ビットコネクト(BitConnect)〜レンディング&複利運用出来る暗号通貨の情報まとめ

ビットコネクト(BitConnect)に今後登録し投資する方が迷わないように今まで質問された内容をまとめておこうと思います。

(1/17追記)現在はレンディングのサービスを終了しました。ウォレットの機能はあります。

BitConnectのサイト

Contents

BitConnectとは

・ビットコネクトと読む
・レンディング可能
・2016年11月にICO&誕生

「BitConnect = ビットコネクト」と読みます。ビットコネクトは2016年11月にICOを行い、2017年に上場した暗号通貨になります。

BitConnectはレンディングができる暗号通貨です。現在ではレンディングが行える様々なコインがありますが、その中でも最も時価総額が高いです。

BitConnect レンディング

・Volatility software
・利率は決まっていない
・過去実績は0〜4.8%/日
・金額によりボーナスあり
・金額により満期が異なる

(1/17追記)このレンディングの機能は現在なくなりました。

BitConnectの運営実態は不明ですが、レンディングではユーザーがBitConnectにBCCを貸します。その貸した金額で「Volatility software」というシステムで運用してユーザーに利益を還元するという仕組みです。

BitConnectの利率ですが、◯◯〜◯◯%/日という様に一切決まっていません。過去の実績だと0〜4.8%/日の範囲になっており、平均が約1%/日になります。

BitConnectが得た利益の中の一部をユーザーの還元しているだけです。

利益が無ければ、0%で支払われないだけです。

ビットコネクトのレンディングの表

LENDINGのボーナスと元本返金の日時に関してはこちらの表をご覧ください。

記載している内容としては

・$100-$1,000
利益◯◯% 、満期299日
(上限40%/月)

・$1,010-$5,000
利益◯◯% +0.1%、満期239日
(上限40%/月)

・$5,010-$10,000
利益◯◯% +0.2% 、満期179日
(上限40%/月)

・$10,010-$100,000
利益◯◯% + 0.25%、満期120日
(上限40%/月)

ビットコネクトのレンディングの実績

2017年1月からのビットコネクトの運営実態の参考にする為に、レンディングの利益率を調べてグラフ化してみました。
BitConnectの利益率の月平均は約1.0%/日ほどのことがほとんどです。過去には0.49%/日と非常に低い月もありました。

今後そういう月も出てくるかと思います。そういう月には「あれ?確か前にも低い時があったはずだぞ」という事を思い出してもらえればと思います。

・レンディングの利益率
・0〜4.8%の範囲
・月平均は約1.0%ほど
・17年4月は0.49%と低かった

・期間:2017年1月1日以降〜
・青線:レンディングの利益
・赤線:レンンディングの利益(1ヶ月ごとの平均値)

ビットコネクトのレンディングによる月ごとの利益率

・月ごとの利益調べました
・17年3月が最大で32.9%
・範囲は0.49〜1.06%/月

日データだと細かすぎて分かりにくいので、月ごとの利益率にまとめました。これくらいのグラフの方が見やすくて良いです。

過去の最大は2017年3月の32.9%/月でした。その時の利益率は1.06%/日です。

月の利益合計の範囲は14.7〜32.9%/月です。また月ごとの日平均は0.49〜1.06%/日になります。

当然ですが、日平均と月合計利益には多少のギャップがあります。
例えば2月の場合には28日しかありませんので、他の31日ある月に比べて利益率が低いです。

・期間:2017年1月1日以降〜
・黄棒:月合計の利益率
・赤線:月ごとの日平均の利益率

ビットコネクトのレンディングによる曜日ごとの利益率

・土日の利益率が低いか調べた
・土日が低いわけではなかった
・金・土曜日が利益率が高かった
・月曜日は利益率が低かった

BitConnectのレンディングの利益率を曜日ごとに集計した結果です。

世の中のForexやStockのマーケットって土日止まっています。その為、なんとなく「土日は利益率が低い」と思い込んでいました。

曜日ごとの利益率を明確にしようと思いやってみました。

結果、「土日が低いというわけでは無い」という事がわかりました。また金・土曜日が利益率が高く、月曜日が利益率が低いという結果が分かりました。

・期間:2017年1月1日以降〜
・青線:レンディングの利益(曜日ごとの平均値)

