Midex ICO 超大手企業IBMとLINUXがスポンサー 利益20%の報酬があるフィナンシャルプラットフォーム

MidexのICOについて調べました。

既に一部サービスが公開されている「世界初のオープンな暗号通貨フィナンシャルプラットフォーム」です。

取引所の機能だけでは無く、暗号通貨を総合的に扱うフィナンシャルプラットフォームを構築します。

トークンホルダーのメリットとしては利益の20%を得ることが出来ます。

IBMやLINUXなどの超大手企業がスポンサーにいます。またICOBenchで高評価の案件です。

Midexのサイトはこちら

Midexとは

Midexのサイトはこちら

・暗号通貨の取引所
・非中央集権化プラットフォーム
・利益をユーザーに還元

MIdexは暗号通貨の取引所のトークンになります。

非中央集権化プラットフォームにより構築されており、透明性のある信頼できる取引ができます。

Midexのトークンホルダーにもたらすメリットとしては

(1) 利益の20%を配布

(2) 格安の手数料

(3) 特権を得ることができる

将来的にはトークンホルダーには利益の20%を配布する仕組みになります。

送金にかかる手数料が割引され低価格で出来、その他の特権を得ることが出来ます。

Midexの目指す所

Midexのサイトはこちら

今どこにでもある信用貨幣の銀行は「手数料が高い」「情報がリークする)」「銀行内の管理」など様々な問題を抱えています。

Midexのフィナンシャルプラットフォームは信用できない経済や社会に生きる「人」「政府」「企業」をつなぎ合わせる為のプラットフォームになります。Midexでは自動的に非中央集権化し、情報などのデータを保存します。またフィナンシャルの仕組みに興味を持つ人に対して「教育」「法律」「フィナンシャル」などの情報を提供します。

Seecurity (セキュリティ)

Midexのサイトはこちら

・Cold Walletを採用
・一度に全ての資金を抜かれない
・キーは管理者により厳重に管理

Midexのセキュリティーは他の暗号通貨のプラットフォームにない仕組み「Cold wallet」を採用しています。

Midexのウォレットでは出金量が制限されます。普段使用しない量はインターネットに接続されていない「Cold wallet」で管理される為、一度にウォレットから全べての資金を抜かれることはありません。このCold Walletのキーは管理者により厳重に管理されます。

Exchange (交換)

Midexのサイトはこちら

・Botによるトレードシグナル配信
・システム内と取引手数料0%
・支払い手数料の10%返金
・出金方法が豊富

ユーザーはBotにより、経験あるトレードからのシグナル配信を受けることができます。

システム内においては取引手数料は0%であり、支払いなどに使用した手数料の10%をキャッシュバックされます。

出金方法は「暗号通貨」「銀行」「クレジットカード」「暗号通貨から換金したキャッシュ」など多くの方法で出金ができます。

AGGREGATOR

Midexのサイトはこちら

・世界初のプラットフォーム
・取引所を一括管理
・それぞれのAPIで接続

AGGREGATORはそれぞれの取引所を1つのインターフェイスで管理できるという点では世界初だそうです。

例えば「Bitfinex」「Binance」「GDAX」「Bittrex」などの別々の取引所の暗号通貨の価格を1つのチャートで表示し取引することが出来ます。

仕組みとしてはAPIを用いて他の取引所と接続することでMidexの1アカウントで管理します。

LENDING (貸し借り)

Midexのサイトはこちら

・レンディング = 貸し借り
・手数料の一部をもらえる。
・不正は行われない

LENDINGとはローンみたいなものです。暗号通貨の貸し借りを行われます。LENDING(貸す)ユーザーは貸した報酬として手数料の一部をもらえます。

スマートコントラクトにより貸し借りの契約が行われ、それらの履歴は全てブロックチェーン上に埋め込まれます。その為、一切の不正はなく信頼性のある取引を行うことが特徴になります。

PAYMENT SYSTEM (支払いシステム)

Midexのサイトはこちら

・Midexを仲介
・希望の通貨で支払う
・希望の通貨で受け取れる

Midexの支払いシステムとしてMidexを仲介することで、「BUYER(購入者)」「SELLER(販売者)」の双方が希望する支払いを行うことが出来ます。

例えばBUYERが暗号通貨で支払いを行なった場合、SELLERが信用貨幣で支払いを受け取るということが出来ます。

ATM

Midexのサイトはこちら

・ATMを世界中に設置
・即座に送金可能

ATM、マーケット、銀行のクライアントなどのあらゆるニーズに応える為にATMの設置も目指します。またこれらは即座に送金することを可能にします。

このATMでも手数量が発生する為、それらの利益はトークンホルダーに還元されます。

トークンホルダーの利益

Midexのサイトはこちら

・利益の20%を報酬で得る
・報酬のシミュレーションが可能
・取引量が多いと、報酬が多い
・将来の取引量は分からない

Midexのトークンホルダーは利益の20%を得ることが出来ます。

オフィシャルサイトでは「GDAX」「Bitdinex」「Binance」の取引所の現在の取引量を元にシミュレーションを行えます。

例えばMidexの取引所で1日の取引量が47,242BTCあった場合(GDAXの今日の取引量)

