ビットコインFXをVPSでMT4の自動売買する方法についての説明を記載する。

結局はMT4でBTCをトレードするには現時点では不利な条件でしかなく、為替でトレードした方がいいかと思う。

ビットコインだろうが為替だろうがMT4をVPSで使用する方法は同じであるため参考にして頂きたい。

主には「VPSとは何か?」「VPSどこが良いの?」などについて理解して頂きたく思う。

この記事のポイント
  • MT4で自動売買するならVPSは必須。
  • 一番よく使うVPSは「お名前.com」の「デスクトップクラウド」。
  • 価格が安い&大手企業は「ConoHa for Windows Server」。

ビットコインFXとは

ポイント
  • ビットコインFXでは現物を持たなくても売り注文からエントリーが可能。
  • FXブローカーでもBTCなどの通貨ペアで取引が可能。

ビットコインFXって何?

ビットコインFXとはその名の通り「ビットコインのFX」である。

取引所とは異なり、現物を持たなくても売り注文から入れるのが特徴である。

FXブローカーもBTCペアで取引が可能に

ビットコインFXというと「bitFlyer」の様な取引所が運営しているFXを想像されると思うが、もともと為替のFXブローカーだった所でも最近はFXOPENのようにBTC、ETH、DASHなどの通貨ペアで取引できる様になってきている所もある。

MT4の自動売買とは

ポイント
  • 自動で売買する仕組み。
  • FXでは自動売買をよく使用される。
  • クリプトカレンシーではAPIの為、自動売買は普及して居ない。
  • FXではMT4が世界で最も使われている。
  • MT4で一般的に自動売買システムが構築されている。

自動売買って何?

自動売買は自動で売買する事を言う。

自動売買はFXではよく使われているが、ビットコインなどのクリプトカレンシーにおいては取引所での取引がメインであり、それぞれの取引所が公開しているAPIをもとに自動売買を組まなければいけずハードルが高い。

その為、クリプトカレンシーでは自動売買はそれほど普及していない。

最近ではFXOPENなどの自動売買が出来るFXブローカーがBTC通貨ペアなどを扱うところが増えてきており、APIに比べて容易に自動売買が行える。

ただし、まだ従来の為替のFXのように有利な取引条件は整っておらず、自動売買を行うのであれば為替の通貨ペアで行なった方が良いと思う。

FXで使われているMT4とは

FXでは世界で最も使われているMT4(メタトレーダーフォーorエムティーフォー)というプラットフォームがあり、これを採用しているFXブローカーが多くある。

日本でMT4を採用しているブローカーはあまり無いが、世界で考えるとFXブローカーの半分以上がMT4を採用している。

MT4では自動売買プログラム(EA)を構築することができるのが最大の特徴である。ただ自動売買プログラムを作るには一般人には難しくプログラムの知識が必要になってくる。MT4の言語を理解してしまえば、MT4に対応しているブローカーであればどこでも自動売買を動かせることができる為、MT4で自動売買を構築するプログラマーは結構居る

自動売買に関しての詳細はこちら。

VPSとは

ポイント
  • VPSは「virtual private server(バーチャルプライベートサーバー)
  • Windowsのパソコンを買わなくても良い。
  • PCがOFFでも常時稼働できる。
  • PCを買うよりも安く使用できる。

そもそもVPSとは?

VPSは「virtual private server(バーチャルプライベートサーバー)」と言う。

パソコンを起動させながら、サーバーにアクセスし他のパソコンを操作するようなイメージ。

こちらはMACを使用しながらVPSを起動させているPC画面である。

この様にPCとは別のところにあるサーバーにWINDOWSが入っており、操作できる。

VPSとは

仮想専用サーバー。virtual private serverの略。通常、サーバーは1台の物理的なコンピュータ上で一つのOS(オペレーティングシステム)を稼働させ、その上でサービスに必要なプログラムを動作させるが、VPSはCPU(中央処理装置)、記憶装置、メモリーなどを備える1台のコンピュータのOS上で仮想的に個々のユーザーに管理者権限を与え、1台のコンピュータを複数のユーザーで共有できるようにするサーバーシステムである。各ユーザーには独立した管理者権限や見かけ上は専用サーバーとほとんど変わらない機能が与えられるため、共有サーバーであることを意識することなく自由に自己のサーバーを構築できる。

