COSSのICOがあと2日で終了!ルーマニア商工会議所などの非営利団体による仮想通貨

COSSは仮想通貨の取引など様々なサービスを提供する金融インフラ系のICOになります。

COSSはルーマニア商工会議所と提携していますので、信頼度は高いです。

日本時間9/6(水)21時でICOは終了しますので、投資する方はお早めに。

COSSのオフィシャルサイトはこちら

COSSのホワイトペーパーはこちら

COSSとは?

COSSのオフィシャルサイトはこちら

COSSのホワイトペーパーはこちら

・金融インフラ系のICO
・様々なサービスを提供する
・仮想通貨を取引
・ショップに仮想通貨支払いシステムを導入できる
・電子送金で支払い

COSSはBankeraやEverexなどと同様に、金融インフラ系のトークンになります。

ウォレットによる資産管理、BTCやETHなどへの取引、ビジネスへの活用など様々な事ができ幅広いと思います。

具体的なにどんな事が出来るかというと「仮想通貨を取引して交換」「電子送金で支払い」「自分のオンラインショップに仮想通貨の支払いシステムを導入」という事ができます。

その他のICOと違う点で言えば、オンラインショップなどに支払いを導入する事が出来たり身近なサービスがある所かと思います。

・PAYMENT GATEWAY

オンラインショップを持っていれば、仮想通貨による支払いができる様になるシステムです。すでにアンドロイドによるアプリは実在します。

今現在すでにCossを使用可能のショップのリスト(MERCHANT LIST)を見ると、カテゴリーが様々なものがあり美容院や飲食店などがあります。

最近私自身、オンラインショップに仮想通貨決済を導入したくて調べていましたので、Cossのシステムを試してみたいと思いました。

また今後この様なシステムはオンラインショップの経営者などにも広く受け入れられるかと思います。

COSのICOは?

COSSのオフィシャルサイトはこちら

・ICOは9/6(水)21時まで
・参加者は2,314人
・3億2000万円を調達
・購入はイーサリアムのみ

COSSのICOですが、日本時間9/6(水)21時までになります。

現在の所は参加者は2,314人で$2,937,257(3億2000万円)が投資されている状態になります。後ほど詳細は記載しますが、購入はイーサリアム(ETH)のみに対応しております。

COSSは信頼出来るか?

COSSのオフィシャルサイトはこちら

COSSのメンバーは『SINGAPOREFINTECH.ORG』『ACCESS』『The Chamber of Commerce and Industry of Romania』から成っています。実はこのメンバー3つとも非営利団体になります。システムとしては非常に素晴らしいのですが、投資額が少ないのは納得できます。

SINGAPOREFINTECH.ORG

https://singaporefintech.org

80 Robinson Road, #08-01, Singapore 068898.

ドメインに「org」である事とサイトを見る限り非営利団体になります。シンガポールの企業でトップページには「世界規模の金融経済システムを開発している」と書かれています。

住所を調べる限りシンガポールの中でもオフィス街に事務所を構えています。

ACCESS

http://www.access-sg.org

こちらもドメインに「org」ですのですので非営利団体になります。またSINGAPOREFINTECH.ORG同様にシンガポールの団体の様です。

The Chamber of Commerce and Industry of Romania (CCIR)

http://ccir.ro/en/

ルーマニア商工会議所になります。日本でも各地に商工会議所がありまして、『日本商工会議所』という団体があるのをご存知でしょうか?それのルーマニア版と思ってください。

商工会議所とは

商工会議所とは「商工会議所法」という法律によって規定されている「特別認可法人」である公益経済団体です。わかりやすくいいますと、いわゆる「公益法人」の一種なのですが、その設立について法律で規定されているため、法律がある限りなくなることがない、極めて安定した組織になります。

商工会議所(しょうこうかいぎしょ、英語: Chamber of Commerce and Industry)は、商工業の改善・発展を目的として、市など一定地区内の商工業者によって組織される自由会員制の公益経済団体。

CCIRのサイトにも「ICC Romania National Committee Members(ルーマニア商工会議所の委員会メンバー)」の中に「COSS.IO」がありますので、間違いなく信用できると思います。

COSS登録方法は?

登録は非常に簡単です、こちらのステップを参考にして登録を行ってください。

1.COSSにアクセスしてください。

2.右上の「REGISTER(登録)」をクリックしてください。

3.「ユーザーネーム」「メールアドレス」「パスワード」を入力して、『By clicking the checkbox you agree with terms and coditions(チェックボックスをクリックする事により規約と条件に同意します)』と『私はロボットではありません』をクリックしてチェックを入れてください。

4.認証用のメールが来ますので、URL部分をコピーしてブラウザーに貼り付けてください。

*注意点:一般的にはURLをクリックすればサイトに移動して認証が完了しますが、今回の場合にはコピー&ペーストで対応して下さい。

以上で登録は完了です。

COSSのログイン方法は?

1. 「LOGIN(ログイン)」をクリックしてください。

2.「メールアドレス または ユーザーネーム」と「パスワード」を入力してください。さらに「私はロボットではありません」をクリックしてチェックしてください。

以上でログインは完了です。

COSS購入方法は?

COSSのオフィシャルサイトはこちら

購入の大きな流れとしては「自分のイーサリアムのアドレスを登録する」「送金する」という大きな2ステップからなります。

詳細は以下のように行ってください。

1.ACCOUNTの所に所有しているウォレットのイーサリアムのアドレスを入力してください。これでイーサリアムアドレスの登録ができます。

*もしイーサリアムのウォレットをお持ちでない場合は「MyEtherWallet」でイーサリアムのウォレットがベストです。詳しくはこちらをご覧ください。

2.購入したいイーサリアムを入力してください。

入力したらこの様に自動でトークン「COSS」が自動で反映されます。

SWAPをクリックしてください。

3.「Terms And Conditions(規約と条件)」が表示されますので、「I hereby confirm that I read and agree to the Token Swap Agreement(規約を読んで同意する)」をクリックして「SUBMIT(送信)」をクリックしてください。

4. 表示されるイーサリアムのアドレスに送金してください。

*MyEtherWalletの場合はこの様に、イーサリアムの送金アドレスと量を入力して送金する事が出来ます。

5.送金が完了すると、自動的にCOSSが購入できています。

よくある質問まとめ

COSSのオフィシャルサイトはこちら

ICOとは何?

ICOは企業や団体がプロジェクトの資金調達を目的として行うプレセールになります。

取引所に上場する前に購入することができるため、ICOで購入した仮想通貨が何倍にもなることがあります。

一方で上場せずに損するリスクがあることを十分に理解して投資を行ってください。

ICOについてはこちらのサイトにて説明しておりますのでご覧ください。

COSSの説明動画はありますか?

購入はイーサリアムだけですか?

はい、イーサリアムのみの入金になります。

イーサリアムはどこで買えますか?

イーサリアムをbitFlyerなどの取引所にて購入し、送金してください。

以下のbitFlyerでのイーサリアム購入方法を参考にしてください。

COSSは取引所ですか?

はい、仮想通貨の取引が行えます。ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨は当然ありますが、マイナーのCIVICなども扱っています。

orgドメインとは?

orgドメインをご存知ない方はこちらを参考にしてください。

orgのドメインとは

.org(ドット オーグ または ドット オルグ)は、ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)の一つ。

orgはorganizationの略で非営利団体を表し、.com, .netと共に伝統的に使用され続けている。ただ、この3つのgTLDは前述のように一応の使用の目安はあるものの、それ程意識されて使用されていない。

筆者について

LINE@にて情報を配信しています。ぜひ登録してください。

また質問など御座いましたらご連絡ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.