ビットコネクトのレンディングによる利益の比率

・利益の割合が多いの範囲を調査
・0.5〜1.0%が多い、全体の30.2%

BitConnectのレンディングってどんくらいが多いんだろう?と思ったことありませんか?せっかくなので比率を調べてみました。

0.5%ごとでどの範囲が実績として多かったかを調べました。

一番多いのが0.5〜1.0%/日で全体の30.2%ありました。
次に多いのが0〜0.5%/日で全体の23.8%ありました。

・期間:2017年1月1日以降〜
・黄棒:利益率の比率

 

ビットコネクトのレンディング方法

ビットコネクトのLENDINGを行うにはログインしたページで行うことができます。

(1) サイトの上のほうにある「Lend Bitconnect」をクリック。

(2) Lendingする金額をドルで入力し、「Pay from BitConnect wallet」をクリック。

Lendingすると、翌日には「Lending wallet」利益が反映されます。

ビットコネクトの複利運用方法は?

複利とは投資で得た利益をさらに投資するというスタイルです。

メリットは投資額が増加し続ける事です。

デメリットは回収するまでに時間がかかります。ただし増えた後に得る利益が多いです。

LENDINGした利益を複利で運用するなら「Lending wallet」に溜まった利益をTransferをクリックしてBitConnectに変金してください。

その変金したBitConnectを使用してLENDINGを繰り返せば複利運用ができます。

 

ビットコネクトのレンディングの複利運用方法は?

LENDINGしている利益は矢印の部分「 Lending Wallet」にどんどん溜まっていきます。

bitconnect

その溜まってきた利益を「reinvest」すれば複利運用が可能です。

ビットコネクトの複利運用結果

こちらが複利運用を4ヶ月行なった結果です。

シミュレーションの試算に対して10%ほど多くなって、上手くいっています。

11月24日記事を書いている現在の4ヶ月時点では、予定に対して118%です。

今後アップデートしていきます。

ビットコネクトが満期になると元本返金

BitConnectでレンディングした金額は満期になると、全額返金されます。

満期の期間は金額により異なります。

以前7/21にレンディングした$10,020ですが、満期が120日に該当します。

満期になって、元本は返って来ました。

BitConnectログイン方法

ログインする方法は説明がわざわざ必要ないくらい簡単にできます。不要かと思いましたが、まずは正しいログイン方法についてを知っていただきたく記載します。

(1)右上にあるLoginをクリックしてください。

(2)「メールアドレス」「パスワード」を入力してください。

(3)「私はロボットではありません」のチェックボックスをクリックしてチェックを入れてください。

(4) 「Sign in(サインイン)」をクリックしてください。

2FAを設定してある場合

ほとんどの方が2FAを設定していると思います。設定してある場合にはログインする度に以下の操作が必要になります。

(5) スマホの2FAのアプリ画面に表示されている6桁の数字を確認してください。

(こちらはiPhoneの画面になります。)

(6) 2FAの数字を打ち込んで「Verfy(認証する)」をクリックしてください。

ログインできない場合

ログインできない場合には様々なケースが考えられます。私は今までにメンテナンス中を除き、通常状態でログインできなかった事はありません。

ログインできない場合には、システムに不具合があるわけでは無く操作などに間違いがあると思っていただいた方が良いです。

もしログインが出来ない場合には以下のケースを確認してください。

メールアドレスが違う場合

「Incorrect email or password」と出た場合にはメールアドレスかパスワードのどちらか、または両方が間違っています。

正しい情報を入力してください。

パスワードが違う場合

上記と同様に「Incorrect email or password」と出ます。

正しい情報を入力してください。

私はロボットではありませんをチェックしてない場合

「please verify the valid captcha」というエラーが出ます。必ず認証してから「Sign in」をクリックしてください。

2FAの数字が違う場合

「We couldn’t verify your google app based Two-Factor authentication code. Please make sure you typed in the right code correctly.」というエラーが出た場合には、2FAの入力した数字が違っています。

