FX業者の中でも様々なタイプがあります。

この仕組みを少しでも理解していると、良いトレード環境を築けますので紹介したいと思います。

結局のところ、マニュアルトレードなら国内FX業者(DD)、自動売買なら海外のECN業者が良いかと思います。

ポイント
  • DD:国内の様なスプレッドが低い業者。自動売買には未対応のところが多い。
  • NDD:STPとECNの2タイプがある。
  • STP:海外のようなスプレッドが高い業者。MT4に対応しているが、スプレッドが高いところが多い。
  • ECN:MT4に対応しており、スプレッド・手数料も低い。

DDとNDDとは?

DDとNDDに意味

FX業者でも種類があります。

DDとNDDというタイプがあります。意味としてはディーラー(FXブローカー)を介するか、介しないかというものです。

  • DD:Dealing Desk
  • NDD:No Dealing Desk

DDがディーラー(FXブローカー)を経由して、インターンバンクへと取引が流れます。FXブローカーにワンクッション入るイメージです。

NDDではただFXブローカーが仲介するだけで取引は直接インターバンクで行われます。FXブローカーは流すイメージです。

DDとNDDの違い

DDとNDDの違いは上記の様にディーラー(FXブローカー)を介するか、介さないかの違いです。

それによって出てくる違いについて紹介します。

DDの特徴

DDの特徴としては、ユーザーが儲かるとFXブローカーが損するということです。

例えば日本のFX業者みたいにスプレッドが低い水準のところはDDであるところが多いです。

この様なFX業者ではスプレッドが低い良さがありますが、規約に厳しいところが多いです。

全てではないですが、DDには以下の様な特徴のブローカーが多いです。

  • スキャルピング禁止
  • 自動売買に未対応
  • アービトラージ禁止
  • MT4に未対応
  • 儲かったら出金不可

国内のブローカーにおいては儲かっても出金できないという話は聞かないですが、海外のブローカーではよくある話です。

NDDの特徴

NDDはDDとは特徴としては逆のところが多いです。

多くのブローカーがMT4の自動売買に対応しており、スキャルピング取引も可能なところが多いです。

一方でスプレッド&手数料が高く取引の環境としては不便でもあります。

ただし後述しますが、ECNアカウントではスプレッドが低く取引がしやすいです。

NDDのSTPとECN

STPとECNとは?

NDDはディーラーを介さないFXブローカーの種類ですが、中にはSTPとECNと言うものがあります。

  • STP(Straight tough processing)
  • ECN(Electronic Communications Network)

STPとECNの違いはFXブローカーの関与する度合いが違います。

STPではインターバンクへの取引はFXブローカーが仲介して行われますが、ECNではFXブローカーは仲介せずに取引が行われます。

STPとECNの違い

STPとECNは上記の通り仕組みが異なるが、メリット・デメリットです。

STPのメリット

STPのメリットは取引金額が大きいと約定力が良いのです。

STPのデメリット

STPのデメリットはスプレッドが高いところである。FXブローカーを仲介して取引されるために、費用が掛かります。

よってスキャルピングには向かないのが残念なところです。

ECNのメリット

ECNのメリットは何と言ってもスプレッド・手数料の低さです。スキャルピングに最適です。

ECNのデメリット

ECNのデメリットは資金が大きくなると、インタバーンクへの取引が通りにくくなります。つまり約定能力が低いのです。

さらにECNアカウントは最低入金額が多いところがあります。一昔前までは最低でも5,000ドルという様な高額なところが多かったですが、最近では手頃にECNアカウントを持てる様になりました。

またスプレッドが低くアービトラージに最適かの様に思えますが、インターバンク直結のために価格差が生まれにくい環境であります。つまりアービトラージはなかなかできません。

最後にまとめ

結局のところどこのブローカーが良いか?と言いますと、国内の様なスプレッドが低いNDDか、ECNです。

国内のFX業者は自動売買には対応していませんが、スプレッドが低く有利に取引が行えるという良さがあります。

一方でECNはMT4の自動売買にも対応しており、スキャルピングが可能です。スプレッドが低いところが多いです。アービトーラージができるブローカーはなかなかありませんが、STPよりも断然良いです。