仮想通貨というワードでは無く、「暗号資産」と名称変更すると金融庁は発表をした。

方針に関してはいまいち分かりにくいが、お役所さんには「暗号資産」というワードを定着して頂きたいと思う。

日経新聞より引用

金融庁はビットコインなどインターネット上で取引される仮想通貨の呼び名を「暗号資産」に改める。日本円やドルなどの法定通貨と誤解される恐れがあるほか、20カ国・地域(G20)会議などの国際会議で暗号資産との表現が主流であるため日本でも統一する。

情報ソース:仮想通貨、「暗号資産」に名称変更へ 金融庁 

G20で協議?

法定通貨と誤解される恐れがある

それ本当に思ってるの?と疑いたくなるが、お役所さんは高学歴で我々のような一般人よりも賢い。

賢い方々が一生懸命考えた末の結論であるからそうなのだろう。

ポイント
お役所のみなさまご苦労様です。

他国が「Crypto Asset」と呼んでた

みんなそう言ってるから…流行っているから…というパターンである。

ある意味で「Crypto Currency(クリプトカレンシー / 暗号通貨)」もそうである。初期に誰かがそう呼んで世界中でそういう風に呼んでいる。

「仮想通貨」もある意味同じである。なぜか日本では「仮想通貨」とみんな呼んでいる。だからみんな「仮想通貨」と呼ぶ。日本で考えるか世界で考えるかの違いである。

「Crypto Asset(クリプトアセット / 暗号資産)」はあまり聞かないが、世界のお役所さんのトップで馴染みのワードの様である。

ポイント
好きにして。

余談

検索エンジンで「Crypto」と打ってから「A」を入れた時点で予測ワードにすら「Crypto Asset」が出て来ない….

呼び名を改める?

仮想通貨の定着はすごい

仮想通貨という呼び名を改めるという方針の様だが、そうしたとしてもすでにわんさかいるビギナー達が「仮想通貨」で定着している。

これを今更「クリプトアセット」に呼び名を変えたとしても定着は困難である。

なぜならもともと本来呼ばれていたワードは「クリプトカレンシー(暗号通貨)」であったが、それを今では「仮想通貨」とみなさんが呼んじゃっているからである。

現在一番多い呼び方は「仮想通貨」、二番目に「暗号通貨(クリプトカレンシー)」、三番目に「暗号資産(クリプトアセット)」である。

DMMのCMに期待したい

毎回このネタで申し訳ないが、このDMMのCMの影響はすごい。

本当にXXなCMと思うが、世の中にこれを通して「仮想通貨」というワードをインプットさせている一因かと思われる。

お役所さんとしてもこういうCM制作にも関与し、「暗号資産(クリプトアセット)」を浸透させてもらいたく思う。

個人的な思いとしては次回のCMではきちんと訂正をして頂けると良いかと思う。

後輩「先輩、仮想通貨って知ってる?」

先輩「お前まだそんなこと言ってるの?暗号資産でしょ?金融庁がそういう風に呼ぶって方針やねん」

といった具合である。

ポイント
本当CMの影響はすごい。「暗号資産(クリプトアセット)」verのCMにしてほしい。