Binance(バイナンス)の言葉の意味について記載する。公式サイトにも記載されているが「Binary(バイナリー)」「Finance(ファイナンス)」の言葉を掛け合わせたオリジナルの言葉である。

こちらの記事ではその言葉の意味について記載する。

なおBinanceは「Crypto Currency / クリプトカレンシー / 暗号通貨」の取引所である。多くのビギナーが誤った知識で「仮想通貨」というワードを使用している。こちらの記事では誰でもわかる様にあえて「仮想通貨」というワードを使用して解説することをご理解いただきたい。

Binanceとは

Binanceは世界一の取引所であることはみなさんご存知かと思う。多くの取引所があるが、海外取引所ではここさえあれば十分である。

Binanceに関する詳しい記述はこちらを参考にしていただければと思う。

Binanceの意味

バイナリー + ファイナンス

Binanceの公式サイトによると、バイナンスという意味は「Binary(バイナリー)」「Finance(ファイナンス)」の2つのワードを掛け合わせたものからできている。

正直これに関しては全く知らなかった。ただ意味は分からないが、世界一の取引所にふさわしいクールな言葉であると思う。

バイナリーの意味

Binanceの「バイナリー」という意味をつけた真意に関しては不明ではあるが、バイナリーとは以下の様な意味のワードである。筆者個人の考えとしてはどこか「Crypto(暗号)」を匂わせるワードかと思われる。

バイナリーとは?

0と1からなる2進数のこと。コンピューターの内部処理は、すべて2進数で表される。電子回路では、電気のオンとオフ、電圧の高低に0と1を割り当てることによって2進数を表現している。2進数で表現されたデータをバイナリーデータといい、これを記録したファイルをバイナリーファイルという。バイナリーファイルには、機械語に翻訳されたプログラムやプログラムが扱う専用のデータなどがある。バイナリーファイルは、数値の羅列によるデータのため、人間には理解できない。これに対して、人間が読めるように、2進数に対応した文字コードで表されたファイルをテキストファイルという。

ファイナンスの意味

ファイナンスはよく聞く金融ワードである。これは馴染みが深い方も大きかと思う。

意味としては「資金」「財政」「金融」というような意味があるようだ。

ファイナンスとは?

ファイナンスとは、一般的には日本語で資金や財政、金融などと訳される。
そして企業経営を考えた上でのファイナンスという意味に決まった定義はないが、おおむね「お金の流れの管理」というような意味で使用される。
この「お金の流れの管理」は売上などの本業に関するものだけではなく、例えば投資や一時的な支出なども含まれる。
会社を経営していく上での「すべてのお金の流れの管理」を行うのがファイナンスである。