ニッポニカより引用

VPSを使うメリット

VPS使うメリットとして以下のようなものがある。

特にわざわざWindowsのパソコンを買わなくても良いと言う点と常時稼働できる点が大きなメリットである

  • パソコン買わなくても良い:パソコンを買うと数万円するので、VPSを利用する方が安い。
  • Windowsが無くてもWindowsが使える:MacユーザーでもWindowsのVPSを使えばMT4が使える。
  • 常に電源ONが可能:パソコンがOFFでもVPSがONなら稼働する。
  • 火事にならない:パソコンをOFFにしている為、火災が起きるリスクは無い。

VPSかPC購入どちらがいいか?

仮にパソコンを購入した場合とVPSを使う場合の比較例を以下に示す。

パソコンは例えば5万円のものを購入したとして、4年使うと大体1,000円/月ほどのコストになる。電気代が1,000円/月ほど掛かり、1,500円/月ほどの費用が掛かる。

VPSの費用としては「お名前.com」の場合には、初期費用2,400円+ランニングコスト2,400円/月が掛かる。

これがトントンになるのは34ヶ月後である。いつまでMT4の自動売買で使用するかそれぞれだが、無難にVPSを利用した方が安い。

つまりケースバイケースではあるが、PCを買うよりもVPSを使う方が安い

VPSのプランと種類

ポイント
  • VPSには多くのプランや種類がある。
  • MT4稼働させるならWINDOWSのVPS。
  • MT4を1台稼働ならプランは1GB相当でOK。

OSの種類

MT4を稼働条件は基本的にはWindowsである。

VPSを選ぶ際にはLINUXなどのOSがプランの選択にあるかもしれないが、間違えない様に注意すること。

最近ではMacなどに対応しているMT4もあるが、あれもWindowsを仮想的に稼働させてMT4を動かしている仕組みである。

プランの種類

VPSのプランも多くある。メモリが○○GBとかSSDの容量が○○GBなどといったものである。

MT4を一台稼働させるだけならメモリは1GBでも可能。SSDの容量は20GBもあれば十分。MT4使用することでそれほど容量は必要ない。

例えばお名前.comのデスクトップクラウドの場合はこのように複数のプランが用意されている。

目安として書かれていまるが、1GBではMT4を1個稼働が推奨の様だ。

  • 1GB 容量50GB:1,780円/月〜
  • 2GB 容量100GB: 3,685円/月〜
  • 4GB 容量100GB:5,582円/月〜
  • 8GB 容量100GB:12,024円/月〜

バックテストをする際に過去のチャートのデータをダウンロードしたりする、それで容量が必要になるがたった数GBほどの容量である。もちろんバックテストを行い不要になれば消せば良いだけである。

バックテストする際にもCRYPTOアカウントであればデータ量は少ない。EURUSDなどの為替の場合には2000年以前のはるか前のデータもダウンロードが出来る為、重くなることもありえる。

VPSの失敗談

海外のSWVPSなどのVPSを使用していた時は勝手にサーバーが落ちてる事がよくあった。

10年くらい前だが、その頃は今みたいに国内でWindowsが使用できるVPSがなく仕方がなく使用していた。

現在では国内でも多くのサービス提供企業があり、わざわざ海外のVPSを使用する必要が無いように思う。

VPSの費用比較

ポイント
  • 費用はどこも同じ様な価格。
  • 扱いやすい所を使用するのがベスト。
  • ConoHa for Windows Serverが大手企業でありながらも低価格。