再度確認し、正しい値を入力してください。

ログインシールドが掛かっている場合

普段使っているのとは異なる端末でログインしようとするとセキュリティの関係上、ログインシールドが掛かりログインできない場合があります。

対処方法としては最初にログインした端末でログインしてから、ログインシールドを解除する事ができます。

(1) 「SECURITY(セキュリティ)」をクリックしてください。

(2) 「LOGIN SHIELD(ログインシールド)」をクリックしてください。

(3) 「Revoke access」をクリックして下さい。

BitConnect 購入方法

(1/17追記)この取引できる機能は現在なくなりました。

ビットコネクトを購入するには大きく手順としては「ビットコネクトに登録」「ビットコインを入金」「ビットコネクトコインに変換」という3つのステップで行います。

(1)  ビットコネクトの公式ホームページに移動

(2) 登録に必要な情報を入力

注意点としては、電話番号は090XXXXXXXXなら『+8190XXXXXXXX』と入力してください。頭に+81をつけて次に「090」なら「90」です。一般的な海外の電話番号の入力と思っていただければいいです。

(3) 登録が完了すると、登録したメールアドレスに認証するための連絡が来ています。メールにあるリンクをクリックすると認証が行えます。

もしリンクをクリックしても認証ができない場合には、認証コードをコピーしてて入力で認証を行ってください。

(4) ビットコネクトのログインページの右上にある<<EXCHANGE>>をクリック

(5) ビットコインで入金を行うために、BTCの「Deposit」をクリックすると、ビットコインアドレスが表示されますので、そのビットコインアドレスにビットコインを送付

(6) ビットコイン送付したら、すぐに送付したビットコインの金額が反映されます。(通常1分くらいで反映されます。)「UNCONFIRM BALANCE(未確認の状態)」になっています。

ビットコインを送付したのに、ビットコネクトが購入できないと心配される方がよく連絡きます。この状態であれば大丈夫ですので、ご安心ください。

(7) そして数時間ほど経つと、送付したビットコインが反映されています。
まれに1日かかったという方もいます

(8) ビットコインが反映されましたら、BitConectに換金します。

送付したビットコインが反映されています

ビットコネクトを購入する分を入力し「Buy BITCONECT COIN」をクリックすると購入ができます。矢印の部分をクリックすると自動で反映されます

以前あったのですが、異常に購入が殺到した場合には購入できなくなります。

サーバーメンテナンスになっている場合には、後ほど購入できるタイミングで購入をお願いします。

こでビットコネクトの購入は完了です。

BitConnectの出金方法は?

BitConnectを出金するフローとしてはBCCかBTCか?の2パターンの出金があります。

そのうちBTCで出金するパターンについて記載します。

「BCC(ビットコネクト)をBTC(ビットコイン)に変換」してから「ビットコインのウォレットにビットコインを送金する」という流れの方法で出金を行えます。

(1) BCCをBTCに換金

「BCC(ビットコネクト)をBTC(ビットコイン)に換金」の手順としてはビットコネクトのページのサイドバー「BCC EXCHANGE」をクリックし、「SELL BCC」で売りたい量を入力します。

