仮想通貨の送金に掛かる時間を調べる方法について紹介する。海外サイト「bitinfocharts.com」ではブロック形成に掛かる時間を知ることができるので非常に便利である。

なおこちらの記事では「仮想通貨」というワードを用いて解説する。本来は「Crypto Currency / クリプトカレンシー / 暗号通貨」であるが、ビギナーのみなさんでもわかる様な「仮想通貨」を用いて解説させて頂く。

仮想通貨とは?

仮想通貨はもともと使用していた仮想のコインから名前を由来する。ビットコインなどはクリプトカレンシー(暗号通貨)と呼ばれていたが、現在では仮想通貨という全く別のものだったものとごちゃまぜで呼ばれている。

この日本では「仮想通貨」と呼ばれているものはブロックチェーンの技術により構築されているのが特徴である。代表的なものでは「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」などがあるが、1,000以上の銘柄が存在している。

ポイント
仮想通貨はゲーム中で使用されるバーチャルなコインの事だった。ビットコインはクリプトカレンシーである。
なぜか日本ではごちゃまぜで現在は仮想通貨と呼ばれている。世界的には「Crypto Currency / クリプトカレンシー」である。
これらはブロックチェーン技術を採用されている。

ブロック形成とは

そもそもブロックチェーンの仕組み

ブロックは取引履歴データであるトランザクションによる集合体である。さらにはそのブロックがつなぎ合わされているのがブロックチェーンである。

送金される際には、このブロック形成を承認される必要がある。これには膨大なコンピューターの計算が必要でありこれをマイニングと言う。

つまりブロック形成に掛かる時間は少なからず送金に掛かる時間である。ここから「二重支払いなどの不正を排除」「合意形成を作る」ステップがある。

ポイント
ブロック:トランザクションの集合体。
ブロックチェーン:ブロックがつなぎ合わされたもの。
送金に掛かる時間 > ブロック形成に掛かる時間。

ブロック形成に掛かる時間

bitinfocharts.com

Bitinfocharts.comでは様々な情報を確認することができるが、その中に「Block Time(ブロック形成の時間)」がある。

ビットコインは現時点では約10分、イーサリアムは0.2分である。

通貨はビットコインの他に複数のクリプトカレンシーに対応している。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ )
  • ETC(イーサクラシック)
  • ZEC(ジーキャッシュ)
  • DASH(ダッシュ)
  • XMR(モネロ)
  • DOGE(ドージ)
  • BTG(ゴールド)
  • VTC(ヴァートコイン)
  • RDD(レッドコイン)
ポイント