Binance(バイナンス)でトレードする一流のみなさんにはデバイスのセキュリティをなるべく安全な状態にしていていただきたく記載する。

なお「Crypto Currency / クリプトカレンシー /暗号通貨」をなぜか日本では「仮想通貨」と呼ぶ。こちらの記事ではあえて「仮想通貨」というワードを用いて解説する。それはビギナーにとっては「仮想通貨」の方が分かりやすいからである。

Binanceとは

Binanceは世界一の取引高を持っている「Crypto Currency Exchange(クリプトカレンシーエクスチェンジ)」である。「Virtual(仮想)」というワードは無いが、日本では「仮想通貨取引所」と呼ばれている。

Binanceに関してはすでに多くの人がご存知かと思う。詳細に関してはこちらの記事を参考にしていただければ幸いである。

なぜセキュリティーが重要か?

ウォレットから資金を盗まれる可能性は0では無い

筆者自身はウォレットから資金を盗まれたことは一度も無い。

だが、巷ではあらゆる取引所やウォレットなどでハッキングされたという被害が報告されている。

セキュリティーは最高な状態にしておく

セキュリティーは万全な状態は無いと思う。だからこそ限りなくリスクを0に近づく様に務めておくべきである。

ポイント
セキュリティーは最高の状態にしておいて損は無い。

デバイスとは?

デバイスはコンピューターに使うハードウェアの事を言う。

クリプトカレンシーに関連する所だと、パソコン、スマホ、ハードウォレット、マイニングマシンといった所かと思う。

とくに一般的にユーザーが最も使用するのがスマホ、その次にパソコンになるかと思う。これらから情報を盗まれて資金を奪われない様にするためにもセキュリティはより安全なものにしておきたい。

デバイスとは

コンピューターに接続して使うあらゆるハードウェアのこと。マウス、キーボード、プリンター、ディスクドライブ、ネットワークアダプターなど、あらゆる装置を指す。CPUや電源など、内蔵されている部品もデバイスに含まれる。パソコンで新しいデバイスを使うには、デバイスドライバーというソフトウェアをインストールする

コトバンクより引用

ポイント
デバイスは「スマホ」「パソコン」等の事をいう。

デバイスのセキュリティー

最新のデバイスを使用

やはり最先端を進んでいるクリプトユーザーなら最新のデバイスを使用しておくべきである。

当然だが最新のものはハードが最新技術により構築されており、処理速度が早く最新のOSに対応している。お金がなく古いデバイスを使用しているのであればそもそも投資をやめた方がいいレベルである。

ポイント
最新のデバイスは処理速度も早く、最新OSに対応している。

最新のOSを使用

OSは常に最新を使用することが望ましい。

良く聞く話が「新しいOSは不具合が多いから、様子見て新しいものにアップデートした方がいい」という謎の意見。そんなリスクの低い問題についてはいちいち考えたことすらない。

最新のOSではセキュリティー面のバグなどが修正されていて、より高い安全性をもっていると言える。

ポイント
OSは迷わずアップデートして欲しい。

最新のウィルス対策ソフトを使用

筆者はApple社 MacBook Pro 15インチを使用している。

基本的にMacはセキュリティーが高くウイルス対策ソフトをわざわざいれなくても良いとされているが、導入している。

なぜならそれらのソフトの価格は安いからである。40万円近くするPCを使用して1万円以下のソフトをケチるのはナンセンスである。

もしウィルス対策ソフトを値段を理由にして導入していないのであれば、そもそもクリプトカレンシーへの投資はやめた方がいいかと思う。

ポイント
ウイルス対策ソフトは安い。不要だとしても必ずいれて欲しい。