バイナンス(Binance)の身分証明には運転免許証でも可能である。

登録時にはKYCを必要としておらず、あとあと必要であれば行うというシステムになっている。

バイナンスとは?

世界一の取引所

バイナンスは世界一の「Crypto Currency Exchange / クリプトカレンシーエクスチェンジ / 暗号通貨取引所」である。

日本国内のように登録の際には個人認証を必要としておらず、出金額が24時間以内に2BTC以上したい人がいればする必要がある。

身分証明の必要性

登録した後に必要ならする

まず身分証明は登録の段階では不要である。また多くのユーザーがこれをしていないかと思われる。

出金制限が100BTC

バイナンスに登録したデフォルトの状態では24h以内の出金制限が2BTCである。

多くの人がこれで十分かと思うが、これ以上に出金したいという場合には身分証明をするだけで100BTCまで出金制限を増やす事ができる。

身分証明をする方法

まずは登録しなければいけない

バイナンスの個人認証は登録時には不要である。

個人認証の役割としてはをするだけで24時間以内の出金額を増やす事ができるというものである。

まずはバイナンスに登録してから、必要であれば行うという形である。

パスポートの方が良い

まず24h以内に2BTC以上を出金したい人にパスポートすら持っていないという人はいないかと思われる。

基本的にはパスポートを使用してKYCを行う方が楽である。なぜならそうれは英語表記であり、世界共通の身分証明書だからである。

KYC担当者が簡単に理解し承認してくれるはずである。

運転免許証でも可能

現時点では運転免許証でもKYCを認証することは可能であった。

現在日本人をサポートしていない環境において日本の運転免許証を提示してKYCを認証してくれるのかは不明である。

方法としてはバイナンスにログインして「Submit Verification Documents」から「Drivers license(運転免許証)」認証を行う事が可能である。

免許証の裏・面の写真をアップロードして名前などを入力すれば良い。