イーサリアム(Ethereum)の現在のドル建て価格を知る方法について紹介する。

なお世間的に初心者が良く使う「仮想通貨」というワードは本来は「クリプトカレンシー」である。何のことか分からないユーザーの方は同じと思っていただければいいかと思う。

イーサリアムとは?

イーサリアムはビットコイン(bitcoin)に次いで世界で二番目に人気のあるクリプトカレンシーである。

人気というのは置き換えると時価総額の事を意味しており、現時点では世界で2番目に時価総額が高いクリプトカレンシーである。

イーサリアムの情報を知る事はビットコインと同様に重要な事であると筆者は思う。

イーサリアムの詳細に関してはこちら。

ドル建てとは?

ドル建ての価格とは「ドルの価値ならいくら?」という意味である。

イーサリアムの価格が$200の場合には、「ドル建てで$200」「円建てなら22,000円」になる。*ドル円が110円として試算。

世界の基本は日本円では無く、ドル。あるいはユーロである。日本円で知ることも悪くは無いが、基本はドルでいくらかを知っておくべきである。

なぜならクリプトカレンシーのニュースの多くは世界中から得る情報である。おそらく日本で報道されるニュースの多くは元は海外で報道されたものを日本語にして報道されている。

海外のニュースをチェックし、そこで書かれている内容をいちはやく知ることが重要である。その為にもドル建ての価格をしっかりと抑えていく必要がある。

ただしチャートでドル建て価格を知る事は決して難しくは無い。むしろウェブサイトやアプリにおいては海外で作られているものが多く、大体の場合にはドル建てである。

サイトでドル建て価格を確認

CoinMarketCap

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)はクリプトカレンシーのトレーダーなら誰もが知っているサイトかと思う。

ここでは現在の価格や時価総額が分かる非常に便利なサイトである。

世の中に出回っているクリプトカレンシーのほとんどがここで公開されている。

このCoinMarketCapにおいてはデフォルトで表示されている価格はドル建てである。

公式サイト:coinmarketcap.com

CoinGecko

CoinGeckoもCoinMarketCap同様に古くからあるサイトである。

こちらもデフォルトでドル建てになっている。

このCoinGeckoの扱いやすいポイントは通貨を変更できる所である。基本設定は「USD」であるが、これを「JPY」にも変更することが可能である。

そのほかにも「AUD(オーストラリアドル)」「EUR(ユーロ)」「CNY(中国元)」「CHF(スイスフラン)」などあらゆる信用貨幣にも対応しているところが凄い。日本人の場合にはおそらく「USD」「JPY」くらいしか表示させないと思うが、世界中の人がCoinGeckoを使用できるように対応している。

公式サイト:coingecko.com

CryptoCurrencyChart

上記のCoinMarketCapやCoinGeckoと同様のサイトである。

tだCryptoCurrencyChartの良いところは一つのチャートに複数のクリプトカレンシーを表示できるという点である。

このチャートでは「イーサリアム」のほかに「Bitcoincash(ビットコインキャッシュ )」「Litecoin(ライトコイン)」「Monero(モネロ)」「Dash(ダッシュ)」も同時に表示ができている。

基本的にはどの通貨も市場のファンダメンタルの影響を受けるために同様の動きを示す。ただ低迷している時期においてもやはりコインごとのプロジェクトの進行具合などにより強弱がある事を見ることができる。

そのほかにも使い道があると思うが、それは各自でご覧いただきたい。

公式サイト:cryptocurrencychart.com

CryptoWatch

CryptoWatch(クリプトウォッチ)は日本発のサイトである。

こちらは一つの画面に各クリプトカレンシーごとのチャートを表示できるのが非常に便利である。

公式サイト:cryptowatch.jp

スマホでドル建て価格を確認

CoinMarketCap

サイトでもお馴染みのCoinMarketCapはスマホアプリでも存在する。

これは非常に使い勝手が良く、誰でも簡単にドル建ての価格を知ることができる便利なツールである。

Blockfolio

ポートフェリオとして資産をチェックできる便利なアプリである。

2017年頃はこのようなポートフェリオのアプリは少なく、多くの日本人トレーダーが使用していた。

このアプリはただポートフェリオを確認するだけに使えるのでは無く、設定できるコインの数が他のアプリに比べて圧倒的に多くを取り揃えていた。

その為、以前では多くの人がこれを利用していた。

もちろん表示される価格はドル建ても利用することができる。ただし価格を見ることには不便しないが、チャートが表示されないものが多いのが欠点である。

BitScreener

こちらも多くのコインを扱っているアプリである。

このアプリの良いところは「コインの数が多い」「チャートを表示できる」という点である。こちらも当然ドル建て表示ができる非常に便利なアプリである。