(2) BTCを送金

「BTCウォレットにビットコインを送金」する手順ですが、「BCC EXCHANGE」の中でbitcoinのwithdrawをクリックして量を入力して送金します。

送金する際に必要な情報は「ビットコインのアドレス」「ビットコインの量」「パスワード」「2FA」「コードの文字」になります。

注意点としてはコードの入力は毎回変わりますので、それ毎に入力してください。

BitConnectログインシールド

ビットコネクトにて出金を行う前にはログインシールドの設定を行わないと出金出来ません

ビットコネクト出金できないと困ってる方は確認してください。

ログインシールドを設定する前にはこの様な状態になっており、出金が出来ない状態になっています。

ログインシールドを設定する方法は以下を参考にしてください。

(1) 「click here to send verification e-mail」(メール認証を送るために、ここをクリック)をクリックしてください。

(2) 「メールを送付しました」という表示になります。

(3) すぐにBitConnectからメールが来ます、URLをクリックしてください。

(4) 「Verify browser(ブラウザーを認証する)」をクリックしてください。

以上でログインシールドは完了です。

ログインシールドの設定が成功したという表示されます。

ビットコネクトのログインシールドのメール来ない場合

もしメールが来なかった場合には、再度メールを送ってもらうことが出来ます。

BitConnectのチャート

ビットコネクトの公式ホームページでも当然最新価格を確認できるのですが、BCCJPYの表示はありません。

BCC/JPYのウィジェットも用意しましたので、こちらから最新価格を確認お願いします。

[ BCC/JPY ]

[ BCC/USD ]

[ BCC/BTC ]

BitCOnnectのチャートですが、以下のサイトやアプリを使用すれば確認することができます。自分のスタイルに合ったものをご利用ください。

BitConnect

BitConnectのサイトはこちら
・オフィシャルサイト
・BTC、USDのチャートあり
・BitConnectのサイト販売価格

当然BitConnectのオフィシャルサイトにてログインしなくても現在の価格が確認できます。観れるパターンとしてはBTC、USDの2パターンのみです。表示価格はBitConnectのサイト内の価格になります。取引所の価格では無いです。

Coingecko

Coingeckoのサイトはこちら
・とにかく便利
・期間が豊富
・豊富な通貨ペア
・取引所別の取引高が分かる

めちゃくちゃ便利なCoingeckoさんです。ここではこんな感じでチャートを見ることができます。期間を24hや7日など見たい期間に合わせて変更できるのが便利です。

さらに「BCCJPY」などのように通貨ペアが豊富です。日本円でいくらか?を知りたい場合に、確認ができます。

取引所全体の取引高も見れたりします。
Bitconnectの場合には、取引所のくくりで言えばLivecoinが4分の3ほど占めています。

Coinmarketcap

Coinmarketcapのサイトはこちら
・時価総額が分かる

あの有名なCoinmarketcapです。チャートが分かる以外にも時価総額のランキングなどを確認することができます。

Cryptocompare

Cryptocompareのサイトはこちら
・インディケーターを使用できる
・価格比較が出来る

チャートとしてはそこそこ本格的なものを見れます。一般的にあるインディケーター「SMA」「RSI」「BB」などを使用することができるのが特徴です。

さらに各取引所の現在の価格を一覧表示で価格を比較して見ることができます。

CryptoID

CryptoIDのサイトはこちら
・チャートはない
・最新価格はわかる
・ホルダーのランキングが分かる
・ハッシュレート詳細が分かる

チャートは見ることができないですが、価格は一応表示されています。

面白いと思うのが、ビットコネクトを持っている人のランキング表示があります。
一番多いウォレットでは1,030,931BCCになります。ざっくり3億円になります。
さらに趣深いのがトップ10で全体の67%ものBCCを保有しています。

他にもハッシュレートの割合などが見れます。

Bitscreener

Bitscreenerのサイトはこちら
・インディケーターが使用可能
・期間が選択可能
・各取引所の価格が分かる
・暗号通貨の詳細情報がわかる

少し本格的なチャート表示ができます。一般的なインディケーター「MA」「RSI」「ストキャスティクス」「MACD」「ボリバン」などを使用することができます。

取引所ごとの価格を一覧表示で確認ができます。アービトラージなど行いたい人には良いと思います。価格はわざわざ更新しなくてもリアルタイムで反映されますので、使い勝っては良いです。

BitConnectのプロフィールが一覧表示で見れます。例えば「時価総額のランキング」「wikipediaサイト」「ホワイトペーパー」「高値や安値」などを確認できます。

