Ftec(エフテック)のICOを実施します。

Ftecは自動売買やアービトラージのシステムなどのサービスをすでに持っている企業です。

現在はICO前ですが、もともと2万人を超えるコミュニティーをもっています。

ICOBenchでも5.0満点になっている暗号通貨です。

FTECとは何?

Ftecのサイトはこちら

・フィンテック企業
・システムは多くの取引所に対応

FTECはフィンテック企業であり、暗号通貨マーケットにおいてトレードやネットワークなどのあらゆるサービスを統合したサービスを提供します。

すでに多くの取引所にシステムが対応しています。

FTECのサービスのコンセプト

Ftecのサイトはこちら

・良い環境でトレード
・ユーザーに多くの利益を得て欲しい

FTECのコンセプトとしてはトレーダーがより良い環境でトレードを行うことをサポートし利益を向上させることにあります。

具体的には以下のようになっています。

(1) トレードの効率UP

(2) 時間の節約

(3) 最新トレードを入手

(4) ユーザーのトレード戦略の改善

(5) トレードのリスク軽減

(6) 暗号通貨トレードの詳細を学習

FTECのサービス

Ftecのサイトはこちら

・15のオリジナルサービス
・自動売買のシステムがある
・アービトラージもある

FTECが提供するサービスは15のオリジナルのサービスがあります。

中でもスマートトレーディングシステム(自動売買のシステム)とアービトラージに注目してます。

スマートトレーディングシステム

自動売買のシステムです。FTECがそれぞれの取引所でユーザーに代わりトレードしてくれるという仕組みです。

現在の完成状況としては「テスト段階」です。

マネージメントモジュール

一般的には多くの取引所では「TP(利確)」「SL(損きり)」が同時に設定が出来ません。FXとかだと設定できて当たり前ですが、取引所では設定出来ないもんです。長期間の利益を出せるようにこれらを管理するというモジュールです。

現在の完成状況としては「改良中」です。

ポートフェリオマネージメント

複数の暗号通貨を一つのウォレットで管理するためのウォレットです。

現在の完成状況としては「開発初期」の段階です。

ソーシャルアシスタントを適応

FBやTwitterなどのSNSで暗号通貨関連の情報を一括で確認できるというシステムです。

トレーダーはこのような生のユーザーの声をすぐにチェックし、トレードに活かせます。

現在の完成状況としては「ローンチ」している段階です。

ニュースの背景を解析

AIによって膨大なデータを解析し、ニュースによる影響を解析します。

現在の完成状況としては「開発初期」の段階です。

価格のお知らせ

ユーザーが指定した価格まできたらアラートがでます。

現在の完成状況としては「改良中」です。

トレーダーの行動を解析

取引所で行われるトレーダーの心理状況と行動を解析します。

これによりトレードの傾向をつかむことが出来ます。

現在の完成状況としては「開発初期」の段階です。

アービトラージのアシスタント

その名の通りアービトラージをサポートしてくれるシステムです。

暗号通貨の市場では他には無いくらいボラティリティがあります。

ある一部の取引所においてたった数分間で数パーセント変化することもよくあります。

その差分で利益を得ることをサポートするシステムです。

現在の完成状況としては「ローンチ」している段階です。

テレグラムのコミュニティ

トレードが詳しくて頼りになるトレーダーたちからテレグラムにてアシスタントしてもらえるというものです。

現在の完成状況としては「開発初期」の段階です。

取引量の解析

リアルタイムで取引ボリュームを解析します。

それにより明らかに異常な状態かどうかを見極めるのに役立てます。

現在の完成状況としては「改良中」です。

推奨トレードのプラットフォーム

システムが相場環境を解析し、推奨するトレードを示します。

いわゆる「シグナル配信」です。

現在の完成状況としては「開発初期」の段階です。

デスクトップアプリ

WindowsやMacやLinuxなどのあらゆる主要なOSに対応しているアプリです。

現在の完成状況としては「開発初期」の段階です。

モバイルアプリ

メッセージやトークンの送付を簡単に行うことができるアプリです。

現在の完成状況としては「レビュー」の段階です。

クリプトアカデミー

トレードによる損失リスクを下げるために、暗号通貨トレードの基本的なことを学べる仕組みが用意されています。

現在の完成状況としては「レビュー」の段階です。

グローバルプライスアナライザー

あらゆる取引所の価格を監視し、今現在どこで購入するのがベストなのか?を解析してくれるシステムです。

現在の完成状況としては「改良中」です。

Ftecの特徴の比較

Ftecのサイトはこちら

・FTECは他よりも優れている

FTECの他に暗号通貨のマーケットで人気のフィンテックツールは何個かあります。「TradingView」「Coinigy」「Coins Stats」などです。

それらと比較しFtecが優れていると自身で公開している特徴としては以下のものが挙げられています。

(1) 効率的で素早いトーレド

(2) 柔軟なお知らせのシステム

(3) 暗号通貨のポートフェリオを簡単に管理

(4) マルチレベルのパートナープログラム

(5) ニュースのバックグラウンドを解析

(6) クロスプラットフォーム

(7) トレードの学習

(8) ユーザーの知識を収益化する

(9) ユーザーの行動パターンの解析

Ftecの実績

Ftecのサイトはこちら

・自動売買システムを提供
・アービトラージも可能
・TradingViewの有名アカウント
・コミュニティーメンバーは2万人

Ftecは既に何年も前からフィンテックのサービスを提供して来ます。

COINBOT.CLUB

Ftecのサイトはこちら

CoinBot.clubでは自動売買や自動のアービトラージのサービスを提供しています。

自動売買(BOTS)は3種類のストラテジーが用意されています。

ここ直近90日間のトレード実績としては216-306%になっています。

トレード結果は公開されており、グラフだとこの様になっています。

一つずつのトレード結果は以下のように公開されています。

Binanceを使ってCoinBot.clubで現在運用しています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

