仮想通貨のイベント情報は最新情報がわかる海外サイトを使用して簡単に確認することができる。

なお「仮想通貨」は本来は「クリプトカレンシー/暗号通貨」という表現であるが、ビギナーの増加に伴い一般的に呼ばれるようになった「仮想通貨」というワードであえて説明する。

クリプトカレンシーとは

クリプトカレンシーとはみなさんの身の回りで良く聞くようになった「仮想通貨」というものとほぼ同義語である。

ビットコインの誕生以来、海外では「Crypto Currency(クリプトカレンシー/暗号通貨)」と表現されている。「Virtual Coin (バーチャルコイン/仮想通貨)」と表現されることはほぼ無い。それはビットコインを「Crypto Currency Bitcoin」と言われていたことから由来する。

日本では2017年以前までは多くの人が「クリプトカレンシー」と表現していた。ところが最近ではビギナーが増加すると共に「仮想通貨」というワードに変化している。これはゲーマーの世界で使われていた「仮想通貨」という言葉がビットコイン以前から存在した事から由来すると思われる。

イベントとは

イベント開催の目的

クリプトカレンシーのイベントは世界中で行われている。日本で行われることはほとんど無い。

なぜならクリプトカレンシーの中心は海外だからである。多くの人が知っている通り、日本発のクリプトカレンシーはほとんど存在しない。

現在あるクリプトカレンシーが1,000以上存在するが、その中でも数種類ほどである。

このイベントでは主に以下のような内容で行われる。

  • プロジェクトの紹介
  • プロジェクトの宣伝
  • プロジェクトの進捗状況の説明
  • 市場の今後の予想

これらは基本的にブロックチェーンの技術の紹介をメインとしている。いわゆる企業展に近いものである。

そのイベントの中では著名人も参加し、「ブロックチェーン技術の修羅異性」「クリプトカレンシーの市場の今後の行方」、さらには「自身が推奨するコインが何か?」についても紹介される場面もある。

イベント参加の目的

イベントに出店するブロックチェーン企業の関係者では無い一般人が参加する目的について解説する。

参加者の目的は人それぞれだと思うが、多くの目的をもって参加していることかと思う。

  • ブロックチェーンとはなんだろうか?を知りたい。
  • 最新のブロックチェーン技術を知りたい。
  • 何か良いプロジェクトが無いかを知りたい。
  • あのクリプトに投資したいが、その前に内容を知りたい。
  • あのクリプトに投資したが、最新の情報を知りたい。
  • このイベントの取材をしたい。
  • あのプロジェクトに参加したい。

イベント情報を知る方法

各サイトのまとめ

まず最初にイベント情報を知ることができるサイトに関して情報をまとめた。

詳細は下記にて紹介するが、これがまとめた内容である。いずれにしてもこれらはイベント情報を知るには非常に便利なサイトである。

残念な点もあるが、それほど大したものでは無いことをご理解いただきたい。

CoinGecko
良い点 場所・イベント名で検索可能。
残念な点 企業名で検索不可。
Brave New Coin
良い点 場所・期間・種類でソート可。キーワード検索も可。
残念な点
Cryptoslate
良い点 「企業名」「人物名」のキーワードで検索可。スピーカー情報も記載。
残念な点
Bitcoin Market Journal
良い点 1ページにリスト化されている。「スピーカー」「スポンサー」の情報が記載。
残念な点 スマホユーザーは検索がきついかも。

CoinGecko

CoinGeckoでイベントの参加情報を知ることができる。

もちろん他のサイトでもそれを知ることはできるのだが、CoinGeckoはイベント情報がまとまっており非常に便利なのである。

さらには「場所」「イベント名」を入力して検索する事も可能である。

例えば「ロンドン」と検索した場合には、ロンドンで開催されるイベントがヒットする。

ただ残念な事にそこに参加する「企業名」などを入力してもヒットはしない。例えば「Ripple」を検索してもヒットしないのである。

このようにイベントに参加する企業名まで検索でヒットすることができればさらに便利なものになるかと思う。

イベント情報のページ:coingecko.com/ja/events

Brave New Coin

Brave New Coin(ブレイブニューコイン)というサイトでもイベント情報が公開されている。

こちらはCoinGeckoに比べてリスト表示されている点が扱いやすくて良いと思われる。

こちらも「イベント場所」でソートすることができる。さらには「イベント開催の期間」「イベントの種類」でもソートすることができるのが便利な点である。

さらにはキーワード検索もすることが可能である。

イベント情報のページ:bravenewcoin.com/events

Cryptoslate

Cryptoslate(クリプトスレート)でもイベント情報を知ることができる。

このサイトは見た目がとにかく美しい。

スピーカーの情報を確認することができるのは非常に便利である。

もちろん「CoinGecko」「Brave New Coin」においてもそこから公式サイトに移動してスピーカー(登壇者・プレゼンター)を確認することが出来るのだが、その手間を省くことが出来る。

クリプトスレートの優れているポイントとしては「暗号通貨企業名」「人物名」のキーワードで検索が可能である。

例えば「Ripple」で検索すると、それが関連するイベントがヒットするのである。さらには「人物名」で検索してもヒットする。

イベント情報のページ:cryptoslate.com/events/

Bitcoin Market Journal

Bitcoin Market Journal(ビットコインマーケットジャーナル)でもイベント情報を公開している。

このサイトの便利な点は1ページにイベント情報がリスト化されているという点である。

わざわざ別ページに移動しなくても閲覧できるという点で優れている。さらには「スピーカー」「スポンサー」の情報が記載されており、お目当の企業を探すことが簡単にできるのである。

ただ難点としては検索する場合にはブラウザーの検索機能を使用するという点である。パソコンであれば容易にそれが可能であるが、スマホでキーワード検索をするのは非常に手間である。

イベント情報のページ:bitcoinmarketjournal.com/conferences/