Blockfolio

・iPhoneアプリ
・Google Playアプリ
・暗号通貨を一斉管理
・一番使ってます

暗号通貨をポートデリオで管理できるというめちゃくちゃ使いやすいアプリです。自分が保有している暗号通貨を手入力で量を入力しておくと、価格の上下に応じてポートフェリオで価格を確認できます。実は一番使ってます。

もちろんその中にはビットコネクトのBCCもあります。

アプリとしてはiPhoneとGoogleで使用できます。

Bitcointracker

・iPhoneアプリ
・そこそこのチャートが見れる

iPhoneアプリですが「bitcointracker」というものがあります。

アプリではこのようにチャートが確認することができます。アプリでそれなりのチャートを見たいならこれが良いかと思います。

ブロックチェーンエキスポ

暗号通貨の世界的なカンファレンスの一つであるブッロクチェーンエキソポにてBitConnectがスポンサーになっていました。

このイベントでは「CitiBank」「NASDAQ」「DISCOVER」といった世界中の人が誰でも知っているトップ企業なども参加しています。

ビットコネクトの取引所はどこ?

ビットコネクトは現在これらの取引所で取引ができます。

・BitConnect
・HitBTC
・Livecoin

BitConnect(ビットコネクト)は今までは「BitConnect」「Novaexchange」「Livecoin」でしか取引を行えませんでした。

また大手の取引所のて扱われることがない状態でしたが、新しくHitBTCが加わりました。またNovaexchabgeはもう取引所がなくなります。

結果としてBitConnectの取引が行えるのは「BitConnect」「Livecoin」「HitBTC」の3つになります。

まだまだLivecoinでの取引の方が多いみたいです。

HitBTCとは?

HitBTCは世界的にも大手の取引所です。ビットコインだけの取引量でいうと、国内最大手のbitFlyerが世界で4番目、その次の5番目に取引量が多いです。

もちろん取引所にて色んな審査などがあったと思いますが、それらをクリアして上場したということは信頼性が高まって来ているという流れです。

HitBTCに上場

・11/3(金)にニュース
・取引はすでに行える
・BTC/ETH/USDTの3種で取引可

11/3(金)にBitConnectのニュースにて「HitBTCで取引できるようになりました」という内容がアップされました。

そして現在はこのようにHitBTCにて「BTC」「ETH」「USDT」の3種類で取引が行えるようになっています。

ウォレットの表示

ビットコネクト(BitConnect)に関して色んな人から質問を受けます。

そもそも表示関連を理解していない人向けに「これってこういう意味なのよ」という事で記事にしました。

表示は全てパソコンになります。

ビットコネクトのサイトには4種類のウォレットがあります。
特にLendign wallet(レンディングウォレット)はビットコネクト特有のウォレットになります。

(1)Bitcoin Cash Wallet
名前の通り、ビットコインキャッシュ(BCH)用のウォレットです。

(2)Lending Wallet
レンディングによる利益やアフィリ報酬が入っているウォレットになります。

(3)BitConnect Walet
名前の通り、ビットコネクト(BCC)用のウォレットです。

(4)Bitcoin Wallet
名前の通り、ビットコイン(BTC)用のウォレットです。

Lendingの仕組み

BitConnectのLendingのプランの見方についてです。

画像のようにレンディングには4パターンの金額により、満期とボーナスが変わってきます。

・$100-$1,000
ボーナスなし、満期299日

・$1,010-$5,000
+0.10%、満期239日

・$5,010-$10,000
+0.20%、満期179日

・$10,010-$100,000
+0.25%、満期120日

となっています。

Reinvestの仕組み

ReinvestしたLendingは新しく行ったものとして扱われます。

例えば

1/1 に$10,010をLENDINGして、1/2 に$100をLENDINGした場合には$10,010は+0.25%のボーナスが付きますが、$100にはボーナスはつきません。

