Binance(バイナンス)の入金方法について記載する。これは非常に簡単であり、一般的な方法と同様に行える。

ただしより安心して行える様に注意点を踏まえて解説したいと思う。

なおこちらの記事では「仮想通貨」というワードが含まれるかもしれない。本来は「Crypto Currency / クリプトカレンシー / 暗号通貨」であるが、急増するビギナーでもわかる様にあえて「仮想通貨」を用いて紹介する事をご理解いただきたい。

Binanceとは

Binanceは世界一の取引所である。個人的には今後も世界トップであると予測してしている。

Binanceに関して基本的な事に関してはこちらの記事を参考にしていただければと思う。

入金について

入金とは

Depositの事を日本語では「入金」という。

つまり「クリプトカレンシー」をそのウォレットに入れる事を意味している。

ほぼ同じ言葉だが、「着金」というワードもある。これはウォレットにクリプトカレンシーが入った事をいう。ほぼ入金と同じである。

「コインが入る」「コインが到着する」の違いの様なもので、特別な違いはないと思う。

ポイント
Deposit(入金)はウォレットにクリプトカレンシーが入る事を言う。

基本はどこも同じ

基本的にはどこのウォレットでも入金の原理は同じである。

ウォレットにはアドレスがあり、これは銀行でいう所の口座番号に相当する。これを調べてこのアドレスに入金するだけである。

ポイント
アドレスは銀行の場合では「口座番号」にあたるもの。
自分のアドレスを調べて、そこに送金すると入金できる。

Binanceの入金方法

アドレスを知る

Binanceのアドレス知るにはダッシュボードにある「Funds(資金)」から「Balances(バランス)」をクリックする。

次に入金したい暗号通貨を探して、「Deposit(入金)」をクリックするとアドレスが表示される。

ポイント
もしアドレスを間違ってしまえば、送金したコインはなくなってしまう。それは全く違う銀行口座に振り込んでしまう様なものである。
間違えない様にコピー&ペーストと確認を行う事を推奨する。

送金をする

送金はその送金を行うウォレットにより異なる為、それぞれで送金方法は確認していただきたいと思う。

ポイント
送金する際に方法が分からずに不安があるのなら、少額から送金すると良い。
もちろんその分の手数料が掛かるが、その程度を気にするのであればそもそも投資はやめた方が良い。

入金の注意点

入金する際に注意しなければいけないのが以下の事である。

  • アドレスを間違えない様にする。
  • フィッシングサイトにログインしない様にする。

アドレスを間違えない様にするのは当たり前の事である。前述してあるが、操作方法に不安がある場合には少量ずつ送金すると良いかと思う。

フィッシングサイトに誤ってログインしてしまうと最悪である。これはBinanceとは関係のない事だが、特にMyEtherWalletなどのウォレットではフィッシング詐欺のリスクがある為、気をつけなければいけない。

こちらの関連記事ではBinanceを例としているが、基本的な原理や対応などは同じである。公式サイトからログインしウォレットを操作しなければいけないのである。

ポイント
送金先を間違えない様に注意が必要である。またウォレットから送金する際にはフィッシングサイトには注意する事。