ビットフライヤーに関するあらゆる情報のまとめました。

ビットフライヤーを利用する上で不明な点があれば、以下参考にお願いします。

この記事のポイント
  • ビットフライヤーは日本一取引高のある取引所。
  • 海外にも進出している取引所。
  • 売買手数料はほとんどのコインで無料。
  • 入金・出金は簡単にできる。
  • 公式サイト:bitflyer.jp

ビットフライヤーとは

公式サイトはこちら

ポイント
  • 2014年1月に設立した取引所
  • 「仮想通貨交換業」に登録
  • 北米・欧州に進出
  • 日本一取引高が多い取引所
  • CEOは加納裕三さん
  • 日本ブロックチェーン協会の主幹企業
  • 取り扱い通貨は7種類だけ
  • bitFlyerの株主は大手企業ばかり

bitFlyerは2014年1月に設立

bitFlyerは2014年1月に設立された日本の「仮想通貨交換業取引所」です。もちろん「仮想通貨交換業」に登録されています。

bitFlyerは北米・欧州に進出

bitFlyerは2018年になってから北米や欧州に拠点をもつようになりました。

bitFlyerは日本で一番取引高が多い取引所

bitFlyerは日本で一番取引高が多い取引所です。コインチェックやザイフなど日本の取引所がいくつかありますが、bitFlyerが日本一の取引所です。

bitFlyerのCEOは加納裕三さん

bitFlyerのCEOは加納裕三さんという方です。東大出身でゴールドマンサックスでエンジニアとしてシステムの開発に携わっていた経歴を持っています。

1976 年生まれ。2001 年に東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券にてエンジニアとして自社決済システムの開発、トレーダーとしてデリバティブ・転換社債トレーディングに従事。

2014 年 株式会社 bitFlyer を共同設立。
日本ブロックチェーン協会(JBA)代表理事として 2016 年の「仮想通貨法」の成立に尽力。オリジナルブロックチェーン「miyabi」を共同開発(関連技術の特許は一部取得済み、一部申請中)。

2016 年国際会議サイボスにおいて金融サービス分野の形成に貢献した金融イノベーターの 1 人に選出。

過去世界49カ国を旅し、エベレストのベースキャンプまで登山。

bitFlyerより引用

日本ブロックチェーン協会の主幹企業

オフィシャルサイト: http://jba-web.jp

日本ブロックチェーン協会の主幹企業になっています。またCEOの加納さんは協会の代表理事にも就任されています。

協会のコンセプトとしては、「ブロックチェーン技術が安心・安全に日本経済を発展を支える」ということを目的に活動しているそうです。

現在、ブロックチェーンは、安価で便利な決済・送金手段である仮想通貨ビットコインを支える基盤技術としてその重要性が急速に増大しています。
今後、次世代の情報通信技術として、金融サービスや公共サービス等多方面での活用が展望され、その社会的インパクトはインターネットの登場にも比肩すると言われています。
そのようなブロックチェーン技術が、一層安心・安全な技術として、これからの日本経済の発展を支える仕組みの一つになることを目的に、この度日本価値記録事業者協会を改組し、日本ブロックチェーン協会を2016年4月15日に設立する運びとなりました。
また今後当協会は、改正資金決済法が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指してまいります。

またJBAのオフィシャルサイトによると100以上の企業が参加しています。

一部ではありますが、以下の取引所・企業が参加しています。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Kraken(クラーケン)
  • Coincheck(コインチェック)
  • bitExpress(ビットエクスプレス)
  • GMOコイン
  • DasCoin
  • VALU(バリュー)
  • Microsoft(マイクロソフト)
  • avex (エーベックス)
  • Money Partners Group(マネーパートナーザウグループ)
  • SBIホールディングス
  • MONEY SQUARE HD(マネースクエア)
  • Gunosy(グノシー)
  • SANWA SUPPLY(サンワサプライ)
  • セントラル投資FX
  • 三井住友海上
  • 外為どっとコム
  • DMM FinTech(ディーエムエムフィンテック)
  • 東郷証券
  • JTB
  • 三井住友銀行
  • 南部銀行
  • KDDI
  • 損保ジャパン日本興亜
  • ソフトバンクペイメントサービス
  • かんぽ生命
  • 住友商事
  • Mixiグループ(ミクシィ)
  • NISSAY(日本生命保険相互会社 )