Cryptoangels

Ftecのサイトはこちら

暗号通貨トレーダーなら誰でも知っているTradingViewで有名なアカウントです。

テレグラムのコミュニティー

Ftecのサイトはこちら

FTECが運営しているテレグラムのコミュニティがあります。

Ftecが運営しているテレグラムのコミュニティでは2万人も参加しています。

Ftecの評価

Ftecのサイトはこちら

・ICOBenchの評価点:5.0点
・ICOBenchの評価人数:11人

ICOBenchによる評価点は5.0点です。またエキスパート11人により評価されています。

Ftecのアドバイザー

Ftecのサイトはこちら

・ICObenchが2人
・Cossの共同設立者

アドバイザーは豪華です。

「Tyler Sanford」「Vladimir Nikitin」のお二人はICOBenchのエキスパートです。

「Andrei Popescu」はCoss.ioの共同設立者です。

トークン

Ftecのサイトはこちら

・トークン名:FTEC
・価格:1ETH=3,960FTEC
・発行量:998,400,000
・タイプ:ERC20
・ソフトキャップ:4,000ETH
・ハードキャップ:55,000ETH
・BURN:売れ残りはBURN

プレICOは4/11(水) – 5/8(火)、ICOは5/29(火) – 6/21(木)に予定しています。

ボーナスはプレICOでは45-55%、ICOは0-30%になります。

ソフトキャップは2,000ETHです。

ハードキャップはプレICOでは4,000ETH、ICOでは55,000ETHです。

プレICO

・期間:4/11(水) – 5/8(火)
・ボーナス:45-55%

ICO

・期間:5/29(火) – 6/21(木)
・ボーナス:0-30%

登録方法

Ftecのサイトはこちら

FTECの登録方法についてです。

以下を参考に登録を行ってください。

(1) 「名前」「メールアドレス」「居住地」「購入予定量(イーサリアム)」を入力してください。

登録が完了するとこのようになります。

以上で登録は完了です。

FAQ

Ftecのサイトはこちら

ソフトキャップはいくらですか?

プレセールにて2,000ETHです。

ハードキャップはいくらですか?

プレセールでは4,000ETH、トークンセールでは55,000ETHになります。

ICOはいつ終了?

6/21(木)に終了予定です。

最小金額はある?

はい、0.1ETHです。

Ftecの上場はいつ?どこの取引所?

Ftecの上場は未発表です。

トークンはBURNしますか?

はい、BURNします。

 

FtecのICOにはリスクはありますか?

はい、あります。全ての投資にはリスクがあります。損する可能性があることを十分理解し、投資を選択してください。

スマホアプリはどういうのですか?

こういうのです。

トークンの内訳はどうなってますか?

このようになっています。

APIとは?

APIはウェブ上で外部から利用するための物です。

FTECの場合はこの様な図式になっており、各取引所のユーザーのアカウントにFTECがアクセスし、解析します。

APIとは

ソフトウェアからOSの機能を利用するための仕様、またはインターフェースのこと。一般的にAPIといった場合は、OSの機能を利用するための関数を指す。APIの概念が登場するまでは、OSの機能を利用するためのプログラムをそのつど開発していたが、APIの登場によりそれらの関数を呼び出すだけでOSの機能を利用できるようになった。最近では、Webサービスの機能を外部から利用するためのインターフェースもAPIと呼ばれる。

フィンテックとは何ですか?

以下はフィンテックについてです。

フィンテックとは

フィンテック、Fintech(英: financial technology)とは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジーの略。「ICTを駆使した革新的(innovative)、あるいは破壊的(disruptive)な金融商品・サービスの潮流」などの意味で使用される[1]。既存の金融機関が持つ総合的な金融サービスのうち、顧客が必要とする一部の機能のみに特化することで、低コストでサービスを受けることが可能となる。

チームのトークンはいつまでフリーズされますか?

1年間フリーズされます。

ソフトキャップに到達しない場合はどうなりますか?

自動で返金されます。

こちらは無料でトークンがもらえるエアドロップの一覧です。
  • Ripple
    リップル 取引所の購入はどこが良い?Ripple(XRP)のスプレッドと手数料の比較。
    Ripple
    XRP
    リップル
    取引所
    2018.04.12
  • AirDrop
    EFFORCEがエアドロップ。登録&タスクでトークンが無料で貰えます。
    EFFORCE
    ICO
    エアドロップ
    仮想通貨
    2018.04.12
  • AirDrop
    BitMart 取引所がエアドロップ – アメリカ政府のMSB登録済みのビットマートで20BMXが貰える。
    BitMart
    pickup
    ビットマート
    仮想通貨
    2018.04.12
  • Exchange
    取引所の比較。取り扱いコインが多く、手数料が安く、取引量が多く、安全な所はどこ?
    pickup
    エアドロップ
    仮想通貨
    取引所
    2018.04.12
  • Exchange
    海外の取引所の一覧まとめ。最新情報はこちらにアップしていきます。
    pickup
    一覧
    仮想通貨
    取引所
    2018.04.12
  • Ftec ICO エフテックは自動売買&アービトラージを提供するフィンテック企業による暗号通貨