Binance(バイナンス)のウォレットのアドレスを知る方法について解説する。

こんな事をわざわざ調べなくても簡単に分かるというレベルの内容である。一応困っている方もいるかもしれず説明する。

なおこちらの記事では「仮想通貨」というワードを使うが、本来は「Crypto Currency (クリプトカレンシー)」であり、「Virtual(仮想)」と言うのはゲームオタクか日本人くらいである。あえてビギナーでもわかりやすいように「仮想通貨」といワードを用いて解説する。当サイトは「Crypto Currency News」であり、「Virtual Currency(バーチャルカレンシー)」では無いのである。

Binanceとは

世界一の「Crypto Currency Exchange(クリプトカレンシーエクスチェンジ / 暗号通貨取引所)」である。世間的には「仮想通貨取引所」とか言われている。

もしこの記事をご覧の方がいれば、これからは「クリプトカレンシーエクスチェンジ / 暗号通貨取引所」と呼んで頂けると幸いである。

ウォレットとは?

財布みたいなもの

ウォレットはカタカナ英語であり、「Wallet / ウォレット / 財布 」の事である。この表現は間違っていないが、取引所のウォレットの場合はどちらかと言うと「銀行口座」に近いものである。

MyEtherWalletなどのウォレットは上記の通り、「財布」の様なものであるが、取引所のウォレットは「銀行口座」というイメージである。

どこの取引所のアカウントにも存在

ウォレットはどこの取引所で解説したアカウントにも存在する。そのウォレットにはアカウントごとに割り振られたアドレスがあり、これらは人と共通していない。

もし「取引所のアドレスって他の人と同じなんじゃ無いか?」とありえない発想を持っている人がいれば、「それは無い」という事をお伝えしておく。

アドレスとは?

銀行の振込口座みたいなもの

クリプトカレンシーのウォレットにあるアドレスとは例えるなら「銀行の口座番号」のようなものである。

入金する際にそれさえわかれば入金することが出来る。また第三者から入金してもらうことも出来る。

アドレスを知られても危険では無い

ウォレットのアドレスを知られても危険では無い。

他のサイトやブログなどで自身のアドレスを隠している人がいる。おそらく全く資金がないか、人の画像をパクったか…とにかくやましい気持ちがあるから隠しているのだろうと思う。とは言っても他人がウォレットのアドレスを隠していようがどうでも良いことである。

ただアドレスに関して勘違いしてもらいたくない注意点がある。それはプライベートキーである。これはつまり「パスワード」みたいなものであり、これさえ分かれば資金を送金したり出来る。アドレスを人に教えるのは問題ないが、プライベートキーは絶対に教えてはいけない。

Binanceの様な取引所のウォレットの場合にはプライベートキーは無いが、MyEtherWalletなどのウォレットでは存在する。

ポイント
アドレスは人に教えても危険ではない。ただしプライベートキーは人に教えたらあかん。

アドレスを知る方法

Binanceにログイン

まずはBinanceにログインをする。

当然だが、ウォレットは個人情報である。ログインしてダッシュボードにて操作が可能となる。

Balancesに移動

ダッシュボードにある「Funds(資金)」から「Balances(バランス)」をクリックするとウォレットにアクセスが出来る。

ポイント
Binanceの「Balances(バランス)」がウォレットに相当するもの。