取り扱い通貨は7種類だけ

bitFlyerに限らず、日本国内の取引所において扱っているコインの数は少ないです。

bitFlyerでは以下の暗号通貨の取引が行えます。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • リスク

bitFlyerの株主は大手企業

bitFlyerの株主ですが、大手企業が並んでいます。ほとんどの企業が投資をした事がある人なら誰でも知っているレベルの企業ばかりです。

  • SMBCベンチャーキャピタル
  • みずほキャピタル
  • 三菱UFJキャピタル株式会社
  • 第一生命
  • 三井住友海上キャピタル株式会社
  • RECRUIT(リクルート)
  • VENTURE LABO(ベンチャーラボ)
  • SBI
  • DENTSU(電通)
  • QUICK(クイック)
  • GMO
  • B DASH VENTURES(ビーダッシュベンチャーズ)
  • DIGITAL CURRENCY GROUP(デジタルカレンシーグループ)
  • East Ventures (イーストベンチャーズ)
  • Incubate Fund(インキュベートファンド)

bitFlyerのCM

bitFlyerは今までにCMが公開されており、コインチェックなど他の取引所よりも早くCMが公開されていました。

2017年の年末には特にCMが公開されていましたが、最近では新しいCMは出て来ていません。

bitFlyerの強固なセキュリティー

bitFlyerのセキュリティーに関してはこちらをご覧ください。

bitFlyerはコールドウォレットによりユーザーの資金を保護する仕組みになっています。

お客様及び bitFlyer が所有する 80% 以上のビットコインは、ネットワークから隔離されたコールドウォレットに保管されています。コールドウォレットは多数の物理セキュリティロックと、24 時間監視システムにより強固に守られております。

bitFlyerより引用

コールドウォレットはオフライン環境にあるウォレットの事を指す一般用語です。

もちろんbitFlyerにある全ての資産をコールドウォレットに入れることは不可能です。80%はコールドウォレットで管理されているため、ハッキングによるリスクは最低限に止める事ができます。

最近ではbitFlyerだけでは無く、海外を含めて多くの取引所がコールドウォレットで管理するという記述をホワイトペーパーなどで見る機会が増えて来ています。

コールドウォレットとは

コールド・ストレージはコールド・ウォレットとも呼ばれ、もっとも高いレベルのセキュリティを持つビットコインの保管方法です。ウォレットをネットワークにつながっていない、安全なところに保管することを指します。セキュリティの脆弱性からあなたの保管しているビットコインなどの価値記録を守ることができます。またバックアップと暗号化を組み合わせて利用することをお勧めします。

インターネットにつながっていないため、ハッキング等の観点からは安全なものの、物理的な保管に気をつける必要があります。

bitFlyerより引用

bitFlyerの売買手数料は0.01~0.15%

bitFlyerの手数料に関してはこちらをご覧ください。

bitFlyerの売買手数料は0.01~0.15%です。取引金額に応じて手数料は変化します。

これはBinance、Huobi、OKEXなどの世界的に大手の取引所に比べると同等の水準になります。

手数料はBinanceでは0.1%、Huobiでは0.2%、OKEXでは~0.15%になっています。

ビットフライヤーを選ぶ理由

公式サイトはこちら

ポイント
  • コールドウォレットを採用。
  • 日本円に換金できる。
  • 手数料が安い。ほとんどのコインが売買手数料が無料

コールドウォレット

最近では多くの取引所やウォレットで採用されている仕組みです。

取引所のネットワークとは分離した環境で資金を管理しているウォレットです。

理論的にはハッキングされたとしても取引所の資金が一部失う可能性はありますが、全資金を失うということはありません。

日本円に換金できる

海外にある取引所では日本円に換金する事ができませんが、日本国内の取引所ではビットコインなどの主要な暗号通貨を日本円に換金する事ができます。

その為、最低一つは日本国内の取引所のアカウントを持たなければいけません。他のサイトでは比較してランキング形式で示していたりますが、どこを使ってもそれほど差があるとは思いません。

ただ日本で一番取引量が多いと言う所でbitflyerを選んでいるだけです。

低い手数料

「ビットコイン」の手数料は0.01~0.15%です。日々の価格変動からしたら微量です。

「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「モナコイン」「リスク」では現時点では売買手数料は無料です。

世界中多くの取引所がありますが、手数料は0.1〜0.2%の範囲の取引所が多いです。それらと同等以下であります。

ビットフライヤーの懸念点

公式サイトはこちら

ポイント
  • 18年6月22日に金融庁から行政処分。
  • 新規登録を停止中。今後改善次第、再開する。

金融庁から警告

ビットフライヤーはお役所さんから2018年6月22日に行政処分を受けました。

お役所の安全基準に達していない事で、是正を行なっています。

今後さらに安全管理が構築される様になりますので、ユーザーとしてはありがたい限りです。

株式会社bitFlyerに対する行政処分について

 

