イーサリアムのチャートで相場を簡単にチェックする方法について解説する。

チャートを見るにも「ただ簡単にすぐ見たい」「トレードする為に見たい」「テクニカル解析したい」など人それぞれ目的があるかと思う。

以下それぞれの目的にあったチャートを紹介する。

イーサリアムとは

イーサリアムは現在時価総額2位にあるクリプトカレンシーである。

時価総額とはそのクリプトカレンシーの価格の総額を示している。

仮にイーサリアムが$100の価格として、それが市場に1億枚のETHが出回っているのであれば、それは時価総額が$100億となる。

つまりそれ自体が大きいほど、価値があるとされている。

チャート

今いくら?現在価格は?

今現在のイーサリアムの価格はこのようになっている。

チャートを見る方法

多くの人がチャートを見るパターンとしては以下の場合かと思う。

  • どこかのサイトでチャートを見る。
  • 取引所でチャートを見る。
  • スマホアプリでチャートを見る。

上記3パターンはそれぞれ特性がある。

パソコンユーザーはどこかのサイトでチャートを見るパターンかと思う。これは簡単に見れるからである。

取引所でチャートを見るのは本気でトレードしようとしている場合かと思う。これは「売値」「買値」のスプレッドが見れる為に、実際の姿に最も近い。なおログインが必要だったりと手間は掛かる。

多くの人はスマホアプリでチャートを見るパターンかと思う。これは実際の「売値」「買値」とは多少違う部分もあるが、すぐに簡単にいつでも見れる為非常に便利である。

サイトでチャートを見る

CoinMarketCap

おそらくサイトでチャートを見る際に最も使われているのがこれかと思う。

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)は2013年4月からサービスを開始しているサイトである。

その頃はまだクリプトカレンシーがとの中に7つしか存在していなかった時代である。

現在では1,000以上のクリプトカレンシーが世の中には存在するが、その頃にはそれほどの規模だったのである。

このCoinMarketCapが古くからサービスを提供している老舗という事はわかっていただけたかと思うが、価格の推移を見るだけの「チャート」だけで無く、「時価総額」も確認することができる。

チャートとしてはズームする可能であり、短期から長期までチャートを見ることができる。

ちなみにCoinMarketCapは無料サービスである。

COINIGY

COINIGYは高機能なチャートやアービトラージを表示させることができる。

チャートを見る程度であれば無料で利用することが出来るが、アービトラージなどの特別なツールを使う場合には月額の費用が掛かる。

またAPIを利用することでこの高機能チャートからスムーズにトレードすることも可能である。取引所によってはサーバーが重いのをCOINIGYを使用するとサクサクと取引が行えるのもメリットである。

TradingView

TradingViewこちらも老舗のサイトである。もともとForexやStockなどに対応しているトレードプラットフォームであるが、以前からいち早くクリプトカレンシーにも対応していた。

現在では時価総額上位にないクリプトカレンシーでもTradingViewを使用することが出来る。

というのも「Binance」「Bitfinex」「Poloniex」といった大手取引所にあるものであれば表示することが出来るからである。

なおチャートを見るような簡単な機能であれば無料で利用することが出来る。

インジケーターをダウンロードするなどの高機能なものは有料な場合もある。

取引所でチャートを見る

海外ならBinance

海外であればBinanceを利用してチャートを見るのが良い。前述したが、どちらかというと取引所でチャートをみるユーザーはトレードするのが目的かと思われる。

バイナンスは世界一の取引所であり、あらゆる面で他を凌駕する。

もちろんチャートもサクサクと動きストレスなくトレードをすることが出来る。

国内ならbitFlyer

国内ならbitFlyerが良い。一応bitFlyerが国内で最も取引量が多い取引所とされている。

筆者自身も国内の取引所であれば、ここ以外に使う事はほぼ無い。

チャートも見やすく、日本円に換金した際にもすぐに対応される。

その他

BinanceやbitFlyerなどで取り扱っていないものであれば、まずはCoinMarketCapでどこの取引所で上場しているか?をチェックしてからその取引所に移動するのが便利である。

スマホアプリでチャートを見る

CoinMarketCap

実はここでもCoinMarketCapが登場する。スマホアプリでもあり、サイト同様に使い勝手が非常に良い。

イーサリアムはもちろんあるのだが、マイナーなコインもチェックすることができる。

BitScreener

ビットスクリーナーはマイナーなアルトコインでもチャートを見ることが出来る為に便利である。

後述するBlockfolioに比べると扱っているコインは少ないのだが、それでも一般の人には十分なほどである。

自分でクリプトカレンシーをウォッチリストに追加しておくと、アプリを起動した瞬間にそれの価格を知ることが出来る。

Blockfolio

ポートフェリオで自分が保有しているコインを設定すると、現在の保有額が分かるという優れものである。

現在は似たようなアプリが登場しているが、2017年当初にはそのようなアプリが無く「Blockfolio」を重宝していた。

ただ難点がある。それはマイナーコインのチャートが表示されないという所である。ただし現在価格はリアルタイムで表示されるので、それをただ見るだけであれば非常に便利である。