011/10/7
現在価格 CoinMarketCap参照
現在の時価総額 CoinMarketCap参照
発行量の上限 8,400万LTC
公式サイト litecoin.org
国内の取り扱い bitFlyer など
海外の取り扱い Binance など

ライトコインのチャート

現在のライトコインの価格は以下の通りになっている。このチャートはリアルタイムで更新されるものである。

BTCが金なら、LTCは銀

ライトコインは2011年10月のGitHUbにCharles Lee氏により公開された。

現在では多くのクリプトカレンシーが世の中にあるが、ライトコインはビットコインが誕生した初期の頃に公開されたクリプトカレンシーの一つである。

ライトコインはビットコインのブロックチェーン技術をベースとして開発された為に、基本的な仕組みはビットコインと類似している。

ただビットコインを改良した部分はもちろん存在する。それは主には以下の3つがある。

  • ブロックチェーンの生成速度が4倍
  • Segwitを導入
  • ライトニングネットワークを導入

ブロック生成速度がBTCの4倍

ビットコインはマイニングによりブロックが生成され取引を承認するという仕組みである。ブロックの生成に10分掛かるり時間が長い事がデメリットとして存在する。

ライトコインはブロックの生成時間を2.5分にまで短縮する事に成功した。これはビットコインのブロック生成速度の4倍であることを意味している。

ライトコインはビットコインに比べて多くの取引承認される為に、手数料が安くできるというメリットもある。

一方でデメリットも存在している。ブロック承認時間が短いとよりセキュリティーが低下するという事である。それはブロック生成時間が短い事により改ざんなどのリスクが高まる為である。

Segwitを導入

最近のクリプトカレンシーではSegwitが導入されているのは決して珍しくはない。ただLitecoinは以前からSegwitを導入している。

SegwitはSegregated Witnessの略語であり、スケーラビリティの問題を解決するのに役立つ。

取引による変化した情報と、取引間の署名がブロックに書き込まれる。

Segwitでは署名の部分をブロックから切り離し、より容量が小さい「Witness Commitment」に変換してブロックに書き込む。これによりブロック全体の容量を小さくして多くのトランザクションを処理する事ができる。

ライトニングネットワークを導入する。

ライトコインはライニングネットワークを導入する試験に成功している。

これはブロックチェーンを介さずに個人間での送受信を可能にするものである。ライトニングネットワークを導入する事により、手数料がさらに安く行えるようになるメリットがあり。

さらにはスケーラビリティがさらに向上すると考えられる。

暗号化方式がScrypt

ライトコインでは暗号化方式が「Scrypt(スクリプト)」を採用している。

以前はビットコインの採用してる「SHA-256」は計算がより難しく、マシンのメモリをより多く消費していた。つまりマシンメモリをより大きいものが必要であった。

さらにはビットコインのマイニングには専用のハードウェアである「ASIC」が導入されておりマイニング難易度が高くなっている事も背景にあり、「Scrypt」はより好まれていた。

このアルゴリズムはマイニングマシンが高度な計算能力を持っていたとしてもナンス値の計算がかかる様な仕様になっている。

これはビットコインのマイニングのように通常のパソコンでは出来ないようなより高い処理能力をもったコンピューターは必要なく、さらには高額な電気代も不要である。

一方で「Scrypt」はまだ多く活用されておらず、「SHA256」と比較してバグや虚弱性があるのでは無いかという様な指摘もある。これついては数年経った今も言われているが、大した問題にはなっていない。

LitePayを発表

ライトコインは2017年12月に「LitePay」を発表した。

このシステムはライトコンをより高速決済を可能にするものであり、手数料も掛からないものである。

これらはLitepayカードがあり、入金していればウォレット内でドルに換金して決済できるという。

ライバルはBCH

ライトコインのライバルは「BCH」とよく言われている。

ライトコインはビットコインの欠点でもある「取引スピードの低下」「送金手数料が高い」の課題を解決するべく生まれたコインである。

ライトコインが誕生したのは2011年であるが、2017年にはビットコインキャッシュ が誕生した。こちらもビットコインの課題を解決するべく出来たコインであり、ライトコインと非常に似ている

ビットコインキャッシュの優れている点としてはブロックサイズだる。BCHでは1ブロックの容量は8MBである。これはライトコイン、ビットコインの8倍であることを意味している。しかもハードフォークを行わなくても32MBまで容量を増やす事が出来るようになっている。