1.株式会社bitFlyer(本店:東京都港区、法人番号2011101068824、仮想通貨交換業者)(以下、「当社」という。)においては、資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)第63条の15第1項に基づく当社からの報告及び当庁の検査により、適正かつ確実な業務運営を確保するための実効性ある経営管理態勢が構築されていないほか、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策、利用者財産の分別管理及び帳簿書類の管理、不正アクセスによる仮想通貨の流出防止等に係る実効性ある内部管理態勢が構築されていないことが認められたことから、本日、関東財務局長が当社に対して行政処分を行った(詳細は、関東財務局ウェブサイトを参照)。

新規登録を停止中

上記の金融庁からのお達しにより、新規登録を停止しております。

こちらは2018年6月現在の情報です。今後改善され次第登録は開始するかと思います。

当社は 2018 年 6 月 22 日、金融庁より業務改善命令を受けました。
経営陣以下社員一同は、いただいたご指摘を厳粛に受け止め、真摯に対応をしていく所存でございます。
適正なサービス運営態勢の構築およびご指摘事項の改善に全力を尽くすため、
現在新規のお客様によるアカウント作成を自主的に一時停止しております。

お客様にご迷惑およびご不便をおかけしておりますことを謹んでお詫び申し上げます。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

詐欺に注意

bitFlyerに限った事ではありませんが、取引所を装いアカウントの情報を聞き出す様な電話があるそうです。

またスカムメールなど来ることもありますので、URLをクリックしてログインしないようにしましょう。

ビットフライヤー登録方法

公式サイトはこちら

ポイント
  • 「登録ページにアクセス」→「メール認証」→「登録情報を入力」し登録できます。

登録ページにアクセス

こちらのリンクよりサイトに移動してください。

メールアドレスを入力

メールアドレスを入力して下さい。メールに来ているキーワードをコピーしてからサイトに貼り付けて入力します。

規約に同意して個人情報を入力

規約に同意する場合には、規約にどうして下さい。

さらに個人情報を入力して下さい。

入金方法(日本円)

公式サイトはこちら

ポイント
  • 日本円を入金するのは簡単です。
  • 「入出金」クリック→「日本円をご入金」クリック→「口座に入金」という

ビットフライヤーでの日本円を入金する方法についてです。

以下の手順を参考にして日本円を入金する事ができます。

 

  1. 左のサイドメニューの「入出金」をクリック
  2. 「日本円ご入金」をクリック
  3. 表示される銀行口座に振り込みをすれば入金ができます。

ビットフライヤー入金方法

公式サイトはこちら

ポイント
  • 入金アドレスが分かれば送金可能。
  • 入金方法は簡単。
  • 「入出金」→「○○お預入」で移動しアドレスを知る事が出来る。

入金について

入金アドレスが分かれば送金可

入金アドレスさえ分かれば送金できます。簡単に出来ます。

以下の手順を参考にして行なって下さい。

入金手数料は無料

入金手数料は基本的にはどこの取引所でも無料です。

送金する際に手数料が掛かるのが一般的です。

ただbitFlyerでは入金には掛からないのですが、どこかから入金する際には送金の手数料が掛かります。

入金方法について

入出金をクリック

左サイドバーにある「入出金」をクリックして下さい。

入金したいコインを選択

選択したいコインのうち「○○お預入」をクリックすると、入金ページに移動します。

入金アドレスに送金

この様に入金先のアドレスが表示されます。

それぞれ表示されているアドレスに入金して下さい。

入金方法はそれぞれの取引所に送金してください。

ビットフライヤー出金方法

公式サイトはこちら

ポイント
  • 出金方法は簡単です。
  • 送金先を登録してから送金する。

出金について

出金は簡単

ビットフライヤーからのコインを送金することは簡単に行えます。以下に詳細の手順がありますので、参考にして下さい。

出金には手数料が必要

出金には手数料が必要です。モナコインの場合には出金手数料がかからない様になっています。

  • ビットコイン:0.0004BTC
  • イーサリアム:0.005ETH
  • イーサリアムクラシック:0.005ETC
  • ライトコイン:0.001LTC
  • ビットコインキャッシュ:0.0002BCH
  • モナコイン:無料
  • リスク:0.1LSK

出金方法について

ビットフライヤーから出金する方法についてです。

簡単に送金する事ができます。

入出金をクリック

左サイドバーにある「入出金」をクリックして下さい。

 