また満期もそれぞれ別になります。

1/1 に$10,010をLENDINGしたものは毎日+0.25%のボーナスがついて120日後の5/1に満期が来ます。

1/2に$100をLENDINGしたものは毎日ボーナスがつかずに299日後の10/27に満期が来ます。

レンディングの表示

ビットコネクト(BitConnect)をレンディングする方法は2パターンあります。基本的には初めてレンディングする際には(5)Lend BitConnectを使用し、複利運用する際には(6)Reinvestを使用するという使い分けをします。

(5)Lend BitConnect
初めてレンディングする際に使用します。(3)BitConnect WalletにあるBCCを使用してレンディングを行う事が出来ます。

(6)Reinvest
複利運用する際に使用します。(2)Lending Walletにはドルの状態で入っています。それらを使い複利運用する事が出来ます。

入金の表示

入金画面の表示についてです。

(7) Deposit Bitcoin

ビットコインを入金するのに使用します。ここをクリックすると、(8)のビットコインアドレスが表示されます。

(8) ビットコインアドレス

ここに表示されているビットコインアドレスは人それぞれ異なります。ビットコインを送付するのにこのアドレスを使用します。

(9) Deposit Bitconnect (BCC)

ビットコネクトを入金するのに使用します。ここをクリックすると(10)のビットコネクトのアドレスが表示されます。

BTCの出金の表示

ビットコインをBitConnectから送付するのに使用する箇所です。

(11) ビットコインアドレス
ここに送付したいビットコインアドレスのを入力します。

(12) ビットコインの量
送付したいビットコインの量を入力します。

(13) パスワード
ログインに使用するのと同じパスワードを入力します。

(14)  Google 2FA
スマホにインストールしてるGoogle 2FAに表示されているコードを入力してください。

(15) カードのワード
カードのワードを入力してください。こちらは毎回変わります。

(16) Withdraw from BTC wallet
ここを押すとビットコインを送付する事が出来ます。

BCCの出金の表示

BCCをBitConnectから送付するのに使用する箇所です。

(17) ビットコネクトのアドレス
ここに送付したいビットコネクトアドレスのを入力します。

(18) ビットコネクトの量
送付したいビットコネクトの量を入力します。

(19) パスワード
ログインに使用するのと同じパスワードを入力します。

(20)  Google 2FA
スマホにインストールしてるGoogle 2FAに表示されているコードを入力してください。

(21) カードのワード
カードのワードを入力してください。こちらは毎回変わります。

(22) Withdraw from BCC wallet
ここを押すとビットコインを送付する事が出来ます。

投資金額の表示

(23) LENDINGした全額
今までLENDINGした金額を示してます。

(24) 現在LENDINGした金額
現在LENDINGしている金額を示しています。

紹介者の表示

紹介者に関する表示です。

(25) referral
サイドバーの「referral」をクリックすれば紹介者を確認できます。

(26) referralの詳細
ここで自分の紹介で登録した人が誰で、いくらLENDINGしているか、さらに紹介者がいるかを確認できます。

トランザクションの表示

トランザクションの履歴の一覧を確認できる箇所です。

(27) BITCONNECT WALLET
ビットコネクトのウォレットです。ここではビットコネクトの履歴を見れます。

(28) BITCOIN WALLET
ビットコインのウォレットです。ここではビットコインの履歴を見れます。

(29) LENDING WALLET
レンディングのウォレットです。ここでは各レンディングの履歴を見れます。LENDING金額や利益などが見れます。

(30) BITCOIN CASH WALLET
ビットコインキャッシュのウォレットです。ここではビットコインキャッシュの履歴を見れます。

BitConnect X とはなんですか?

ビットコネクト X はBitConnectが新しく作った暗号通貨になります。

BitConnectXのICOはいつ?

BitConnect X のICOは2018/1/10(水)の朝9時スタートになります。現時点では詳細情報はほとんどありません。ICOが開始されてから情報がわかって気次第こちらで情報をアップしていきます。

レンディングって他にもあるの?

