仮想通貨で良く聞く言葉であるCentralized(中央主権)、Decentralized(非中央集権)、Distributed(分散型)の3パターンについて解説する。

これらはそれぞれ特徴を持っており、どれが良いかを一概に述べることは難しい。良い点も悪い点もある。基本的な知識ではあるが、クリプトカレンシーのユーザーであれば知っておいていただきたい。

なお「仮想通貨」はビギナーが良く使う言葉であり、ふさわしく無いワードでは無い。本来の正確な言葉は「Crypto Currency / クリプトカレンシー / 暗号通貨」であるが、ビギナー向けにあえて「仮想通貨」という言葉を使用する。

この記事のポイント
  • Centralized(中央主権)、Decentralized(非中央集権)、Distributed(分散型)の3パターンがある。
  • 中央主権は権利が集中している。不正があれば問題。リップルやテザーが代表例。
  • 非中央集権は権力が集中してない。決定が遅いのが問題。イーサリアムが代表例。
  • 分権は権利は別れているが、集中している。ビットコインが代表例。

仮想通貨とは

仮想通貨に関しては説明不要かと思うが、こちらを参照いただきたく思う。

いわゆる「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」などのクリプトカレンシーを「仮想通貨」と言う。これらはブロックチェーン技術に基づいて構築されているものである。

日本国内では「DMM」「GMO」などの大手企業も仮想通貨へ事業を展開してきている。一方でビットコインの実用化はまだまだ一般時の生活には普及しておらず、今後それらが生活の一部になると多くの人が予測している。

権限の種類について

権限の種類

権限の種類だが、Centralized(中央主権)、Decentralized(非中央集権)、Distributed(分散型)の3パターンがある。

これらをイメージしたものがこちらのイメージ図であるが、まさにこの通りである。

それぞれの違い

Centralized(中央主権)、Decentralized(非中央集権)、Distributed(分権型)はそれぞれ特徴が異なっている。

どれが良い、悪いというものでは無い。そもそもの仕組みが異なっているのである。

中央集権
特徴 権利が集中している。
良い点 権力者により決定され、突き進む。
悪い点 管理者が不正を起こす。
非中央集権
特徴

権利が集中していない。処理が複数のノードに分散されている。

良い点 不正が起こりにくい。
悪い点 決定がされず、廃れていく。
分権
特徴 権力が集中している。処理がノード複数のノードに分散されている。
良い点 不正が起こりにくい。
悪い点

中央集権型

中央集権とは

中央集権とは簡単に言うと「集中した権限」の事を言う。

クリプトカレンシーの例

中央集権型のクリプトカレンシーは多く存在する。代表的な例では「リップル」や「テザー」がそれにあたる。

リップル社が発行しているXRPは、リップル社が権限を持ち管理されている。

同様にドルテザーも同じである。テザー社によってUSDTは管理されており、テザー社が不正によりUSDTを大量に発行する事もできる状態である。

取引所の例

中央主権型は海外の取引所で言うならば「Binance」、国内なら「bitFlyer」などがそれに当たる。

つまり取引所の場合には、管理している企業が存在しているのである。

中央集権型の良い点

中央集権とは誰か権限を持つ人たちがいて、それに依存することを言う。中央集権の良い部分は舵取りがいると言うことかと思う。

中央集権型の悪い点

中央集権型の悪い部分は権利を持っている者が悪用できるという点である。

例えばマウントゴックスのように権力を持っている者が好き勝手できるのである。これが中央集権型の悪い点である。

さらにはテザー社の問題も同様である。テザー社はUSDTを不正に発行していると言うことを否定をしているが、中央集権ではそのようなトラブルが常につきまとっている。

非中央集権型

クリプトカレンシー

代表的な例でいうと「イーサリアム」が「非中央集権型」である。

イーサリアムはスマートコントラクトを実行させる非中央集権型のプラットフォームである。

Ethereum is a decentralized platform that runs smart contracts: applications that run exactly as programmed without any possibility of downtime, censorship, fraud or third-party interference.

オンラインカジノの例

現在存在しているオンラインカジノの多くは中央集権型である。

そのため、オンラインカジノでは不正をされていたとしてもそれを見抜くことはほぼ不可能であると良く言われる。

それはカジノを動かす権利者により仕切られているからである。それらの問題を解決する策として「非中央集権化プラットフォーム」を導入するというカジノのプロジェクトが存在する。

そのほかにも不正を問題解決するためのプロジェクトでは「非中央集権化プラットフォーム」のものが良くある。

取引所の例

非中央集権の取引所が2018年現在では多く存在する。これらはハッキングなどのリスクは中央集権プラットフォームに対して極めて少ないとされている。一方でBinance(バイナンス)などの取引所に対して全く取引量が低く活発ではない。

非中央集権の良い点

非中央集権の良い点で言えば、「不正を防止」できるという点である。これは中央集権に比べて明らかに違う点である。

中央集権の問題点を「非中央集権」では解決できるのである。

非中央集権の悪い点

非中央集権の悪い点は「決定が遅い」という点である。

権力が集中していないために、まったく進行しないのである。取引所が良い例である。

「非中央集権」の取引所は最近では多くあるが、それらの多くは利用者が非常に少ない。やはりリーダーシップを取る者がいないと廃れやすいのである。

分権化・分散型

分権型とは

「非中央集権」と「分権」については違いが非常に難しい。「分権型」は「集権型」と「非中央集権型」のハイブリッドタイプかと思われる。

日本のサイトではそれについて全く説明がされておらず、多くの人が「非中央集権」=「分権」と勘違いしているに違いない。

それらの大きな違いは「どこでどのように決定するか?」とされている。そしてシステムを通じてどのようにその情報がシェアされるかが異なる。

難しい話だが、大きな違いとしては以下の様である。

  • 非中央主権は決定権が複数になっており、処理作業もが複数のノードに別れている。
  • 分権型は決定権は別れているが、集中化している。処理作業が複数のノードに分散されている。

つまり分権型は集権型と非中央集権型のハイブリッドタイプである。

What is the difference between decentralized and distributed systems?

The primary difference is how/where the “decision” is made and how the information is shared throughout the control nodes in the system.

Decentralized means that there is no single point where the decision is made. Every node makes a decision for it’s own behaviour and the resulting system behaviour is the aggregate response.

参考ページ:medium.com/distributed-economy

クリプトカレンシーの例

分権型といえばビットコインである。

ビットコインはご存知の通り世界で最初の分権型P2Pデジタル通貨である。

それらはブロックチェーン技術により構築されており、複数のノードに分散されて処理が実行されている。

ビットコインは誰のものでも無く、全ての人がトランザクションなどの情報を監視することが可能である。ビットコインの思想では多くの人がそれを監視する事により不正をさせないという事に基づかれている。

分権型の良い点

分権型は中央集権・非中央集権のハイブリッドであるという点である。

どちらも極端な部分があるが、分権型ではちょうど良くなっていると感覚的に思っていただければ良いかと思う。