送金したコインを選択

選択したいコインのうち「○○ご送付」をクリックすると、送金ページに移動します。

送付先を登録

まずは送金先の登録が必要になります。

  1. ラベル名は表示させる名前です。ここは何を入力しても構いません。
  2. 送金アドレスを入力して下さい。
  3. 追加をクリックすると登録がされます。

ラベルから送金先を選択

ラベルの中から送金先を選択して下さい。

こちらは上記でも記載した通り、事前に登録して追加しておかなければいけません。

 

送金量を入力

送金する量を入力してから「○○を外部アドレスに送付する」をクリックしてください。

こちらはイーサリアムのい場合ですので、「イーサリアムを外部アドレスに送付する」と表示されています。

ビットフライヤーのチャート

公式サイトはこちら

ポイント
  • ビットフライヤーでは取り扱っている全てのコインのチャートを観れます。
  • CoinMarketCapでもチャートを観れます。こっちの方が便利です。

チャートを見る方法

販売所に移動

チャートは「販売所」に移動すると見る事ができます。

ビットコインなら「ビットコイン販売所」、アルトコインなら「アルトコイン販売所」から移動するとチャートが観れます。

チャートの画面まで移動しなければいけませんので、取引するとき以外はほぼ見ることないです。

ビットフライヤー以外

簡単にチャートを見るならCoinMarketCapが便利です。

コインマーケットキャップでは海外の取引所などに上場している暗号通貨など多くのチャートが観れます。

詳しくはこちらをご覧ください。

ビットフライヤー取引方法

公式サイトはこちら

ポイント
  • 取引は日本円建て。
  • 売買手数料はほとんど無料。

取引について

日本円建て

海外の取引所では通過ペアが豊富で「BTC建て」「ETH建て」「USDT建て」などがありますが、bitFlyerでは「JPY建て」になっています。

つまりビットコインを売って日本円にする事ができたり、日本円からビットコイン買う事ができます。

日本円を扱っているのは海外の取引所ではありませんので、日本円でビットコイン・アルトコインを買いたい・売りたい人には最適です。

売買手数料はほとんど無料

ビットフライヤーの売買手数料はほとんど無料です。

ビットコインでは手数量が掛かりますが、アルトコインでは手数料が無料になっています。

  • ビットコイン:0.01~0.15%
  • イーサリアム:無料
  • イーサリアムクラシック:無料
  • ライトコイン:無料
  • ビットコインキャッシュ:無料
  • モナコイン:無料
  • リスク:無料

取引方法

取引したいコインを選択

まず取引したいコインを選択しなければいけません。

「ビットコイン」なら「ビットコイン販売所」、「アルトコイン」なら「アルトコイン販売所」をクリックして下さい。

さらに「アルトコイン」の場合には、取引したいアルトコインを選んで下さい。

量を入力

購入したい量・売却したい量を入力して下さい。

購入・売却

コインを買う場合は「コインを買う」、コインを売る場合は「コインを売る」をクリックして下さい。

注文を確定

ポップアップが表示されます。

数秒以内に「注文実行」をクリックして下さい。

取引履歴を見る方法

左のサイドメニューにある「お取り引きレポート」をクリックすると注文履歴を見る事ができます。

ここで見れる情報としては「いつ注文したか?」「どういう注文したか?」「いつどんな出金したか」などの基本的な履歴を見る事ができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

FAQ (よくある質問)

公式サイトはこちら

bitFlyerのスプレッドはどんなもんですか?

bitFlyerのビットコインの購入と売却の価格差、つまりスプレッドは現在値では1.7万円ほどです。

コールドウォレットとは何ですか?

オフライン環境のウォレットの事を言います。

インターネットに繋がっている所でウォレットを管理していると、もしハッキングされた場合に被害が大きくなります。

ところが、物理的にハッキング出来ないコールドウォレットでは被害を最低限に止める事が出来ます。

bitFlyerはハッキングの被害は起きない?

絶対ハッキングの被害が無いとは限りません。

コールドウォレットですが、一部の流動している資金はコールドウォレットではありません。コールドウォレットにより被害が最低限にする事はできると思いますが、絶対ハッキングの被害が起きないとは限らないかと思います。

JBAに参加している企業などはどこの会社がありますか?

