Binance(バイナンス)からもしサポートの返答が無い場合には、何がダメだったかを理解して次に繋げていただきたいと思う。

なお日本ではなぜか「仮想通貨/Virtual Currency」というワードが使われる。本来の言葉は「Crypto Currency / クリプトカレンシー / 暗号通貨」である。ただしこちらの記事では初心者でもわかる様に「仮想通貨」とやらを用いて解説する。

この記事のポイント
  • Binanceのサポートは充実している。
  • もしサポートが来ない場合も想定してよりわかりやすく伝えなければいけない。

Binanceとは

Binanceは世界一の取引所である。もちろんサポートも充実しており、困ったユーザーへの配慮は欠かせないはずだ。

Binanceは他の取引所に比べて桁違いにユーザーを大切にする姿勢を貫いている。もちろんサポートにも力を入れることにより世界一の取引所になっている。

Binanceに関して今更説明は不要だと思うが、具体的な内容に関してはこちらを参考にしていただければ良いかと思われる。

サポートについて

Binanceのサポートは充実している。

もし困りごとがあり解決しない場合には、Binanceの公式サイトからサポートチームへ連絡する事ができる。

サポートへの連絡に関してっはこちらの記事を参考にしていただければ良いかと思う。

サポートから返答ない理由

サポートチームが忙しい

サポートチームは多くの二度手間ユーザーとやりとりしていてそれらに手を焼いている事かと思う。

Binanceほどのレベルになれば多くの従業員が居るため、サポートは充実して居るかと思うが、それでも常に忙しい業務状況かと思われる。

そんなサポートチームから確実に返答をもらうためにも一発で問題を理解して解決案を提示していただく必要がある。

もし連絡する場合には自分が連絡することで、他の人への返答が遅くなる可能性がある事を理解して頂ければ幸いである、

サポートへ連絡する際にはこちらを参考にしていただければ良いかと思う。

何を返答すれば良いかわからない

何を問題として抱えているのがさっぱり分からないという事も多いかと思う。これは上と重複する事だが、サポートが必要になるだろう情報を準備してサポートに連絡する事が重要である。

そもそもBinanceのプラットフォームで不便することはおそらく無く、大抵の場合「ユーザーが分からない」「ユーザーがミスった」といったものかと思う。

ユーザーはお客様の立場といえど、助けてもらう以上はそれなりの誠意が必要だと思われる。

二度手間は返答を後回し

Binanceのサポートチームの場合は無いと思うが、もし自分がサポートチームであれば二度手間になるような質問は解決するのに時間がかかるため後回しにするかもしれない。

ユーザーとして二度手間にならない様に画像・情報などあらゆるものを準備して返答してもらう事をオススメしたい。

変な英語

日本人でありがちなのが翻訳サービスを利用した英語文章である。このサービスを使用したことはもちろん無いが、めちゃくちゃな英語になるから使用しない方が良い。

もし「Google翻訳使って送れば良いよ」という人がいれば、ご自身でそれを判断するべきである。自身を成長させたいのなら使うべきではないと思う。

すでに書いてある内容

Binanceのサポートを利用する前にはまずFAQを確認するべきである。

大抵の場合にはそこに書かれている。それすら確認せずにサポートに連絡する人が多いかと思われる。

サポートチームに敬意を払うためにも、まずは自らの手で解決しようとしなければいけない。

人それぞれだが、「何も確認せずにサポートに連絡する」「10分探して分からなかったから連絡する」「1ヶ月勉強して分からなかったから連絡する」などある。これは答えを早く求めるほど低脳だと思う。みなさんの大好きなお勉強のお宿題で分からないからすぐに答えを見るというシチュエーションと同じである。

大事なのは「考える力」である。考えもせず、便利なツールに頼ることほど情けないものは無い。