さらにビットコインキャッシュにはビットコインを改良したものというのを強く感じてしまう。これはビットコインのハードフォークから生まれたという成り立ちがあるからでは無いかと思われる。

Litecoinの将来性と今後

この記事のポイント
  • ライトコインは知名度が高い。
  • 時価総額が6位にある。
  • ライトコイン利用者がビットコイン同様に多い。
  • ビットコインのETF承認がキー。

ライトコインには歴史がある

ライトコインはビットコイン誕生後すぐに誕生したクリプトカレンシーであり、歴史が長く知名度が高い

最近ではビットコインよりもライトコインでの送金を好んで行うユーザーも多く、注目されている。現在では時価総額が6位になっており、依然として上位にあるのは利用ユーザーが多いという必然的な理由であるかと思われる。

ビットコインのETF承認

ライトコインはビットコインと似た特性を持つコインである。

それゆえにビットコインが買われると、ライトコインにも期待感が高まり買われる傾向にある。

最近話題のビットコインのETF承認。これがもし承認される事になればライトコインの期待が高まり大きく価値をあげるのかもしれない

これは他のアルトコインも同様ではあるが、ETF承認が今後のキーポイントになる。

米ユーザーが多い

ライトコインの開発者はGoogleの元プログラムエンジニアである事からもわかる通り、アメリカ産のクリプトカレンシーである。

その為、アメリカでは日本と違いライトコインを支持する傾向がある

日本語しか話せない日本人は多い。あまりアメリカに関して認めたくない人も多いのかと思うが、現在の世界経済の中心はアメリカである。アメリカが世界を作ってきているのは多くの人が感じている事である。今後アメリカ人にライトコインがどこまで普及するかも重要なポイントであるかと思う。

Litecoinのマイニング

この記事のポイント
  • 1ブロック毎に25LTC。
  • 4年毎に84万LTCずつ半減していく。
  • ビットコインの4倍の8,400万LTCが生成。

ライトコインのマイニングに関する情報を紹介する。

ライトコインのマイナーは1ブロック毎にマイニングすると25LTCが与えられる。

約4年毎に840,000ブロックずつ半減していくように設計されている。

ライトコインのネットワークではビットコインの4倍の量にあたる8,400万LTCが生成する事になる。

一般的にはビットコインに比べてライトコインのマイニングの難易度は低いとされている。これは一般的なパソコンの性能でも可能なほどである。

ただし一般人には簡単にマイニング出来るものではないというもの。

Litecoinの購入方法

この記事のポイント
  • 日本国内で日本円でライトコインを購入する。
  • BinanceでBTCかETHでXLMを購入する。

ライトコインの購入方法は大きく2パターンで購入できる。

  1. bitFlyerなどの国内にある取引所でライトコインを購入する。
  2. Binanceなどの海外の取引所でビットコインやイーサリアムからステラを購入する。

bitFlyerは日本国内では最大手の取引所であり、取引高も日本国内では一番多い。そこでライトコインを取り扱っている。

さらにBINANCEは世界一の取引所である。バイナンスを使用する意味としては「手数料が低い」「安全面が高い」の2つである。世界一の取引所であるには選ばれる理由が当然あるわけである。ただし日本円は使用できない為、ビットコインやイーサリアムなどを送金して購入が必要である。

Litecoinの保管方法

この記事のポイント
  • LaofWalletはiOS専用アプリのウォレット。
  • Ledger Nano Sは
  • liteaddress.org

ライトコインを保管するウォレットがいくつかあるのでそれに関して記載する。

  • LaofWallet
  • Ledger Nano S
  • liteaddress.org

LaofWallet

Apple社が提供するiOSで使用ができるウォレットである。これはもともとはBitcoinのウォレット「breadwallet」を元に開発されたものである。スマホのアプリで簡単に使う事ができる為に操作性は優れているウォレットの一つである。