いかがJBAに参加している企業になります。

大手の取引所やIT企業などが参加しています。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Kraken(クラーケン)
  • Coincheck(コインチェック)
  • bitExpress(ビットエクスプレス)
  • GMOコイン
  • Lemuira(レムリア)
  • NICIGAS(ニチガス)
  • INNOVATOR JAPAN(イノベータージャパン)
  • RAIMU(来夢)
  • 株式会社ガイア
  • DasCoin
  • BITOCEAN(ビットオーシャン)
  • FUJICRYPTO(フジクリプト)
  • SmartApp(アマートアプリ)
  • VALU(バリュー)
  • Countir(カウンティア)
  • AMPLE!
  • Gaiax(ガイアックス)
  • Consensus Base(コンセンサスベイス)
  • Currency Port(カレンシーポート)
  • Sivira(シビラ)
  • SORAMITSU(ソラミツ)
  • NAYUTA
  • VOYAGE GROUP(ヴォヤージュグループ)
  • Microsoft(マイクロソフト)
  • SMART CONTRACT JAPAN(スマートコントラクトジャパン)
  • Descartes Search(デカルトサーチ)
  • Deloitte(デロイト トーマツ)
  • 日本アイビーエム株式会社
  • INDETAIL()
  • JILILITA(ジリーリタ)
  • I2M(イズム株式会社)
  • LPI – JAPAN
  • asapy
  • KMK WORLD(ケーエムケーワールド)
  • neutral(ニュートラル)
  • SKIYAKI(スキヤキ)
  • info Mart Corpration
  • Unibersal Computer System
  • avex (エーベックス)
  • TSH Debelopment
  • DDS
  • Gfit
  • TRIDENT – ARTS
  • TTC
  • LIGHT SUNS GROUP
  • avanoa
  • epoc
  • SUNREX
  • INGOT
  • CRYPTACT
  • Ri(アールアイ)
  • 日本美食
  • Innlovi
  • GMO
  • Money Partners Group(マネーパートナーザウグループ)
  • SBIホールディングス
  • GMO MEDEIA
  • MONEY SQUARE HD(マネースクエア)
  • Gunosy(グノシー)
  • DNP
  • 3PRO
  • SANWA SUPPLY(サンワサプライ)
  • NHN TECHORUS(NHN テコラス)
  • セントラル投資FX
  • CA TECHNOLOGIES
  • 三井住友海上
  • 外為どっとコム
  • PWC
  • DMM FinTech(ディーエムエムフィンテック)
  • スリーエイシステム
  • アンダーソン・毛利・友常法律事務所
  • TECOTEC(テコテック)
  • 東郷証券
  • EY新日本有限責任監査法人
  • JTB
  • SETATTLE CONSULTING
  • 三井住友銀行
  • MACRO ENGINEERING(マクロエンジニアリング)
  • 南部銀行
  • KDDI
  • UFI
  • 三井情報株式会社
  • INTEC
  • LAC
  • あずさ監査法人
  • KPMG
  • 損保ジャパン日本興亜
  • E-Guardian
  • Tech Van
  • ソフトバンクペイメントサービス
  • FGI
  • TEPCO
  • Appirits
  • かんぽ生命
  • STAGE
  • ASK
  • TOPPAN
  • 住友商事
  • I・S・GASTEM
  • ajyuto(アユート)
  • Mixiグループ(ミクシィ)
  • NISSAY(日本生命保険相互会社 )
  • iCall(アイコール)
  • Avera
  • Cell Source(セルソース)
  • CA bitcoin(サイバーエージェントビットコイン)
  • alchip
  • SwissBorg
  • B2C2
  • CFD SALES
  • Geolocation Technology
  • SUN LIFE
  • Sky Wings
  • Style1
  • 高千穂交易株式会社
  • densu(電通)
  • Simplex Inc.
  • GIFCO
  • COIN POST(コインポスト)
  • HAKUHODO

送金と出金は同じですか?

はい、同じと思っていただければ良いかと思います。

アルトコインとは何ですか?

ビットコイン以外のクリプトカレンシーを一般的にはアルトコインと言います。

そのほかの取引所はどうですか?

こちらの記事では取引所の情報を比較していますのでご覧ください。

エアドロップはありますか?

よく取引所に関わったエアドロップがありますが、ビットフライヤーでエアドロップに関連した情報は聞いたことありません。

今後あるかもしれませんが、現時点ではありません。

エアドロップの基本情報に関してはこちらをご覧ください。

bitFlyerの評判はどうですか?

国内の取引所は何箇所かありますが、その中でビットフライヤーは使いやすいです。

また国内ではそれなりに人気があるようで、最も取引量が多いです。

もっとも良いというよりは他の取引所が扱いにくいので一番よく使います。