Binance(バイナンス)のスプレッドを確認する方法について記載する。

Binanceはスプレッドが低いのだが、他の取引所とくらべてどうなのか?を知りたい人向けの記事である。

なおこちらの記事では「仮想通貨」というワードを使用する。本来は「Crypto Currency / クリプトカレンシー / 暗号通貨」を使用するべきであるが、あえてビギナーにもわかる様に「仮想通貨」とやらを用いて解説することをご理解いただきたい。

Binanceとは

Binanceは世界一の「Crypto Currency Exchange(クリプトカレンシーエクスチェンジ)」である。どこにも「Virtual(仮想)」の文字は無いのだが、なぜか日本では「仮想通貨取引所」と呼ばれているアレである。

Binanceに関してあえて詳細にはふれない為、こちらの記事を参考にしていただければと思う。

スプレッドとは

スプレッドについて

スプレッドは「Bid(売値)」「Ask(買値)」の差の事をスプレッドという。

例えば、ビットコインを当然安く買って高く売ると利益になるが、このスプレッドが低いほど有利にトレードができる。

スプレッドが高い例

通常「売り注文」で出ているオーダー分を買い、「買い注文」出ているオーダー分を売ることができる。

スプレッドが高いということは安く買って高く売ることが出来無い事を意味しており、トレーダーにとって不利な環境である。

  • 売り注文:5,100USDT
  • 買い注文:5,000USDT

スプレッドが低い例

スプレッドが低いということは安く買って高く売ることが出来るという事を意味している。

  • 売り注文:5,001USDT
  • 買い注文:5,000USDT

スプレッドが低いほど良い

このスプレッドは可変する手数料の様なものである。いくら手数料が安くてもこのスプレッドが高ければ意味が無い。

理想としては手数料とスプレッドが低いほど良い。

Binanceのスプレッドは当然低い。これは取引高が多いほどスプレッドが低い。

なぜなら他のトレーダーも自分の注文をどうしても通したくて、売りたいときにはより高く、買いたいときにはより安い価格で注文するからである。それにより取引高が多い取引所においてはおのずとスプレッドが低くなってくるのである。

ポイント
取引所を選ぶときには、「手数料」「スプレッド」の両方が良いところを選ぶべきである。
もちろんBinanceは両方とも優れている。

スプレッドを確認する方法

公式サイトを確認

スプレッドは取引画面で確認することが可能である。

一番安い売り注文、一番高い買い注文の差がスプレッドである。これが最も一般的なスプレッドを確認する方法である。

Tokenspread.comで確認

TokenSpreadはスプレッドを確認するには非常に便利である。

Binanceを確認する以外にも他の取引所も見ることが出来る。しかもリアルタイムで更新されていく為、今現在のスプレッドをチェックできるのが素晴らしい。

各自でBinanceのスプレッドはどんなものかを確認していただきたいのだが、画像のように0.01%未満の時もある。0.01未満の時は0%と表示される様だ。

サイトのURL