1,000トークンを持っている場合には、1日あたり$2.4752の報酬を得ることが出来ることになります。

現在のプレセールでは1,000トークン=$1,000です。$1,000分購入して1日の報酬が$2.4752の場合、404日で購入分の元をとれるという計算になります。

ただし、実際には「GDAX」「Bitdinex」「Binance」の様な取引所ほどの取引量があるとは限らないことをご理解ください。

ICO評価サイト

Midexのサイトはこちら

・ICO評価サイトで高評価
・ICOBench評価点「4.9点」
・ICOBench評価人数:18人

ICObench、ICObazaar、foxicoなどのICO評価サイトにて高評価を受けています。

ICOの評価の参考にしているICOBenchでは18人のエキスパートによる評価で「4.9/5.0点」になっています。

アドバイザー

Midexのサイトはこちら

・Bancorの創設メンバー
・ICOBenchのメンバー

Bancorの「Eyal HERTZOG」氏がいます。Bancorは2017年にICOを行い、$153ミリオン(170億円ほど)調達に成功した暗号通貨企業です。

ICOBenchのメンバーでもある「Daniele AZZARO」氏がいます。以前にはCoinLoanのアドバイザーを務めた経験があります。

パートナー企業

Midexのサイトはこちら

・IBM
・LINUX
・Bancor
・ethereum
・nem

パートナーになっている企業として大手企業が並んでいます。

「IBM」と「LINUX」は誰もが知っているコンピューター関連の企業です。また「Bancor」「etherreum」「nem」も誰もが知っている暗号通貨企業です。

ロードマップ

Midexのサイトはこちら

・一部サービスは既に開始
・今後開発を行う

既に一部のサービスが開始しています。「暗号通貨の交換」「Escrow(第三者預託)」「プラットフォーム」などのサービスは既に利用できます。

登録方法

Midexのサイトはこちら

登録は簡単に行えます。以下の手順を参考にして登録を行ってください。

(1) こちらのリンクよりサイトに移動してください。

(2) 「BUY MDX TOKENS(トークンを購入)」をクリック

(3) 右上の「register(登録)」をクリックしてください。

(4) 「名前」「メールアドレス」「パスワード」を入力し、規約に同意する場合にがチェックを入れてください。「Next(次へ)」をクリックしてください。

こんな表示になります。「メールのリンクをクリックして認証してね」という内容です。

(5) メールに来ているURLをクリックしてください。

「メール確認しましたー」という内容の表示になります。

以上で登録は完了です。

ログイン方法

Midexのサイトはこちら

以下の手順を参考にしてMidexにログインしてください。

(1) 「BUY MDX TOKENS(トークンを購入)」をクリック

(2) 「メールアドレス」「パスワード」を入力して「Log in(ログイン)」をクリックしてください。

以上でログインは完了です。

購入方法

Midexのサイトはこちら

以下はイーサリアムのウォレットのアドレスを既に持っている場合の方法になります。

こちらは自前の動画です。

参考にしてトークンを購入してください。

(1) ログインしてください。

(2) サイドメニュー「Account」から「I have the ETH address(イーサリアムのアドレスを持っています)」をクリックしてください。

(3) イーサリアムのアドレスを設定してください。

注意点

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)などのERC20に対応しているウォレットのアドレスを設定してください。

詳しくはこちらをご覧ください。

(4) 「Directly to smart-contract」に表示されているアドレスにイーサリアムを送金してください。

注意点

設定したイーサリアムのウォレットから送金してください。

以上で購入は完了です。

FAQ

Midexのサイトはこちら

Midexのプラットフォームは既に公開されてますか?

はい、されています。詳しくはMidex.comを確認してください。

企業名はなんですか?

MDX Group OUです。

企業の所在地はどこ?

Harju maakond, Tallinn, Lasnamae linnaosa, Punane tn 6-219, 13619

最小金額はある?

ないです。

上場はいつ?どこの取引所?

未発表です。

イベント参加していますか?

はい、Facebookなどでカンファレンスに参加している模様などが公開されています。
またそれらはカンファレンスのサイトでも確認取れていますので、間違い無く参加しています。

投資して損するリスクはありますか?

はい、全ての投資において損するリスクがある事を十分に理解し選択してください。