BcharityのICOについての記事です。

チャリティーがより世界規模でかつ簡単に行うことを目的とした暗号通貨です。

ICOBenchで高評価を獲得しています。

BCharityのサイトはこちら

Bcharityとは

BCharityのサイトはこちら

・非中央集権化プラットフォーム
・簡単にチャリティーができる
・資金流動が活発になる

Bcharityはブロックチェーン技術により構築されたグローバルな経済システムにより、インターナショナルなチャリティーを実現します。

(1) チーム

大規模なプラットフォームをデザインされており、世界のチャリティーの問題点を解決していきます。プロジェクトにより世界中のチャリティの分野の機会を与えていきます。

(2) ファンクション

プラットフォームはチャリティーの経済システムを統合したものになります。
これらは簡単にチャリティー団体などや組織を作ることができます。また個人に直接寄付を行うことも可能です。

(3) テクノロジー

ブロックチェーンの技術により、チャリティーの分野で非中央集権化プラットフォームを導入します。これらは資金や組織の調整を活発に行える自由度が非常に高いです。

(4) スマートコントラクト

スマートコントラクトの実装により、従来の支払い方法が変わり流動性がある資金活用を行えます。

寄付を受ける仕組み

BCharityのサイトはこちら

プラットフォームは2つの方法により、信用貨幣と暗号通貨の両方で安全に寄付を受け取ることができます。

(1) BCharityユーザーは組織や個人間で資金を寄付できます。それらの資金はBcharityアカウントで受け取れたり、送金することが可能です。

(2) ファウンドや組織は必要な量の寄付を「送金リクエスト」を送ることで、集めることができます。

問題点と解決策

BCharityのサイトはこちら

・世界中でつながる
・チャリティーの組織を形成
・信頼性がある取引を行える

現在のチャリティーにおいて複雑な問題がいくつもあります。

(1) 世界共通のプラットフォームが無い

世界中の「慈善事業者」「寄付者」を集めてつなぎ合わせるための国際的なプラットフォームがありませんが、Bcharityは世界各地から容易に送金が行うことができます。

(2) 言語の壁

国際的なチャリティーでは言語による壁があります。異なった国の人同士のやりとりを円滑に進むためにも言語は最低限必要になります。Bcharityのプラットフォームでは「現地の言語」「英語」により容易にコミュニケーションが取れる仕組みになっています。

(3) 組織が無い

いくつかの国や町と地域においてチャリティーを行う団体がありません。この様な団体にチャンスを与えることができます。Bcharityのプラットフォームでは簡単に組織を形成します。

(4) 最先端技術とのギャップ

世界のいくつかの地域ではブロックチェーンなどの技術を開発し使用することが出来る時代になりました。ところがチャリティーを必要とするような地域ではそのような技術が導入することが難しいです。BCharityがブロックチェーンの技術を作り上げ、それを導入が困難な地域のために使用します。

(5) 信頼性の欠如

チャリティーの経済システムにおいて信頼性が欠如しています。支払いが正しく行われているか不明確であり、どのように資金が運用されているかもわかりません。BCharityは非中央集権化プラットフォームです。信頼性のある取引を行うことができます。

(6) 組織が十分な資金が無い

小さな組織は十分な資金がなく、サポートを受けることができていません。

ICOBenchの評価

BCharityのサイトはこちら

・評価人数「12人」
・評価点「4.8点」

ICOBenchの評価は「4.8/5.0点」と高く、12人のエキスパートにより評価されています。

BCharityのロードマップ

BCharityのサイトはこちら

・17年Q3:アイデア誕生
・18年3月:プライベートセール開始
・18年6月:取引所に上場予定

2017年Q3にBcharityのアイデアが誕生しました。

2017年Q4にチャリティの市場を研究し、2018年3月からプライベートセールを開始しました。

2018年6月にはトークンは取引所に上場する予定です。

トークン

BCharityのサイトはこちら

・トークン名:CHAR
・価格:$0.35-1.0
・ソフトキャップ:$500万
・ハードキャップ:$3,500万

プライベートセール

・期間:3/1〜3/30
・価格:$0.35
・最低金額:$3,500

プレICO

・期間:4/1〜4/30
・価格:$0.5

ICO

・期間:6/1〜6/30
・価格:$1.0

登録方法

BCharityのサイトはこちら

BCharityの登録方法は以下を参考にして行なってください。

(1)  こちらからサイトにアクセスしてください。

(2) 「Sign up(登録)」をクリックしてください。

(3) 「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「REGISTRATION(登録)」をクリックしてください。

この様な表示になります。

(4) メールに認証用のURLがきています。「Verify Email(メール認証)」をクリックしてください。

メール認証を行うとこの様な表示になります。

ログイン方法

BCharityのサイトはこちら

(1) こちらのリンクよりログインしてください。

(2) 「メールアドレス」「パスワード」を入力し「Log in(ログイン)」をクリックしてください。

BCharity購入方法

BCharityのサイトはこちら

BCharityの買い方は以下を参考に行なってください。

(1) ログインしてください。

(2) 購入に使用する暗号通貨を選択してください。

(3) 購入額を入力して「CONTRIBUTE(支払い)」をクリックしてください。

(3) それぞれ表示されているアドレスに送金してください。

これ以降は購入後に記載します。

KYC方法

BCharityのサイトはこちら

(1) 「名前」「苗字」「住所」「市」「国」「電話番号」を入力し「SAVE(保存)」をクリックしてください。

現時点では以上で完了です。

設定方法

BCharityのサイトはこちら

(1) イーサリアムのアドレスを入力してください。

(2) REFUND(払い戻し)用のアドレスをそれぞれ入力してください。いずれか一つでいいです。

(3) 「SAVE(保存)」をクリックしてください。

以上で設定は完了です。

FAQ

ICOはいつ終了?

6/30までICOが行われます。

KYCはありますか?

はい、あります。

最小金額ありますか?

はい、あります。プライベートセールでは10,000CHAR($3,500)になります。

ICOにボーナスありますか?

はい、ボーナスがあります。

投資額に応じてボーナスが変わります。

チャリティーの市場規模どうですか?

2018年1月時点において、暗号通貨の市場規模としては$0.7兆になります。それに対してチャリティーの市場規模は暗号通貨と同等の$0.5兆の規模があります。

購入で使える通貨はなんですか?

9種類の暗号通貨で支払いを行うことが出来ます。

「BTC(ビットコイン)」「BCH(ビットコインキャッシュ)」「ETH(イーサリアム)」「ETC(イーサリアムクラシック)」「DASH(ダッシュ)」「LTC(ライトコイン)」「ZEC(ジーダッシュ)」「XRP(リップル)」「XMR(モネロ)」

投資して損するリスクはありますか?

はい、全ての投資において損するリスクがある事を十分に理解し選択してください。