仮想通貨と多くの人が使う。これは本来は「クリプトカレンシー(暗号通貨)」である。

もしこの記事をご覧の方で「共感」して頂ける方がいるのであればシェアしていただきたく思う。

仮想通貨

仮想通貨はバーチャルコイン

仮想通貨は「バーチャル」な「コインorカレンシー」である。海外ではビットコインをもともと発見当初は「Crypto Currency(クリプトカレンシー/暗号通貨)」と言われていた経緯もあり、現在でもそれが使われている。

2017年より以前はクリプトカレンシーと言われていたのだが、仮想通貨という言葉が現在最も使われている。2018年現在ではクリプトカレンシー派が少数になり、仮想通貨派がほぼ100%を占めている状態である。

仮想通貨という言葉は「日本」だけの独特な言葉であり、特に最近それを知ったユーザーが「仮想通貨」という言葉をよく使う。

仮想通貨はゲーム発祥

なぜ「仮想通貨」という言葉を日本で使われる様になったかというと、それはゲームが関係している。

ゲームの世界で存在するお金も「仮想通貨」というのである。筆者はゲームを一切やらないために詳しくは知らなのだが、実在する現金からゲーム中で使用できるお金へと換金する事ができるのである。その換金されたお金を使いアイテムへと変える事ができるのである。

もともとはビットコインは「クリプトカレンシー/暗号通貨」とコアなユーザーから呼ばれていたのに対して、ここ数年でその事情を知らずに参入してきたユーザーがゲーム中のそれと混合し「仮想通貨」と呼ぶ様になったのかと思う。

新人は仮想通貨

古くからの「クリプトカレンシー/暗号通貨」のユーザーは「クリプトカレンシー/暗号通貨」という呼び方をする。

しかし、2017年以降に参入してきた新人は「バーチャルコイン/仮想通貨」と呼ぶパターンが多い。

これはどちらが悪いとかでは無く、知らないから仕方がない事なのである。

仮想通貨が広まった背景

「仮想通貨ちゃう」と誰も言わ無くなった

以前はこの業界で影響力のある方が「みなさん仮想通貨って言うけど、暗号通貨だからね」と毎回語って頂けていた。

ところが、現在彼らはいなくなり、誰も教えてくれなくなったのである。それどころか、逆にそっちへと歩み寄らなければいけない状況にもなっている。

SEO的には仮想通貨

多くのブログやメディアでは「仮想通貨」を使用する。なぜならそちらの方が検索されるからである。

当サイトでは最近までは「仮想通貨」を使用する事は避けてきた。だが最近では仮想通貨の世界で共存していく事を選んだのである。

2018年には副業により海外を転々とする期間が1ヶ月ほどあった。その中で一人の時間が多く、仮想通貨に関して様々な事を考えた。

本来であればミーハーな事を嫌うのであるが、多くの人に真実を知ってもらう為にも注釈つきで「仮想通貨」という言葉を取り入れていく事にする。

CM放送は仮想通貨

2017年以降、仮想通貨という記載や発言のあるCMが流れ出した。

それは日常的に多くの人がなんどもそのCMを見たことかと思う。これによりビットコイン=仮想通貨という認識が世間に完全に植え付けられてしまった。

おそらく今後ローラ氏が「やっぱり暗号通貨って言うんだよ〜」と撤回してくれることはなさそうである。ローラ氏は元々はおバカキャラを装ったタレントであるが、それが世の中には馴染みやすいのは当然である。

今後の行方

それでも仮想通貨とは言えない

上記では「仮想通貨」と記載していく事を決めたにも関わらず、乗り気ではない。

なぜなら「仮想通貨」に対しては愛着が湧かず、それなら記事を書きたくないという気持ちが多少あるからである。

例えるなら多くの日本人が記事に書いた「MINE」「SPINDLE」「WOWBIT」を記事に書く様な事と同じである。それらの案件が決して悪いというのでは無く、イナゴの様な群がった生き方をするのが嫌いである。

仮想通貨という言葉は完全に普及

「仮想通貨」「暗号通貨」という言葉でいうと、完全に「仮想通貨」が普及していることかと思う。

これは逆に「暗号通貨って何?仮想通貨でしょ?」と言われてしまうほどである。今後はやはり「仮想通貨」が普及していくことかと思う。

特にインターネットやCMなどで使われる「仮想通貨」という言葉を知り、さらに多くの人が知る事になるというエンドレスループに入ると思われる。