Apple社はウォレットに関するアプリを非常に厳しく審査をする。そこを突破したものであり、セキュリティー面が優れている。

さらにウォレットの特性としては非中央集権型であり、安全性が高いとされている。

Ledger Nano S

有名なハードウォレットの一つである。デバイスでライトコインを管理する事ができる為、ネットワーク上からは完全に物理的に離れている。

その為、ネットワークを介したハッキングの心配はなく安全にライトコインを管理できる方法の一つである。

またライトコインだけでは無く、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ステラなどの多くのクリプトカレンシーをウォレットに保管できる非常に便利なものである。

liteaddress.org

liteaddressはウェブ上で管理するウォレットである。このウォレットは「bitaddress.org」を元に開発されたものであり、使いやすいインターフェイスなのが特徴である。

ウェブ上のアプリとなるとハッキングなどが心配になる。こちらのliteaddressではペーパーウォレットの作成する事も出来て管理面でも優れている。

Litecoinの取引所

この記事のポイント
  • 取り扱っている取引所は142箇所。
  • 通貨ペアはのべ400通貨ペア。

CoinMarketCapによると、現在142の取引所にて合計400通貨ペアを取引されている。

「LTC/USD」「LTC/USDT」「LTC/BTC」「LTC/ETH」などの通貨ペアが大半を占めている。

  • ABCC
  • Altcoin Trader
  • B2BX
  • BCEX
  • Bibox
  • BigONE
  • Binance
  • Bit-Z
  • Bitbank
  • BitBay
  • Bitbns
  • BitcoinTrade
  • BiteBTC
  • Bitfinex
  • BitFlip
  • BitForex
  • Bithesap
  • Bithumb
  • Bitibu
  • Bitinka
  • Bitlish
  • BitMarket
  • Bitmaszyna
  • Bitrue
  • Bitsane
  • Bitso
  • Bitstamp
  • Bittrex
  • Bittylicious
  • Bleutrade
  • Braziliex
  • BTC Markets
  • BTC Trade UA
  • BTC-Alpha
  • BTCC
  • BtcTrade.im
  • BtcTurk
  • Buda
  • BX Thailand
  • C-CEX
  • C2CX
  • CHAOEX
  • Cobinhood
  • Coinbase Pro
  • Coinbe
  • CoinBene
  • Coinbit
  • Coindeal
  • CoinEgg
  • CoinEx
  • CoinExchange
  • CoinFalcon
  • Coinhub
  • Coinone
  • Coinroom
  • CoinsBank
  • Coinsquare
  • Coinsuper
  • CoinTiger
  • Coinut
  • CoinZest
  • COSS
  • CPDAX
  • Crex24
  • CryptoBridge
  • Cryptology
  • Cryptomate
  • Cryptopia
  • DigiFinex
  • DOBI trade
  • DragonEX
  • DSX
  • Exmo
  • Exrates
  • EXX
  • Fatbtc
  • FCoin
  • Gate.io
  • GBX Digital Asset Exchange
  • Gemini
  • GOPAX
  • Graviex
  • HBUS
  • HitBTC
  • Huobi
  • IDCM
  • Independent Reserve
  • Indodax
  • Instant Bitex
  • Koineks
  • Koinex
  • Koinim
  • Korbit
  • Kraken
  • Kucoin
  • Kuna
  • LakeBTC
  • LBank
  • Liqui
  • Liquid
  • LiteBit.eu
  • Livecoin
  • Lykke Exchange
  • MBAex
  • Mercado Bitcoin
  • Mercatox
  • Nanex
  • Negocie Coins
  • OKCoin International
  • OKEx
  • OOOBTC
  • OpenLedger DEX
  • OTCBTC
  • Ovis
  • P2PB2B
  • Paribu
  • Poloniex
  • QuadrigaCX
  • RightBTC
  • Simex
  • Sistemkoin
  • SouthXchange
  • Stellar Decentralized Exchange
  • Stellarport
  • STEX
  • The Rock Trading
  • Tidex
  • TOPBTC
  • Trade By Trade
  • Trade Satoshi
  • TradeOgre
  • Tripe Dice Exchange
  • Tux Exchange
  • Upbit
  • Vebitcoin
  • Waves Decentralized Exchange
  • WazirX
  • WEX
  • YoBit
  • YunEx
  • ZB.COM
  • ZBG

最後に

CryptoCurrency.newsではオフィシャルな基本的にはオフィシャルな情報のみを扱っている。

ただしこの記事においては所謂「個人ブログ」「個人サイト」などで調査した情報が含まれている。その為、誤まった情報などが含まれている可能性がある事をご理解いただきたく思う。