バイナンス(Binance)のおすすめの暗号通貨は何か?と聞かれることがある。それに対して返答するならば、全てがオススメである。

バイナンスでは優れたプロジェクトのみをリスティングしているとされている。

ポイント
  • バイナンスでは98%の上場希望に対して返答すらしない。
  • 投資する通貨は「プロジェクトが進行していてすでに利用価値のあるもの」が良い。
  • 配当が出るトークンには最近疑問を感じている。

98%の上場希望を却下

バイナンスで取り扱っている通貨

バイナンスは世界トップクラスの取引量がある取引所の一つであり、扱っているクリプトカレンシーも豊富にある。

これらの多くはバイナンスにコンタクトを取り取り扱いをしていることになる。あるいはバイナンス側から取り扱いを申請したものもあるかもしれない。

98%の上場希望を却下

以前CZ氏が公開した情報によると、上場希望のコインの98%は返信しないとのこと。

これは別に驚くことでは無い。なぜならバイナンスはユーザーを第一主義としているからである。無駄なことに返答するくらいならユーザーのために時間を使用したはずである。

おすすめの通貨は何か?

プロジェクトが進行しているもの

まずバイナンスに上場しているクリプトカレンシーはどれもが素晴らしいものばかりである。

もしそれらに投資する機会があるのであれば、自ら考え投資することをオススメしたい。

私個人の意見としてはまずプロジェクトが進行している選ぶといい。「そんなの当たり前」と思った方がいればそれでいい。だが、そんな当たり前のことすら知らないトレーダーがほとんどである。

すでに利用価値があるもの

これは上記のプロジェクトが進行しているものと考え方は似ている。

投資する通貨としては「すでに利用価値があるもの」が良い。利用価値がないものは当然買われない。

極端な話、なぜ多くの人がリップルを買うか?すでに使う価値があるからである。もちろん投機目的もあるが、リップルはすでに使える。

リップルの場合には「取引速度が早い」「手数料が安い」「扱っている取引所」が多いのである。投機目的以外にも十分使う価値があるため、多くのユーザーがリップルに投資する。

配当がでないもの

実は配当が出るようなトークンは危険だと思っている。

例えば最近だと「CROSS」がそうである。一見素晴らしいように思える。だが本当にそうなんだろうか?と疑問を感じている。

なぜならCROSSのような「取引マイニング」という仕組みは他の取引所でも簡単にできるからである。でもしない。

例えば世界のトップクラスの取引所の資金力とエンジニアがいれば簡単に仕組みをモデルにして新しい取引所をオープンさせることも簡単である。だけどしない。それはおそらく彼らのヴィジョンと異なっているからと思われる。もっと先の未来を見据えた取引所の姿を描いているように思われる。

もし配当目当てで投資するならば一旦冷静になって考えていただいた方がよいかと思う。