ウォレットや取引所で必ず設定した方が良い二段階認証「Google Authenticator」について今更記事にします。

もし「Google Authenticator」を使用していない方がいれば、セキュリティーの為にも必ず使用してください。

二段階認証とは

  • Google認証システム
  • セキュリティー向上の為のもの
  • ワンタイムのパスワードを生成
  • 必ずすぐに設定するべき

二段階認証って何?

2段階認証は通常のログインで必要となる「ID」「パスワード」と「Google認証システム」などに送信される認証コードを入力してログインする事を言います。

二段階認証を行う目的としては、アカウントの乗っ取りを防ぐ手段として有効的であり、「Google認証システム」などで発行される認証コードはその時しか使えない為、セキュリティを高める事ができます。

メールアドレスとパスワードに加え、スマートフォンに送信される認証コードを入力してログインするというもの。認証コードは数十秒しか使えないためパスワードのように推測されることがないため、セキュリティを高めることができる

また日本語では「二段階認証」と呼びますが、海外のサイトでは英語表現として「2FA」、「Google Authentication」など記載されている事が多いです。

なぜ二段階認証を行う必要があるか?

暗号通貨のウォレットは開発中のものが多くあり、セキュリティーとして突破されるケースがあります。またウォレットに大量に資金をいれている人が多く、ハッカーの標的となっています。

大切な資金を守る為に、必ず二段階認証の設定を行いましょう。

二段階認証はいつ設定するべきか?

設定するタイミングとしては、そのサイトを利用し始めた時にするべきです。

二段か認証では手間な作業はほとんどなく、セキュリティー保護の為にも早急に設定するべきだと思います。

アプリの使い方 (設定まで)

Google Authenticatorとは

日本語では「Google認証システム」と呼びますが、アプリの名前は「Google Authenticator」と言います。

iPhoneやアンドロイドのスマートフォンアプリにて使用できます。

アプリをダウンロード&インストール

App Storeにて「Google Authenticator」という名前でアプリがあります。

ダウンロード&インストールをしてください。

二段階認証ページに移動する

ウォレットや取引所のメニュー「Profile 」「Security」「Setting」と表記された中から設定できる事が多いかと思います。

重要:必ずキーを保存する

例として、こちらはFCoinという取引所の2FA設定画面です。

この様にキーが表示されています。それぞれ記載されているキーをメモするなどして保管してください。

もしスマートフォン無くしたり、壊れたりした場合に二段階認証を行えなくなります。

ただしこのキーがあると、解除したり、再度アプリに読み込んだりできます。

QRコードを読み込む

アプリを起動して右上の「+」をクリックしてから、「バーコードをキャン」をクリックしてカメラを起動してください。

次にサイトで表示されているQRコードを読み込んでください。

読み込むと6桁の数字が表示されます、そのコードをサイトに入力して認証してください。

例として、こちらはFCoinという取引所のサイトを示しています。

ここまでが二段階認証の設定についての説明でした。

アプリの使い方(ログイン時)

二段階認証コードを使用

二段階認証の設定に成功していると、ログインする際にコードの入力が求められます。

現時点で表示されている6桁のコードを入力し、ログインを行なってください。