BANKERA(バンクエラ)がバンクエラは新しく取引所への上場する予定であることを発表した。

さらにはコミュニティメンバーへのキャンペーンとして衣服のGivingaway(無料配布)を発表した。

記事のポイント
  • 最近IDCMへ上場したばかり。
  • 新しく別の取引所へも上場する予定。
  • キャンペーンとして3名に服をプレゼント。
  • 来週月曜日に当選結果を発表予定。
  • 応募方法はコメントするだけ。

バンクエラの上場に関して

IDCMへ上場したばかり

バンクエラはつい最近IDCMへの上場を発表し、すでに上場している。

ここに来てBitcoinが$9,000まで回復し、相場も上昇する見込みが出て来たからか新しく立て続けに取引所への上場をする計画になっている。

今現在上場している取引所は3箇所

今現在BNKの取引ができる取引所は3箇所である。

  • HITBTC
  • IDCM
  • Hanbitco

これに加えてバンクエラの独自取引所も取引が可能であるので、実際には4箇所である。

GivingAwayに関して

通常キャンペーンではトークンをGivingaway(無料配布)することが一般的である。

しかし今回のキャンペーンでは衣服のプレゼントである。

ツイート本文中にも書かれている情報によると、コメントをしてくれた人の中から抽選で3人にプレゼントするとのこと。またこれらは月曜日に発表する予定であることが書かれている。

こちらの記事の基礎情報

そもそもバンクエラとは?

バンクエラは2017年にICOを行ったクリプトカレンシーである。

日本だけでなく世界的に人気のICOであり、その当時は162億円分の資金調達に成功したほどであった。

バンクエラは取引所を開設済み

バンクエラは2019年1月に取引所を開設した。ところが、金融庁からの規制を回避するために、日本ユーザーの利用はできないようにした。

これに関しては賛否両論あるが、私としては賛成である。なぜなら法律を遵守することは重要であるからである。法律を遵守せずに進めるようなプロジェクトは信用ができない。

バンクエラは法律を遵守する道を選んだが、私にとってはそれがベストな判断であったと思われる。

上場している取引所を調べる方法

バンクエラの取引所の上場している状況に関してはCoinMarketCap(コインマーケットキャップ)にアクセスして確認することができる

インターネットの記事は時間経過とともに最新情報と剥離が発生する。そのため常に最新情報を知っておくことは非常に重要である。

CoinMarketCapに関してはこちらを参考にしてください。

バンクエラの今後の最新情報を得るには?

バンクエラの最新情報を得るには公式のツイッターアカウントをフォローするのがベストである。

もしくは私のCryptoCurrency.newsをフォロー頂いても、最新情報を配信していく予定である。