VPSの費用は各メーカーにより異なる。メモリ1GB相当で調査した結果を以下に示す。

そもそもこの程度の金額で調べることが投資をする人にとってはナンセンスではあるが、一般の方向けに一応調べた。

どこも金額はそんなに変わらず、扱いやすいメーカーで選ぶといいかと思う。

費用比較のまとめ

以下に各サービスの詳細は記載しているが、「日本語対応」「初期費用」「月々の費用」「運営企業」「企業規模」を比較した。

日本のサービスだけをピックアップしているので、すべて日本語対応している。

初期費用掛かる所、かからない所がある。基本的には運営企業が大手のほど初期費用や月々の費用は高いようになっている。

個人的に一番良く使うのは「お名前.com」だが、安くて運営企業の資本金が高い所だと「ConoHa for Windows Server」がある。

各自のスタイルに合わせて選択頂きたい。

お名前.com

初期費用が掛かる。月々の費用はまとめ払いにするほど安くなる。

無難に毎月払っていくことが出来る。

今まで国内のVPSサービスを数社使用してきたが、お名前.comが一番良かった。とにかくサーバーが落ちない。

お名前.comはサーバー関連では大手企業、他とも価格が同じくらいならここを選ぶべきかと思う。

「お名前.com」の運営企業は東証一部上場企業の「GMOインターネット株式会社 」であるのも理由の一つである。

  • 初期費用:2,400円
  • 月々の費用:1,780〜2,400円

さくらのVPS

初期費用が掛かる。こちらも月々の費用を年一括にすると166円/月ほど安くなる。

さくらのVPSの運営企業は「さくらインターネット株式会社」という企業。こちらも「お名前.COM」の「GMOインターネット株式会社 」と同様に東証一部上場企業。ただし企業規模としては「GMOインターネット株式会社 」の方が上である。

  • 初期費用:3,000円
  • 月々の費用:1,834〜2,000円

ウィンサーバーVPS

初期費用は他より少し安く、月々の費用は他と同等。

ウィンサーバーVPSの企業としては「アシストアップ株式会社」が運営している。資本金が1,000万円ほどの規模の企業であり、「GMOインターネット株式会社 」の資本金が50億円なので、500倍違う。

  • 初期費用:1,080円
  • 月々の費用:1,779〜1,995円

ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Serverだが、ここも「お名前.com」と同じく「GMOインターネット株式会社(東証一部上場企業) 」が運営している。

なぜか同じ企業が運営しているにも関わらず、価格が違う。

ConoHaは初期費用が0円、価格面も安くGMO運営であるでサービスも充実しているだろうと思う。ただし、実際の所ここは使った事がなく不明である。

  • 初期費用:0円
  • 月々の費用:1,620円

ABLENET VPS

ABLENET VPSの特徴としてはSSDが使用できるプランがあり月々の費用は少し安め。

運営企業は株式会社ケイアンドケイコーポレーションで資本金は1,125万円である。資本金としては「ウィンサーバーVPS」と同等になる。

  • 初期費用:0円(SSDなら1,800円)
  • 月々の費用:1,600〜1,981円

よくある質問

パソコンは何を使っていますか?

Macbook pro 2017を使用。

MACでVPS使うにはどのソフト使って居ますか?

「Microsoft Remote Desktop(マイクロソフトリモートデスクトップ)」を使用。

これがあるとVPSに接続する事ができる。

VPSのサーバーが落ちることはありますか?

稀にサーバーがダウンすることもある。

ただいつ落ちたか?も覚えていなほどの頻度である。サーバーが落ちることが無いなんてありえない、一応落ちる事があると回答。

MT4使うならVPSは必須ですか?

必ずしも費用というわけでは無い。

人それぞれ環境が違うので分かりかねるが、資金に余裕があるのならVPS借りておくのがベターである。

むしろ月に2,000円ほどを払えないのなら投資自体をそもそもやめた方がいいかと思う。

VPSは結局どこがオススメですか?

オススメは特に無い。各自で選択して欲しい。

あえて答えるなら、自分ならお名前.comを使用する。

FXは儲かりますか?

FXは一般的には全く儲からない。必ず儲かるなんてありえない。