エアドロップでは無料でトークンを貰う事が出来ます。一回準備しておくとずっと使用する事が出来て効率よくエアードロップに参加する事が出来ますので紹介したいと思います。

この記事のポイント
  1. 携帯電話
  2. メールアドレス
  3. パスポート&写真など
  4. 公共料金の証明書
  5. マイイーサウォレット
  6. SNSアカウント
  7. エアードロップの情報

エアードロップとは

この記事をご覧の方の多くは「エアードロップとは何か?」をご存知かと思います。

もしエアードロップに関して基本的な事をご存知ない方はこちらの記事をご覧ください。

無料でトークンが貰えるエアドロップとは?参加する前に知ってもらいたい情報
2018.8.12
エアドロップの基礎的な知識についての記事です。 今後CryptoCurrency.Newsではエアードロップを中心として記事を書いていきます。 この記事のポイント エアードロップは無料でトークンが貰える 暗号通貨企業側としても知名度UPなどのメリットがある 様々なパターンのエアードロップがある リス...…

エアドロップに必要なもの

こちらはエアードロップに必要なものです。必ず必要ではありませんが、一度準備しておくと便利だというだけではなく、安全でもあります。

① 携帯電話

ポイント
電話番号を登録して不安かと思いますが、連絡が来ることはまず無いです。

ただし絶対無いということはありえませんのでご理解ください。

場合によっては登録の際の電話登録が必要になります。目的としてはどこの国のユーザーか知る為、同じユーザーが複数アカウントでか登録しないようにする為かと思います。よくSMSで電話番号認証するアレです、認証に使用したりします。

この携帯電話はみなさん持っていますので、これ以上詳細の内容は書かなくても大丈夫かと思います。

ただ気になるのが、「登録して電話かかってこないか?」気になるかと思います。今までの経験から申し上げますと暗号通貨関連で今まで多くのサイトで電話登録しましたが、勧誘などの電話はかかってきた事がありません。

ただし、今まで電話がきた事がいないからこれから絶対電話が来ないとは限らない事をご理解ください。

② メールアドレス

ポイント
新しくメールアドレスを用意した方が良いです。

新しく用意することで危険を避ける事ができます。

メールアドレスはみなさん持っているかと思いますが、新しくエアドロップ専用でメールアドレスを用意した方が良いかと思います。

理由としては「不正アクセスに利用される」「フィッシング詐欺のリスクがある」という2つの危険があるためです。

それらの危険を避けるためにも、新しくメールアドレスを登録した方が良いかと思います。

エアドロップの危険な点の詳細に関してはこちらをご覧ください。

エアドロップの危険を回避する方法~初心にはまず知ってもらいたい情報
2018.8.12
エアドロップでは無料でトークンが貰えますが、危険が無いわけではありません。 エアドロップに参加する前にはまず「どのような危険があるか?」「危険をどのように回避するか?」を知ってから参加する様にしましょう。 この記事のポイント エアードロップでは無料でトークンが貰える。 危険がある事を知っておかないと...…

③ パスポート&写真など

ポイント
パスポートはKYCの為にいつようになります。

ただ写真などは必要になってから用意すれば良いので、後からで良いかと思います。

エアードロップに参加した際に、KYC(身分証明)が必要になってくるケースがあります。

その際に、「パスポート番号の入力」「パスポートの見開きの写真」「パスポートと一緒に写っている写真」を使います。

良い暗号通貨ほどコンプライアンスを遵守するため、KYCを行う傾向があります。

パスポートは必ず取得して準備をお願いします。

「パスポートの見開きの写真」「パスポートと一緒に写っている写真」などは必要になってから撮影すればずっと使えますので、前もって準備する必要は無いです。あるとベターと思っていただければ良いかと思います。

