LENDO(レンド)が現在エアドロップを実施しており、最大で$200相当のトークンが貰えます。

登録&クレジットカードの申請で$200相当のLENDOトークンを貰う事が出来ます。

LENDOは最近のICOにしては調達金額が多くトークンを貰っておく価値が十分にあるかと思います。

LENDOとは?

Lendoのオフィシャルサイトはこちら

この記事のポイント
  • ローン系プラットフォーム
  • 暗号通貨を担保にローンを組む事が出来る
  • MoneyTokenを越すほどの人気
  • 現在は€1.2億を調達
  • トークンホルダーは配当が貰える
  • 金融ライセンスを持つ企業とのみ提携
  • FCAによって厳格に規制

LENDOはローン系のプラットフォームで使用されるトークンです。日本で人気のあった「MoneyToken」を超える人気がある暗号通貨です。

現在ローンを組んでいる金額は€1.2億(150億円ほど)のローンの申請を受けています。

トークンホルダーはLENDOが得た利益の一部を配当として貰えます。

LENDOは金融ライセンスを持つ企業とのみと提携を行い、貸す側もFCA (Financial Conduct Authority)によって規制されることで厳重に管理します。

エアードロップについて

Lendoのオフィシャルサイトはこちら

LENDOのエアードロップに関する情報についてです。

この記事をご覧の方の多くは「エアードロップとは何か?」をご存知かと思います。

もしエアードロップに関して基本的な事をご存知ない方はこちらの記事をご覧ください。

LENDOのエアドロップで貰えるトークン

Lendoのオフィシャルサイトはこちら

ポイント
  • 貰えるのは合計100ELT = $200相当
  • 登録で50ELT= $100相当
  • クレジットカードの申請で50ELT= $100相当

LENDOのエアドロップで貰えるトークンは最大で100ELTです。

現在ICO中ですが、トークンの価格は時期によって異なります。

ICOの最終的なトークン販売価格は$2.0ですので、$200相当のトークンです。

エアドロップの条件としてはまずサイトに登録した段階で50ELT、さらにクレジットカードを発行することにより50ELTがもらえます。

Are you signed up for Lendo’s new airdrop campaign? It only lasts until mid-July so now is the time to make sure you are registered for it.

First time members will get 50 ELT for registering.

Existing members get 50 ELT when they go to their ICO dashboard, click on Platform and sign up for both the Priority Loan and a Credit Card. Don’t worry, if you don’t want to apply for a loan, you don’t have to. The same goes for pre-ordering the Credit Card; you don’t have to use it. But, you’ll still get the 50 ELT for signing up.

カードは何パターンかありますが、一番下のプランでは€9.0(1,200円ほど)の手数料で作る事ができます。

また一年あたりに掛かる手数料は€9.0(1,200円ほど)になっています。

エアードロップを貰う為で無くてもこういう暗号通貨のクレジットカードは便利ですので、必要な場合は利用してみると良いかと思います。

LENDOのエアドロップに必要なもの

Lendoのオフィシャルサイトはこちら

ポイント
  • メールアドレス
  • MyEtherWallet
  • パスポート
  • 公共料金の証明

今回のLENDOのエアードロップで必要な物として、まず登録の際に「メールアドレス」「ウォレット」が必要になります。

ICO終了後にトークンを引き出す際にKYCが必須になると思われますので「パスポート」「公共料金の証明」も必要です。

エアードロップに関する準備に関しての情報はこちらをご覧ください。