いわゆるレンディングですが、2種類のパターンがあります。

(1) ブラックボックスなレンディング
BitConnectやRegalcoinなど

(2) 分権的なレンディング
ETHLend、WishFinanceなど

その中で(1)のパターンの暗号通貨は100個以上あります。その中でHitBTCに上場しているのはBitConnectだけです。

BCCPAYがオープン

最近BCCPAYというBitConnectのクレジットカードのサービスが提供開始しました。

クレジットカードのサービスを提供するにあたり、当然手数料が発生します。つまりBCCPAYを使用するたびにBitConnectへ収益が入る事が想定されます。

2017年のロードマップ

・2017/7/28にアップ
・最新バージョンに更新された物
・ほぼクリアしてきた

2017年のロードマップですが、前回は2017/7/28(金)にアップされました。もともとロードマップはあったのですが、最新バージョンにアップデートされたものでした。

2017年12月現在でこのロードマップを振り返ると、大体クリアできていると思います。

きっと「発表したロードマップは必ず守らなければ行けない」「発表したロードマップはほぼ決まっているものを出している」の両方だと思います。

こちらが日本語に翻訳した2017年バージョンのロードマップになります。

2017年8月のステーキング

2017年8月に予定していたステーキングですが、これは予定通り完了しています。

2017年8月のセキュリティの向上

2017年8月のセキュリティの向上ですが、これは8月に限らず常に行われています。

月に1回くらいはBitConnectのウェブプラットフォームは少しずつ変わってい来ています。おそらく何らかの理由でアップデートをして頂いているのかと思います。

2017年9月のマーケティング

2017年9月のマーケティングですが、オーストラリアで9/13にセミナーが開催されました。

また11月末とロードマップとは少し時期がズレるのですが、「ブロックチェーンエキスポ2017」に参加しております。このイベントですが、Citibankなどの世界的な大企業などが参加するカンファレンスでした。

それらの企業と混じってBitConnectも参加しマーケティングしてました。

2017年10月の1周年セレモニー

2017年10月に開催された1周年を記念したセレモニーですが、こちらも予定通り開催されました。またその際にBCCPAYが発表されております。

2017年11月のパートナーシップ

2017年11月に予定されていたパートナーシップですが、まだ発表されていません。

11月だと大きな発表だと「BCCPAYというクレジットカード」「ビットコイン大手取引所のHitBTCへの上場」がありましたが、どちらもパートナーシップとは異なるかと思います。

遅れているものの今月中には何かしらのパートナーシップの発表に期待したいです。

2018年のロードマップ

・2017/12/11に最初のアップ
・2017年の様にほぼクリアに期待

2018年のロードマップですが、2017/12/11(月)にアップされました。

こちらは日本語に翻訳したロードマップになります。

下記に詳細は書きましたが、2017年のロードマップは大体クリアする事が出来ています。2018年に示されたロードマップもクリアしていただくことに期待します。

2018年1月セキュリティ&UIの改良

セキュリティとユーザーインターフェイスの改良になります。BitConnectはちょいちょいウェブプラットフォームが更新されています。

わざわざロードマップに書いたありますので、ちょびっと改良する様なマイナーチェンジではなく大きく改良が来ると予想しています。

2018年2月マーケティングコンテスト

マーケティングコンテストということはマーケティングで貢献した人のコンテストかと思います。よくあるトッププロモーターが車貰ったりするああいうのですかね…

2018年3月ボラティリティのアルゴリズムをアップデート

ボラリティのアルゴリズムって何か?ですが、いわゆるLENDINGで利益を生み出しているソフト「Volality software」のアップデートになります。

どういう風に変化するか?は分かりません

またBitConnectに対して取引できる暗号通貨を多数通貨するという事も書かれています。

2018年3月 教育プログラム

BitConnectはレンディングばかり注目されていますが、コミュニティの役割としてビットコインや暗号通貨に関するニュースを幅広く提供しています。

今でも勉強になる記事を毎日上がって来ていますが、「ビギナー向け」「プロフェッショナル向け」の教育プログラムができる様です。

2018年5月 非中央集権化の取引所

“非中央集権化の取引所(Decentralizing centralized exchanges)”の事です。

現在はBTCとBCCの取引が盛んに行われていますが、それを非中央集権化の取引所とするという事です。つまりビットコネクトのみによって管理されるのでは無く、透明性のある取引を行う事ができます。

こちらの情報は最近BitConnectのニュースにも上がっていました。

取引所って悪い噂がある所がありますよね?

