エアドロップの基礎的な知識についての記事です。

今後CryptoCurrency.Newsではエアードロップを中心として記事を書いていきます。

この記事のポイント
  • エアードロップは無料でトークンが貰える
  • 暗号通貨企業側としても知名度UPなどのメリットがある
  • 様々なパターンのエアードロップがある
  • リスクがある部分がある
  • うちで紹介している案件は厳選したもの

エアードロップとは

「Air Drop(エアードロップ)」は直訳すると、「空中から落とす」という意味になります。

トークンを無料で配布される事をエアードロップと言います。

ユーザーは無料でトークンを貰えるメリットがあるのは当然なのですが、暗号通貨企業側としても知名度UP、ICOの資金調達金額UPなどのメリットがあるためにエアードロップは行われます。

なぜエアードロップ?

暗号通貨企業がエアードロップを行う目的はそれぞれ異なりますが、ほぼ100%共通して「利益を出すために、エアードロップ」を行います。

エアードロップを活用することで、知名度があがり人々の関心を向けます。

そこで得たメールアドレスやテレグラムなどのSNSにて企業としての素晴らしさをアピールしたりプロモーションします。

エアードロップでいくら貰える?

エアードロップで貰えるトークンはピンキリです。暗号通貨企業が決めますので価格は一概には言えません。

大体300〜10,000円相当のトークンが貰えるのが相場です。多いと10,000円の様な高額のエアードロップがあります。

一番よくあるのは500〜2,000円あたりかと思います。

エアードロップの最新情報

エアドロップでトークンを貰うためには情報を入手する必要があります。

こちらの記事でエアドロップに関する最新情報をまとめてありますので、チェックしてください。

エアードロップに必要なもの

エアードロップで必要になって来るものが何個かあります。特に特別なものといえば「パスポート」ぐらいです。

これは普通にみなさん持っているようなものかと思います。

必要なものに関してはこちらをご覧ください。

エアードロップを貰える条件

エアードロップのパターンも色々あります。それぞれの暗号通貨企業によって条件は異なりますが、以下の様なパターンが主流です。

SNSに登録&拡散

このパターンのエアードロップが最もよくあるパターンです。

ツイッター等のSNSでオフィシャルアカウントをフォローしたり、拡散したりするとエアードロップがもらえるというパターンです。

  • Twitterの投稿をリツイート
  • Twitterのアカウントをフォロー
  • FBのアカウントをフォロー
  • FBの投稿をシェア
  • FBのアカウントをフォロー
  • テレグラムのアカウントをフォロー
  • etc…

オフィシャルサイトに登録

このパターンもよくあります。ICO中のオフィシャルサイトに登録だけでトークンが貰えるというものです。まずは登録してもらう…というパターンです。

キャンペーン

何かのキャンペーンに応募すると貰えるというパターンです。最近ではCROSSという暗号通貨企業が自身の「取引所の名前」を募集しました。そこに応募した全てのユーザーにいくらかのエアードロップがありました。

この様にキャンペーンの一部としてエアードロップが活用されることもあります。

エアードロップのリスク

エアードロップは無料でもトークンが貰えるからリスクは無いかと思われがちですが、危険なものもあります。

エアードロップがなぜ危険か?これを参加する前には必ず知っておく必要があります。エアードロップに参加する方は必ずこちらの記事を読み危険のポイントを理解してから参加する様にしてください。

エアードロップには危険なケースもありますが、CryptoCurrency.newsでは数多くのエアードロップのうち、信頼性のある暗号通貨企業のエアードロップしか記事にしません。

今後多くのエアードロップを扱っていきますので、チェックしてください。