ICO後に上場確定。というセリフを多くの人が良く聞く。これに違和感を感じないだろうか?これの何がすごいのか分からないと筆者は考えている。

なお日本人の投資ビギナーの多くが「仮想通貨」という言葉をあえてこちらの記事では記載する。本来は「クリプトカレンシー(暗号通貨)」である。

ICOとは?

ICOとはInitial Coin Offering(イニシャルコインオファーリング)の頭文字からなるワードである。

株で行われるIPOの仮想通貨verに相当する。仮想通貨のプロジェクトが資金調達を行う目的としてそれは行われるものである。

今現在存在している多くの仮想通貨がこのICOを行い誕生したものばかりである。以前はICOを行い、長い期間が経ってからプロジェクトが進行し活用される所で上場する事が多かった。それゆえに以前は「ICO = 一攫千金」というイメージが多くの人が持っていたことかと思う。

このICO自体は問題では無いのであるが、プロジェクトを装って資金調達を行い詐欺行為をする人たちもいる。こればかりが目立ち、ICO=危険というイメージだけが仮想通貨ビギナーで拡大している。

上場とは?

現在は簡単に上場できる

上場とは取引所でトレードできる状態になる事を言う。

仮想通貨がICOで資金調達した後に、いつでも上場している取引所でトレードが行えるのである。上場しなければ仮想通貨は売れない、確実に損をする。という謎の前提条件が人々の中では存在している。

確かに上場はいつかはしなければいけない。だが現在の仮想通貨の市場において取引所は多く存在しており、上場させる事は決して難しい事では無い。

言い方を変えれば、取引所を選ばなければどこでも上場できる状態である。

大手取引所への上場が重要

取引所への上場で重要なポイントは大手の取引所であるか?が重要になってくる。

大手の取引所とは取引量の多い取引所のことである。これは言い換えれば「利用者が多い取引所」「活発にトレードがされている取引所」「利用者に信頼されている取引所」である。

具体的な取引所の名前を出すと、「Binance(バイナンス)」「Huobi(フォビ)」「OKEx」などである。国内では「bitFlyer」がそれに当たる。

これらの取引所に上場すると言う事はすなわち「取引が盛んに行われる」「その仮想通貨自体に価値がある」という効果をもたらすのである。

価格が下がる状況

そもそも価格がなぜ下がるか?を多くの方がわかっている様で、わかっていない。

という事で普通の話ではあるが、なぜ価格が下がるか?を説明する。

「売り>買い」という関係

「売りの量」よりも「買いの量」が多いと価格が下がる。

もの凄いシンプルであるが、その仮想通貨およびトークンを売りたいのか?買いたいのか?ただそれだけである。

上場しても価格が下がる

上場して価格が下がった。ICO割れした。そのような状況で当然ともいえる。

なぜ上場してか価格が下がるのか?根本的な事を言えば、「誰も買わない」からである。

ではなぜ「誰も買わないか?」については下記で説明する。

上場する事がなぜよく無い?

最近まで買えたのを上場して誰が買う?

多くの仮想通貨がICO直後に取引所に上場する。大抵HitBTCやYobitである。

そこでわざわざ買う人はいないだろうと思う。なぜなら「ICOで普通に買えたから」である。

つまり買う人は少ないのに、売る人が多いという状況が発生する。これでは価格が下がるのが当然である。

まだトークンの使い道が無い

多くのICOはプロジェクトの進行前である。何も形になっていないのである。プロジェクトを進行させるための資金調達としてICOを行うのであるから当然である。当然ICO直後というのはそのトークンの使い道はまだ無い状況である。

つまり投資目的以外に誰もその仮想通貨は買わない状況である。

例えば、使い道のあるトークンの良い例としては「Binance coin (BNB)」がある。このトークンがあるとBinanceの取引所でトレードをする際の手数料を安くできるのである。つまり使い道がある。

この「使い道がある」というのが非常に重要である。余談ではあるが、そのメカニズムを無視して最近では「取引所トークンが儲かる」という表面的な情報だけが錯乱している。

まだトークンの使い道が無いにも関わらず、上場した場合には当然買う人がいなくて価格が下がるのは当然とも言える。

価値が大きく下がった錯覚になる

良く聞く「ICO割れ」という言葉。それが果たして正しいのか?と疑問に思う。

確かにICO価格よりも低くなっているのは間違いない。ところが実際には取引量が全く無い中で価格が下がっているのである。

多くの人がICOで購入したトークンを保有したままなのである。アプリなどで見る表面上の価格は下がっているのには間違いないが、本当のトークンの価値としては決して下がっているとは言えないのである。

多くの人がこの様な状況を理解せずに、表面的な価格を表に出す。つまり仮想通貨ビギナーが多いのである。さらにはその仮想通貨ビギナーが仮想通貨ビギナーを作り出している状況である。

もうこの仮想通貨ビギナーが永遠と生まれてくるサイクルは誰も止められないくらい深刻である。

価値が下がったと錯覚した事で、さらに売り注文に拍車がかかる。

良い部分について

買いたい人もいるかも

一方でICOが終了した後でも「やっぱり買いたい」というトレーダーもいるかもしれない。そういう人向けにもどこかの取引所に上場させなくてはいけないのかもしれない。

例えば「BANKERA(バンクエラ)」がそれである。バンクエラの真意はわからないが、ICO直後にHitBTCに上場した。その後はどこの取引所にも上場していないのである。HitBTCが正しいのかどうかは分からないが、一つの取引所に上場するという考えもありなのかもしれない。

なお筆者自身の考えとしては反対である。

余談

全く理解できない上場

以前とある海外の仮想通貨であった話であるが、「ICO後に上場するべきか?」というアンケートを行なったのである。

その際に「30%が賛成」「70%が反対」であった。

ところがオフィシャルからは驚くべき回答があった。「アンケートの結果は30%が賛成、70%が反対でした。上場を希望する声があるので上場します。」という発表したのであった。

これが現在繰り広げられているICO後に上場するという謎のコンセプトの姿なのである。