Binance(バイナンス)は日本語に対応していない。当然登録する際には英語でするべきである。

また仮に日本語に対応しているにしても海外にあるサービスの場合には英語で登録するのが一般的である。なぜならサービスを提供する側としては日本語で登録されても分からないからである。

こちらの記事では登録する際には英語で行う事に関して記述する。

なおこちらの記事ではあえて「仮想通貨」というワードを使用するが、これらは「Crypto Currency / クリプトカレンシー / 暗号通貨」である。SEOの観点からは「仮想通貨」という言葉が有利のために、ビギナーに合わせて多くの人がそういう風に多くの人が記述をしている。

この記事のポイント
  • Binanceでは日本語は未対応。
  • 登録は当然英語でするべきである。

Binanceとは

Binanceに関しては説明不要かと思われる。Binanceは海外を拠点としている取引所であるが、世界で最も取引が行われている取引所である。

Binanceが多くの人から選ばれるのは「安全性が高い」「手数料が低い」「サポートが充実している」「スプレッドが低い」など様々な理由があるが、それらの基本的な情報についてはこちらを参考にしていただきたいと思う。

日本語が対応していない理由

Binanceは以前は日本語に対応しており、ホームページでも日本語ページを用意されており、日本語に対応できるスタッフも居た。

ところが、2018年3月に日本の金融庁からBinanceに対して「仮想通貨の業者登録を行わずに、日本人向けに営業している」として警告を受けた。

それに伴い、Binanceは日本語に対するページはなくなっている。

登録は英語でするべき

なぜ英語で登録するべきか?

Binanceでは英語で登録するべきである。これはBinanceに限ったものでは無く海外のサービスを受けるときには当然英語で登録することがベターである。

なぜなら英語はせかいの共通語である。日本語は日本人しか使わず、よっぽどの事がない限りサポートされていない。

英語は学んだ方がいい

ただ英語で登録するには一般人には難しいかもしれない。まれに「Goolge翻訳を使えば簡単にできますよ」などという自信満々に自らの未知をアピールする声も聞くが、個人的な思いとしてはそれらを使用せずに登録をしていただきたいと思う。

この程度の英語は中学生でもできるほどに簡単である。こんな簡単なことから逃げて学ぶことを避けるのは良くないと思う。

Binanceやほかの取引所で一般的に使用される基本的な単語に関してはこちらに用意した。これらをわざわざ暗記する必要はないが、分からない言葉があれば参考にしていただければいいかと思う。そもそも暗記しなくても誰でもわかる様なワードである。

登録方法について

Binanceの登録に関してはこちらで解説している。正しい方法を参考にして頂ければいいかと思う。