「出金出来ない」「稼いだら凍結された」とか

そういう事にならない様に、不正が起きない様な仕組みになっている取引所です。

非中央集権型取引所とは

ユーザーの暗号通貨のトランザクション・残高などのあらゆる情報がブロックチェーンに組まれて分散される為、データを改ざんしたりする事が不可能になります。

当然タダで取引所を運営する事はありませんので、手数料という形でBitConnectの懐に入ると思います。どんどん収益の幅が広がっていきます。

これによりビットコネクトの信頼性は格段に上がると思います。

2018年6月ビットストア

ビットコネクトのブランドストアがローンチするそうです。詳細の内容は不明です。

2018年のロードマップにも公開されていた”非中央集権化の取引所”についてです。予定ではありますが、取引所をオープンする予定になっています。

 

良くある質問

日利0%の場合でも、ボーナスはつく?

はい、つきます。

例えば$10,010をLENDINGしている場合に、日利が0%でも+0.25%の利益はつきます。

Reinvestしたら満期日が変わる?

いいえ、変わりません。

例えばReinvestを繰り返し、合計が100,10$を超えたら満期日は120日に変更されるという事はありません。

1回1回のReinvestの金額がそれぞれ独立して満期日が決まります。

満期になると返金される?

はい、満期になると元本は返金されます。

満期を迎えると、「Lending wallet」に反映されています。

表示としてはこの様になっています。

Reinvestの最小金額はいくら?

$10からになります。Lenidngの最小金額は$100ですが、Reinvestの最小金額は$10になります。

BTCの入金はすぐに反映される?

いいえ、すぐでは無い場合もあります。わたしの場合は1日ほど掛かりました。

まずBTCを入金したらすぐに反映されて「UNCONFIRM」という表示になります。

1日ほど経てばこのようにBCCに反映がされますのでお待ち下さい。

ESCROWEDのままですけど?

BTCからBCCに半金した時に、ウォレットの『ESCROWED』のままの場合には換金できない金額のオーダーになっていますので画像のように1回キャンセルをしてください。

例えば現在$120なのに、$130でオーダーを通しても換金はなかなかできないです。

leadingで稼いだ$の税金は?

税理士にご確認ください。

ビットコネクトプールとは?

ビットコネクトプールをご存じない方も多いと思いますが、つまりの所ビットコネクト(BitConnect)のマイニング用サイトのことです。

運営先はビットコネクト(BitConnect)と同じです。

ビットコネクトプール → http://bitconnectpool.co

ビットコネクトのサイトとしては「ビットコネクトコインをマイニングする方法などを紹介するサイト」というものです。よくあるクラウドマイニングみたいにお金を払ってマイニングしてもらうパターンではなくて自らマイニングする人向けのサイトと思ってください。

ビットコネクトのマイニングってどうなの?

ふと気付きました…

「ビットコネクトは今年の1月にできたばかりの暗号通貨です、マイニングしたらぼろ儲け出来るんじゃないか?」と思い、「BitConnect mining」で検索していた所でした。

今日もビットコネクトのマイニングについて調べまくっていまして、ちょうどビットコネクトプールにも登録したばかりです。ただ私今までマニングした事はありません…

一体いくら設備費用が掛かって、ランニングコストがいくらで…いくらマイニングできるか?

というコストの部分は今現在ではお伝えできません

これらの事についてわかり次第、お伝えしていきたいと思います

 

Pool Hashrate 17,547 MH/S

Dissiculty 102,371

です…これ凄すぎませんか?

Bitconnectのマイニングにはウォレットが必要ですので、アカウントを持っていない方はこちらを参考にアカウントを持つ所から始めてください