BITCOINのトレードが可能なFXについての解説を紹介。

ビットコインを通常購入する取引所との違いについての説明になる。

ビットコインFXをより詳しく説明した内容についてはこちら

この記事のポイント
  • FXは別名「FOREX(FOREIGN EXCHANGE)」の省略語。
  • 取引所では現物のビットコインを購入可、FXでは現物では無い。
  • FXではドルや円などの資金さえ口座にあれば、「買い」「売り」自由に可能。
  • FXではレバレッジのある取引可能、取引所ではなし。

BITCOINとは

ポイント
  • Bitcoin = ビットコイン
  • 別名「Crypto Currency Bitcoin」
  • 昔からのユーザーは「クリプトカレンシー」「暗号通貨」と「仮想通貨」の事を表現する。
  • それはビットコインが「Crypto Currency Bitcoin」だから。

BITCOINについては説明不要かと思うが一応説明する。

暗号通貨といえば「BITCOIN」。「ビットコイン」って呼ぶ

世界で最も有名で、最も投資されているクリプトカレンシー。

余談ではあるが、ビットコインは発見当初は「Crypto Currency BITCOIN」と呼ばれていた。今では「BITCOIN」とだけ呼ばれている。

その名残で昔からのユーザーはアルトコインを含めて「クリプトカレンシー」や「暗号通貨」と呼ぶことが多い。なぜか最近日本では「仮想通貨」という本来呼ばれている名前とは異なる言葉が普及している。

これもまた余談ではあるが、SEO的には「仮想通貨」が有利である。しかし当サイトでは「仮想通貨」という表現は控えている。

ビットコイン FXとは

ポイント
  • 「FX」 =「FOREX」= 「Foreign Exchange」=外貨取引。
  • FXでは価値が上がると予想したら「買い注文」、下がると予想したら「売り注文」。
  • FXでは講座に資金があれば、貨幣がなくても「BUY」「SELL」の取引ができる。
  • ビットコインの価格が上がると予想した場合、「BUY」、下がると予想した場合には「SELL」。
  • レバレッジがある。例:レバレッジ10倍とか。
  • MT4が使えるFXブローカーと自動売買プログラムを公開中。

FXとは何か?

FXは別名「FOREX(FOREIGN EXCHANGE)」の省略語。日本語でいうと「外貨取引」の事を言う。

外国の紙幣に換金したりして利益を得たりするという仕組みがオンラインになったものである。

昔の外貨取引

例えばドルの価値が日本円に対して高くなると予想した場合、昔ならドル紙幣に換金してもらい、ドルの価格が上がってから日本円に換金するという方法で取引を行なっていた。

現在のFX

FXのトレードは手間なく行えるのが特徴。「簡単に取引することが出来る=簡単に利益を得ることが出来る」という意味ではないので、注意していただきたい。

現在のFXの仕組みとしては、ドルの価値が日本円に対して高くなると予想した場合、「BUY」、下がると予想した場合には「SELL」をクリックすることでポジションを持つことができる。

このポジションは好きなタイミングで決済することができる。利益がある段階で決済するか、損している状態で決済するか。それは自由なタイミングでオンライン上で決定できるのが特徴である。

昔の外貨取引であれば、その通貨を持っていなければ「売り注文」から入ることは物理的に不可能ではあった。このFXの世界では信用取引、つまり口座に資金が入っていれば「空売り」による注文が可能になる。

レバレッジのある取引

よく聞くレバレッジ10倍とかいう言葉である。

例えばレバレッジ10倍と言いうと、10倍の取引が出来るということを意味する。

以下に「レバレッジ1倍」「レバレッジ10倍」の場合を説明するが、現物よりも「10倍の利益」「10倍損する」というものである。

重要なポイントとしては「10倍損する」可能性があるという点である。得する分、損するリスクもデカイので注意が必要である。

例:レバレッジ1倍

仮にドルが100円から101円になったとした場合、100万円分のドルを事前に買っていれば、101万円になる。

例:レバレッジ10倍

仮にドルが100円から101円になったとした場合、100万円分のドルを事前に買っていれば、110万円になる。

計算としては1万円 x 10倍の利益になる。つまり100万円+10万円 = 110万円ということである。

ビットコインのFXも登場

上記で記載した通り、本来のFXは「Foreign exchange(外貨取引)」。海外の紙幣を取引する事を意味していたはずだが、ビットコインFXというものが誕生している。

このビットコインのFXも同様に「BUY」「SELL」の注文を行うことができる。ビットコインを持っていなくても口座に資金が入っていれば、「BUY」「SELL」の注文が可能になる。

ビットコインの価格が上がると予想した場合、「BUY」、下がると予想した場合には「SELL」。これだけで取引が行える。

ビットコインFXは自動売買が可能

ビットコインのFXでは自動売買のシステムを簡単に組むことができる。

従来のビットコインなどの現物を扱う取引所ではAPIが公開されているが、それぞれの取引所ごとにAPIが異なる。

そのため、自動売買などの複雑なシステムを構築することは難しい。

ところが、FXの業界で最も使われているMT4というソフトでは自動売買のシステムをどこのブローカーを使ったとしても動かすことが出来る。

「MT4が使えるFXブローカーと自動売買プログラムを無料で公開」こちら

ビットコイン取引所とは

ポイント
  • 取引所はビットコインやアルトコインを購入できる場所。
  • 売りたい人から現物で購入できる。
  • レバレッジなし。

取引所とは?

そもそも取引所をご存知かと思いうが、取引所はビットコイン、イーサリアムなどのアルトコインを現物として購入できる場所になる。

基本的には売りたい人がいて、その人たちから買うための場所である。

詳しくは「海外の取引所のまとめ」。

取引所は以下のような時長を持つ。

  • 現物で購入
  • 売りたい人から買うことができる。
  • 売りたい人がいなければ、買えない。
  • レバレッジはなし。

FXと取引所の違いは?

ポイント
  • 取引所では現物のビットコインを購入可、FXでは現物では無い。
  • FXではドルや円などの資金さえ口座にあれば、「買い」「売り」自由に可能。
  • FXではレバレッジのある取引可能、取引所では不可能。

現物

取引所ではあくまで現物のビットコインを購入することが出来るが、FXでは現物では無い

逆にFXではドルや円などの資金さえ口座にあれば、ビットコインのトレードを「買い」「売り」自由に選択して行うことが出来る。

空売りが可能

上記で記載した通り、FXでは資金さえ口座にあれば自由に「買い注文」「売り注文」を行うことが出来る。

例えばBTCUSDなどの通貨ペアにおいて、ビットコインを持っていないにも関わらず「売り注文」をする事が出来る。

レバレッジ

FXではレバレッジのある取引を行えるが、取引所ではレバレッジ取引を行うことは出来る