Binance(バイナンス)に登録する方法について記載する。

必要なものはメールアドレスだけであり、登録自体は簡単に行うことができる。ただネックとしては英語で行うということだけである。

多くの日本人は簡単な英語すら出来ずに、Google翻訳などを利用するらしいが、それを利用した登録も後々紹介する。

Binanceとは

Binanceは世界一の取引高がある取引所である。言い換えれば世界でもっとも盛んに取引がされている。

それはサービスの満足度が高いために多くのユーザーが利用していると考えられる。満足度というのはつまり「ユーザーにとって良いトレードが行える」ということである。

Binanceでは手数が安く、さらにはスプレッドが低いのである。スプレッドは売値と買値の差のことを言うが、いくら手数料が安くてもこれが大きければ意味が無い。

実は手数料の安さだけを多くのビギナーは語るが、スプレッドについてはあまり語られない。このスプレッドは多くのユーザーがトレードをするほど流動性が高くなり、低くなる。

つまり世界一取引量のあるBinanceにユーザーが集まりスプレッドが低くなり、さらにそれによって利用者が増えるというスパイラル効果を生み出しているのである。

基本的なBinanceに関する情報は以前の別の記事を参考にしていただければと思う。

登録方法

Binanceへの登録方法を開設する。登録自体は簡単に行えるものである。

特に難しい事は特にないとおもわれる。

Binanceの登録ページに移動

Binanceの公式サイト(binance.com)に移動し、サイトの上の方にある「Register(登録)」か「Create an Account(アカウント作成)」をクリックすると登録ページに移動する。

この登録ページではメールアドレスやパスワードの初期設定を行うだけのページである。

(2) 必要情報を入力

Binanceの登録ページでは「メールアドレス」「パスワード」「パスワード(再入力)」を入力する。

規約を確認し、この規約に同意する場合にはチェックを入れてから「Register(登録)」をクリックする。

超重要なポイント

「パスワード」は使い回しをしないこと。

もし過去にどこかのサービスで同じパスワードを使っているならば、そのサービスの人たちはあなたの「メールアドレス」「パスワード」を知っていることになる。

(4) メール認証

登録したメールアドレス宛にすぐに認証用のURLのあるメールが届く。

メール本文中の「Verifyied(認証する)」クリックするだけで、メール認証が完了する。

以上のたったこれだけの操作でひとまずは登録は完了である。

取引を行うまでにはここから入金などの操作が必要ではあるが、それはこちらを参考にしていただければ良いかと思う。

日本語表示にする方法

Binaceでは日本語をサポートしていない。これは以前金融庁から警告を受けたことにより日本語サービスを停止している。

だがGoogle翻訳を利用することで英語を自動で日本語に翻訳することが可能である。

ただし、これをするとめちゃくちゃな日本語が表示されてしまい、余計にわかりにくいのである。多くの日本人は簡単な英語すらできない為にこのような自動で翻訳するソフトを利用するが、個人的にはオススメしない。

なぜならこれを使用し続けた場合には何も成長しないからである。自動で翻訳してわかっている気でいるなら、まだわからない方がましである。

英語圏に行った際にわざわざ毎回翻訳ソフトを使うのだろうか?そもそもみなさんは海外に行かないと思うが。