Binance(バイナンス)などの取引所のウォレットからICOでトークンを購入すると無くなってしまうケースがある。これはホーミーから聞いた話である。

これはBInanceなどが悪いわけでは無いが、知ってない人にとっては不幸なことであり、注意が必要であるため紹介する。

なおこちらの記事では「仮想通貨」というワードを使うが、本来は「Crypto Currency (クリプトカレンシー)」であり、「Virtual(仮想)」と言うのはゲームオタクか日本人くらいである。あえてビギナーでもわかりやすいように「仮想通貨」といワードを用いて解説する。当サイトは「Crypto Currency News」であり、「Virtual Currency(バーチャルカレンシー)」では無いのである。

この記事の目次

Binanceとは?

世界一の「Crypto Currency Exchange(クリプトカレンシーエクスチェンジ)」である。世間的には「仮想通貨取引所」とか言われているものである。

Binanceは2017年7月に誕生したばかりの取引所であるが、たった一年も経たずに世界一の取引量を持つ取引所にまで成長している。おそらく今後もクリプトカレンシーの業界でもキーとなる存在のままかと思われる。

Binanceに関しての詳細はこちらを参考にしていただければ良いかと思う。

ICOとは

ICOの一般的な話

ICOはInitial Coin Offering(イニシャルコインオファーリング)というものである。株で言う所のIPOのクリプトカレンシー版と行った所である。

元々はこのICOで購入できた場合には利益を得ることができるような状態ではあったが、最近ではそのようなシチュエーションはなかなか無い。

最近のICOというのはトークンセールが終了した瞬間にどこぞの取引所に上場するなど素人受けを狙った行動が目立っており、あまりよろしく無い。それに関しては過去の記事を見ていただければ良いかと思う。

ポイント
ICOはInitial Coin Offering(イニシャルコインオファーリング)。
株でいうIPOに近いもの。

ICOの仕組みの例

ICOにもよるのだが、その暗号通貨企業が指定したウォレットのアドレスにイーサリアムを送金するとそこに自動でトークンが送られるというパターンがある。

これは便利ではあるのだが、危険な場面もある。

ポイント
イーサリアムで送金すると、自動でトークンが送られるという仕組みの場合もある。

取引所から送金するとダメ

ICOに参加するときには取引所から送金してっはいけないと言うのは送金する時の注意点として大体どこでも記載されている。

正解を言うと、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)から送金すればいいだけである。

取引所というのは取り扱っているコインというのは限られている。もし送金してしまったとしたら、実際にはそのウォレットに送金されている。ただ取り扱っていないためにどうしようもないのである。

とは言っても取引所に連絡してもどうにかなる事では無いので注意が必要である。

もし取引所でその通貨を取り扱いすれば利用できる可能性があり、唯一の対処方法はそれである。

ポイント
取引所のウォレットから送金するとNG。
自動で送金されたとしても取り扱っていない。
その取引所で取り扱いされるのを待つのみ。