Binanceのウォレットに資金を入れっぱなしにしておくと危険である。これはBinanceに限らず全ての取引所において同じである。

それは「ハッキング」や「トンズラ」のリスクがあるからである。その詳細に関してこちらの記事では紹介しようと思う。

なおこちらの記事では「仮想通貨」というワードを使うが、本来は「Crypto Currency (クリプトカレンシー)」であり、「Virtual(仮想)」と言うのはゲームオタクか日本人くらいである。あえてビギナーでもわかりやすいように「仮想通貨」といワードを用いて解説する。当サイトは「Crypto Currency News」であり、「Virtual Currency(バーチャルカレンシー)」では無いのである。

Binanceとは

世界一の「Crypto Currency Exchange(クリプトカレンシーエクスチェンジ)」である。世間的には「仮想通貨取引所」と言われているものと同じと思っていただければ良いかと思う。

Binanceはユーザー第一に考えている取引所であり、個人的には信頼している。とはいっても危険が無いとは限らないのでウォレットに資金を入れっぱなしという事は無いようにした方が良い。

ポイント
Binanceは良い所だと思うが、ウォレットの資金入れっぱなしはNG。

ウォレットについて

ウォレットとは?

ウォレットは日本語でいう「お財布」である。クリプトカレンシーを入れておくお財布である。

ただBinanceのウォレットに資金を入れっぱなしにしておくと危険である。正しくはBinanceに限らず、基本的には取引所のウォレットに資金を入れっぱなしにしてはイケないのが「クリプトカレンシーあるある」である。

ポイント
クリプトカレンシーを管理する「お財布」のようなもの。

ハッカーのターゲエットになる

取引所には多くのお金・クリプトカレンシーが集まっている。その為、ハッカーに狙われやすいと言われている。

例えばもしあなたがハッカーの場合、個人のウォレットを狙うか?取引所を狙うか?でいうとより資金が集まっている取引所を狙うかと思う。

ハッキングの難しさなどは知らないが、個人を狙うよりも効率よ資金を奪えるのかと思う。

例をいうと、「コインチェックでNEMがパクられた」あの一連の騒ぎである。ハッキングされてNEMを根こそぎパクられるのである。あのようにならない為にも取引所のウォレットに資金を入れておくのは良くない。

ポイント
取引所がハッキングされるというのは良く聞く話。有名なところでは「コインチェックNEM流出」。

取引所がトンズラする

Binanceに限ってはみなさんの資金を持ってトンズラすることは無いと思うが、取引所に資金を置きっ放しでいるという事はこの様なリスクがある。

トンズラしないにしても倒産したり、メンテナンスだったりと資金を動かせなくなるという危険が無いとは限らないのである。

この様な目にも合わない為にも取引所のウォレットに資金は入れっぱなしにしておくべきでは無いと言われている。

ポイント
Binanceでは無いと思うが、トンズラする取引所もいるかも。