パスポートの見開きの写真はこのようなものです。パスポートの詳細情報が見れる様にスマホで写真、あるいはスキャンして準備をしてください。

また「パスポートと一緒に写っている写真」とはこの様なものです。パスポートが本人の物である事を証明するための写真です。

④ 公共料金の証明書

ポイント
住所を証明するために、公共料金の証明書が必要になる場合があります。

KYC(身分証明)の際に、公共料金の証明をしなければいけない場合があります。

このような公共料金の証明で使用できる条件としては「名前」「住所」が記載されている明細書であることが条件になります。

例えば水道の支払い明細書が「名前」「住所」の記載があり、毎月のように届きますのでよく使われます。

通常このような明細書は日本語ですが、英語でしか受け付けて貰えない場合もあります。

その場合には、銀行にて依頼すると「英語の支払い明細書」を発行して貰えます。ただし対応などはその銀行によって異なりますので、それぞれ銀行にお問い合わせください。

⑤ マイイーサウォレット

ポイント
トークンをもらう為にマイイーサウォレットが必要になります。

マイイーサウォレットはトークンを貰うためのウォレットとして必要です。

ウォレットはその名の通り財布みたいな物です。コインを保管しておく場所です。

このウォレットにエアドロップで貰った暗号通貨(トークン)を受け取るのに使用します。取引所のウォレットだと受け取りが出来ませんので、必ずマイイーサウォレットの作成をお願いします。

もし既にマイイーサウォレットを持っている人が入ればエアードロップ専門で用意するのも良いかと思います。

マイイーサウォレットの作成などに関してはこちらをご覧ください。

MyEtherWalletの登録と送金する方法まとめ〜ICOに投資するなら必要な使い方
2018.8.9
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の方法について記載します。 MyEtherWallet(マイイーサウォレット)はイーサリアムのウォレットですが、「セキュリティが強い」のが特徴です。 イーサリアムのウォレットとしては最もポッピュラーで間違い無いものと思っていただければ良いかと思います...…

⑥ SNSのアカウント

ポイント
この3つのSNSのアカウントが必要です。

  1. Twitter
  2. Telegram
  3. FaceBook

AirDropではSNSのアカウントが必要です。SNSのアカウントが無くても参加できるエアードロップも多くありますが、多くのトークンをもらう為にも用意する方が望ましいです。

⑦ エアードロップの情報

ポイント
  • 毎日サイトをチェックして下さい。
  • twitterから自動で記事の更新情報が配信されます。
  • line@の配信で重要な情報を配信します

airdropに参加するにしても、どこでいつどのようにエアードロップが行われるかを知る必要があります。

実はエアードロップで利益を得るためにはこれが最も重要かと思います。

エアードロップに関する情報はcryptocurrency.newsで随時公開していく予定です。

更新情報を知る方法は無限にありますが、以下の様な方法で知れます。

古典的てではありますが、サイトに毎日アクセスして頂くとエアードロップが更新されているかを確認する事が出来ます。

効率の良いやり方としてあTwitterではこのようにサイトが更新された際にIFTTTを経由して自動でツイートされます。Twitterアカウントにフォローしていただければサイトが更新されたタイミングで知る事が出来ます。

他にもLINE@に登録いただけると情報な情報を中心に配信します。これは手作業で配信するために、ツイッターとは別の内容を配信します。エアードロップの情報をもれなく受けたい人は「Twitter」「LINE@」のどちらも登録していただけるとベストかと思います。

こちらは無料でトークンがもらえるエアドロップの一覧です。
  • Ripple
    リップル 取引所の購入はどこが良い?Ripple(XRP)のスプレッドと手数料の比較。
    Ripple
    XRP
    リップル
    取引所
    2018.07.19
  • AirDrop
    EFFORCEがエアドロップ。登録&タスクでトークンが無料で貰えます。
    EFFORCE
    ICO
    エアドロップ
    仮想通貨
    2018.07.19
  • AirDrop
    BitMart 取引所がエアドロップ – アメリカ政府のMSB登録済みのビットマートで20BMXが貰える。
    BitMart
    pickup
    ビットマート
    仮想通貨
    2018.07.19
  • Exchange
    取引所の比較。取り扱いコインが多く、手数料が安く、取引量が多く、安全な所はどこ?
    pickup
    エアドロップ
    仮想通貨
    取引所
    2018.07.19
  • Exchange
    海外の取引所の一覧まとめ。最新情報はこちらにアップしていきます。
    pickup
    一覧
    仮想通貨
    取引所
    2018.07.19
AirDropの関連記事
  • EFFORCEがエアドロップ。登録&タスクでトークンが無料で貰えます。
  • BitMart 取引所がエアドロップ – アメリカ政府のMSB登録済みのビットマートで20BMXが貰える。
  • エアドロップを貰って、ビットコイン等に交換し日本円に換金する方法。
  • MyCryptoBank(マイクリプトバンク)が$96相当のエアドロップ。豊富な機能を持つ暗号通貨銀行。
  • FXPay エアドロップで$64相当のトークンを無料配布。FXとブロックチェーンの統合サービス。
  • Arbitao (アービタオ) エアドロップで1,000円相当を配布。 アービトラージの分散型?プラットフォーム