イーサリアムの非中央集権化プラットフォームに関して記述する。

リップルテザーは中央集権であるが、イーサリアムは非中央集権の代表的な仮想通貨である。

なお仮想通貨という表現が好ましくないのは百も承知であるが、ビギナーが多い一般人にもわかる様に「仮想通貨」と記載する。本来これらは「crypto currency /クリプトカレンシー / 暗号通貨」である。

イーサリアムとは

イーサリアムは現在時価総額2位のクリプトカレンシーである。

イーサリアムはスマートコントラクトによる非中央集権プラットフォームを搭載しているのが特徴である。

非中央集権とは

非中央集権とは中央集権ではない事を意味している。つまり権力が集中しておらず複数で権利を持っている仕組みの事を意味する。

イーサリアムは非中央集権の代表的なプラットフォームである。

イーサリアムは中央集権?

PoWを採用しているから中央集権?

イーサリアムは「Decentralized (非中央集権)」のプラットフォームであるが、中央集権であると言われることもある。

イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムは現在プールオブワーク(PoW)である。これは「Ethan」というASIC体制を持つアルゴリズムである。

一般的には「PoWは分権化されたマイニングアルゴリズム」と勘違いされている。その理由としてはPoWでは巨大な電力を必要とし、より高速でパワフルなASICを持つ組織のみがマイニングの可能性が高くなるからである。

結果として、理論的には特定のものが協力してイーサリアムを51%攻撃を行うことも可能である。

PoSへ移行しても中央集権?

イーサリアムは非中央集権であるとされている一方で、プルーオブステーク(PoS)へと移行する予定を発表している。

PoSのマイニングでは保有数に基づいてマイニング報酬を得ることができる。これにより特定の者がマイニング報酬を多く得ることができるために「中央集権」だと言われることもある。

これは考え方次第ではあるが、イーサリアムのVitalik氏が「非中央集権」と言うならばそうであるかと思う。