Binance(バイナンス)は「Crypto Currency Exchange(クリプトカレンシーエクスチェンジ)」である。日本語で言う所の「暗号通貨取引所」である。

なぜか「仮想通貨取引所」と日本では言われている。さらにはそれが正しいという風潮になっていることに疑問を感じており、それについて紹介する。

なおこちらの記事に同意して頂けるのであればシェアしていただければ幸いである。

Binanceとは

Binanceは世界一の取引量がある「Crypto Currency Exchange」である。

多くの人はBinanceに関してはすでに知っていることかと思うが、ご存知ない場合にはこちらを参考にしていただければと思う。

仮想通貨取引所って何?

クリプトカレンシーとは

そもそもなぜBitcoinなどをクリプトカレンシーと言うかというと、それが暗号化されたブロックチェーンの技術を持っているからである。

ビットコインが誕生した頃からずっと「Crypto Currency / クリプトカレンシー / 暗号通貨」と呼ばれていた。一方で日本ではゲームなどで使用するバーチャルのコインを「仮想通貨(かそうつうか)」と呼んでいたとか…

その「クリプトカレンシー」と「仮想通貨」のルーツはそれぞれが異なるのだが、ごちゃ混ぜになり「仮想通貨」というワードで統一されているのである。

そもそも筆者はゲームをしない。その為、ずっと「仮想通貨」と呼ぶ人たちを「ゲームオタク」、「暗号通貨」と呼び人たちを「クリプトユーザー」と認識していた。ところが、今では誰でもかしこもオタクなのである。

ポイント
  • 暗号通貨:ビットコイン誕生後に「クリプトカレンシー(暗号通貨)」と呼ばれていた。
  • 昔の仮想通貨:ビットコイン関係なしでゲーム内で使用される「仮想の通貨」のこと。 = オタク
  • 今の仮想通貨:ごちゃまぜ = オタク

公式サイトなどでは…

Binanceのホームページのメタディスクリプションでは「Crypto Currency Exchange(クリプトカレンシーエクスチェンジ)」と記載されている。

メタディスクリプションとは「ページの内容を簡潔に文章にする」ものである。つまりそのサイトが何かを表している。決して「Virtual(仮想)」では無い。

Binanceの公式ツイッターにおいてCoinDeskの記事をリツイートしている。このツイート内容ではBinanceの事を「crypto exchange(クリプトエクスチェンジ)」と表現している。

またBinanceのツイッターにおいては調べた限り「Virtual Currency(仮想通貨)」という表現は一切ない。いずれにしても「Crypto(クリプト)」であり決して「Virtual(仮想)」では無いのである。

ポイント
Binanceは「Crypto Currency Exchange(クリプトカレンシーエクスチェンジ)」と名乗っている。
Virtual(仮想)については一切言及していない。

なぜ仮想通貨か?

そもそもなぜ仮想通貨?

この「仮想通貨」というワードが流行しだしたのは2017年以降かと思う。

それに関しては以前こちらの記事で記載しているが、日本国内の取引所のCMによってトドメを刺すかの様に広まったと思われる。

最もインパクトがあるのはDMMのCMである。このCMだけでは無いがあらゆるメディアが「仮想通貨」というワードを連発している。これにより人々に「仮想通貨」というとりあえず呼んどけばOKみたいな風潮が浸透してしまったのである。

CMでは以下の様に語る。

A「先輩仮想通貨って知ってる?」

B「知ってる。最近よく聞くよね!」

A「中でもビットコインですよね?」

B「知ってる〜もうめちゃくちゃ早いよね」

A「ビットコインって見えないけど、存在してるんですよね」

B「そうなんだよね。しかもぶわっと脅かしてくるよね」

A「え?ビットコインは脅かしませんよ?」

B「あれそうだっけ?」

A「先輩、本当にわかってます?」

B「うん、すごい知ってる?」

A「仮想で通過はBit in」

もしこのCMで以下の様にやりとりしていたら変わっていたかもしれない。

A「先輩仮想通貨って知ってる?」

B「知ってるけど、お前ちゃうぞ。それクリプトカレンシーの事?二度と仮想通貨と言うな。」

ポイント
DMMのCMの影響は半端ない。CMでどんどん放送されたらもうどうしようもない。
DMMさんには「仮想通貨ちゃうぞ」というCMをしてほしい。

どっちでも良いという意見

この「仮想通貨」に対して99%のユーザーは「仮想通貨だろうが、暗号通貨だろうが別に良い」「みんな仮想通貨って言ってるから良い」と思うことだろう。

今では「Vrtual(仮想)」ユーザーが多く「Crypto(暗号)」ユーザーは少なく、今後はより「Vrtual(仮想)」一色になってくることだろうと思う。

「仮想通貨(かそうつうか)」というワードに疑問視してないことだろうと思う。

最後に

もしこの記事に同調してもらえる数少ないクリプトユーザーがいるのであればシェアしていただければ幸いである。