LBank 取引所の登録方法・入金方法・送金方法・二段階認証などの使い方

LBank取引所の登録方法・入金方法・送金方法・二段階認証などの使い方に関する説明を記事にしました。

LBankとは

LBankのサイトはこちら

2016年に設立した中国人運営の取引所になります。所在地などは不明です。

取引量は7位

LBankは現時点では取引量が7位になっています。最近伸びてきている取引所の一つです。

スマホ専用のアプリがある

LBank専用のスマホアプリがあります。「iPhone」「Android」の2種類に対応しています。

信用取引を提供

LBankでは信用取引のサービスを提供しています。「YU BI BAO」というサービスです。

サービスは不定期である様で、現在は行われておりません。

似た様なサービスだとBiboxにも「CunBi Bao」というものがあります。

Bibox 誰でも理解る取引所への登録方法&使い方(暗号通貨の入金方法・送金方法・出金方法)

2018.06.05

APIを提供

LBankではAPIを提供しています。これは一般ユーザーが使用することは無く、プログラマー向けのものかと思います。

これは最近ではどこの取引所でもあります。APIを利用することで自動売買やアービトラージなどのトレード用のプログラムを組んだり、チャートなどの情報を取得するためのソフトを作れたりします。

APIの説明ページの文章は中国語になります。

他トークンのICOを実施

LbankがサポートするICO(トークンセール)が不定期で行われています。

5月からサービスが開始しており、現時点までに5件のICOが行われています。

最初にICOが行われた「DAX」はLBankに上場しトレードが開始しています。

そのほかもLBankに上場することになるかと思います。

LBank登録方法

LBankのサイトはこちら

LBankの登録方法についてです。

以下の手順を参考にして登録を行なってください。

(1) LBankのサイトに移動

LBankのサイトにこちらのリンクより移動してください。

(2) 登録ページに移動

LBankの登録ページに移動するために「Sign up(登録)」をクリックしてください。

(3) 必要情報を入力

  1. 「メールアドレス」「パスワード」を入力してください。
  2. 「コード」は「Send(送信)」をクリックすると、メールにコードが届きます。
注意点

日本のYahooメールでは登録ができませんので、ご注意ください。

Gmailでは登録が可能であることは確認済みです。

以上で登録は完了です。

LBankの二段階認証

LBankのサイトはこちら

LBankの二段階認証の方法の説明です。セキュリティーの為にも行いましょう。

(1) まずログイン

LBankの2段階認証を行うために、まずログインしてください。

(2) 2FAのページに移動

最初のログインした時に、2段階認証のページに誘導されます。

「Bind 2FA immediately(すぐに二段階認証を行う)」をクリックしてください。

(3) アプリを選択

2段階認証を行うアプリを選択してください。

以下は「Google Authenticator(グーグル認証)」で説明していきます。

(4) アプリをダウンロード

アプリを持っていない場合にはダウンロードしてください。

持っている場合には「Next(次へ)」をクリックしてください。

(5) 二段階認証を設定

  1. KEYに書かれている文字列は必ずメモして大切に保管しておいてください。これが無いと、スマホを無くしたりした際に困ります。
  2. QRコードを「Google Authenticator」を使用し読み込んでください。
  3. 「Send」をクリックしてください。メールにコードが届きますので、入力してください。
  4. 「Google Authenticator」で表示されている6桁の数字を入力してください。
  5. 「Next(次へ)」をクリックしてください。

(6) キーを保存したことを確認

「KEY(キー)」をちゃんと保存した?と確認されます。

保存した場合には、「Confirm(確認)」をクリックしてください。

以上で2段階認証の設定は完了です。完了するとこのように表示されます。

LBankの個人認証方法

LBankのサイトはこちら

LBankの個人認証(KYC)を行う手順と注意点についての説明です。

(1) 個人認証のページに移動

ログインしてから上記タブにある「Security(セキュリティー)」をクリックしてください。

「Certification(証明)」の項目にある「Verification(認証)」をクリックすると個人認証ページに行きます。

(2) 必要情報を入力

  1. 名前を入力してください。
  2. 苗字を入力してください。
  3. 誕生日を入力してください。例えば1990年1月2日なら1990-01-02の様にしてください。
  4. ID番号を入力してください。パスポートは英語表記である為、パスポート使用するのが無難です。

(3) 写真をアップロード

写真のアップロードには3枚必要です。「IDの表写真」「IDの裏写真」「顔写真・ID・紙」の3つです。

「IDの表写真」はパスポートの場合にはこの部分の画像をアップしてください。

「IDの裏写真」はパスポートの場合にはありません。しかし画像を何かアップロードしないと次に進めませんので、IDの表写真をアップロードしてください。それで審査が通過します。

「顔写真・ID・紙」ですが、こちらは画像に通り、パスポートなどのIDを持っていて、かつ紙に「今日の日にちとLBank」の記載をしたものと一緒に写真を取る必要があります。

(4) 審査を通過

数時間経つと審査は完了しています。メールにて認証が完了した通知は来ませんのでご注意ください。

LBankの入金方法

LBankのサイトはこちら

LBankにて入金する方法についての説明です。こちらはトレードする前に必要な作業です。

以下の手順を参考にして入金作業を行なってください。

(1) BALANCEに移動

まずは「BALANCE」をクリックして移動してください。

(2) 暗号通貨を選択

入金したい暗号通貨の「Deposit(入金)」をクリックしてください。

(3) ウォレットのアドレスを表示

アドレスを表示するために「Agree(同意)」をクリックしてください。

それぞれのアカウント毎にアドレスが表示されます。

(4) ウォレットから送金

それぞれのウォレットから暗号通貨を送金してください。

送金が完了すると、Deposit History(入金履歴)にて「Success(成功)」と表示されます。

以上で入金は完了です。

LBankの出金方法

LBankのサイトはこちら

LBankの出金方法についてです。自身のウォレットなどに送金する作業のことです。

(1) BALANCEに移動

まずは「BALANCE」をクリックして移動してください。

(2) 暗号通貨を選択

入金したい暗号通貨の「Withdraw(出金)」をクリックしてください。

(3) アドレスの設定に移動

最初にアドレスの入力を設定するために「アドレス」をクリックしてください。

(4) アドレスを設定

  1. アドレスは送金先のウォレットアドレスを設定してください。
  2. ラベルはこのアドレスが何か?がわかるように自由に名前をつけてください。
  3. Eメールコードをゲットするには「Send(送信)」をクリックしてください。すぐにメールにコードが届きますので、入力してください。
  4. 2FAコードは二段階認証のアプリで表示されるコードを入力してください。

(5) 情報を入力し送金

  1. 送金する量を入力してください。ここに入力した量に手数料が引かれた分が指定のアドレスに送金されます。
  2. ラベルに好きな文字を入力してください。(例:lbank)
  3. 「Confirm(確認)」をクリックしてください。

LBankの購入方法

LBankのサイトはこちら

LBankで暗号通貨の取引を行い購入する方法についてです。

チャートの見方

LBankのチャートの見方についての説明です。

よくあるシンプルなチャートです。

チャートでは以下のものを確認できます。

  • 注文履歴:全てのユーザーが約定した注文の履歴です。
  • 買い注文:全てのユーザーが出している買い注文です。
  • 売り注文:全てのユーザーが出している売り注文です。

注文を出す方法

買い注文をするには、「購入したい金額」「購入したい量」を入力し「BUY ○○○○」をクリックしてください。

売注文をするには、「売却したい金額」「売却したい量」を入力し「SELL ○○○○」をクリックしてください。